DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

~好きすぎて PPCカスタム~ こうして生まれた「●●が●る」PPCカスタム

店主にベース銃の調達を告げてお店を出ようとすると、さらにとんでもない衝撃の一言をポツリと・・・。

 

 

 

 

 

 

主:「ちなみにですね・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

主:「・・・あと2挺分ほど・・・残って・・・いますね・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


マジかーっ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


(; ・`д・´)ならば・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


私:「わかりました!じゃあ今ある3挺分、全部買います!ベース用意します!」

 

 

主:「えっ!?3挺ですか・・・部品+加工費込みで1挺¥60,000を、一度にそんなに・・・よろしいんですか?」

 

私:「かまいません!残りのパーツは今ここで私が全部買います!」

 

主:「わ・・・わかりました」

というわけで、お店を出てATMに走り、現金を手にして再びお店に。

 

 

私:「これでお願いします。それと無茶なお願いをしたいのですが・・・」

 

主:「なんでしょう?」

 

私:「1挺目はMGCのM29で、残りの2挺はガスガンで再現して欲しいんです。タナカのペガサスM29と、マルシンのM29 classicをベースにして再現して欲しいです。このパーツを使って作れませんか?ぜひお願いしたいです!」

 

 

 

 

 

 

 

主:「ガ・・・ガスガンで・・・ですか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私:「ぜひ『弾が出るPPCカスタム』を再現してもらえないでしょうか?」

 

 

 

 

 

 

主:「出来るかなぁ・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

考える事、数秒。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

主:「・・・わかりました。やってみましょう。まずはベースをお持ちください」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というわけで、店主のストックしていたパーツから、M29PPCカスタム レプリカが誕生することになったのです。

 

 

 

店主からのベースに関するオーダーは以下の通り。

MGCのモデルガンはABSの当時モノにする

②タナカのペガサスは6.5インチならABSでもHWでも可

③マルシンのM29classicは8.375インチのモノをベースとする

 

 

①は当時の雰囲気を大事にするなら・・・ということで、③は、アウターバレルの脱着が簡単なため・・・ということです。

 

 

 

その日のうちに近隣のガンショップを数軒回り、ベースとなるM29を3挺揃えて、再度そのお店に顔を出し、店主に銃を預けてきました。

 

 

主:「出来上がったらご連絡します」

 

 

数ヶ月後

主:「3挺とも仕上がりました」

の連絡が入りました。

 

 

 

 

 

そして・・・3挺のPPCカスタムが再現されたのです。

 

 

 

・・・続く。