DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

~好きすぎて PPCカスタム~   ・・・パート2、第一話のタイトル覚えてますか?

憧れの名銃

MGC S&W M29PPCカスタム ラウンドバレル6.5インチ」

 

この銃を探す旅が2002年頃から始まり、行きつけのホビーショップの店員さんから紹介された師匠との出会い、そしてヤフオクに敗れたところから思わぬ展開となって、

 

■コクサイ カート式 S&W M29 7-SHOTベースのPPCカスタム

MGC モデルガン S&W M29ベースのPPCカスタム

■タナカ ペガサス S&W M29ベースのPPCカスタム

■マルシン カート式 S&W M29ベースのPPCカスタム

 

これらPPCカスタムの誕生となりました。

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20191123221551j:plain

 

 

 

2002年頃から気になり始めて、毎日ヤフオクで「PPC」「西部警察」「沖田」というキーワードを入れて検索する毎日、そしてガンショップ巡りをする週末を3年ほど繰り返したところで、このPPC探しの旅は終止符を打ちました。

 

 

 

「本物を入手はできなかったけど、自分だけのPPCカスタムがココに3挺ある」

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20191116231412j:plain

そのことに満たされていて充足感を得た私は、安息の日々を過ごしていたのです。

不特定多数の方が所有する汎用品ではなく、私のためだけのオリジナル・・・ある意味、こちらの方が幸せでは?という考えを持つようになっていました。

 

 

 

 

平和だ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし・・・

 

 

 

 

 

安息は長く続かなかったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PPC3兄弟誕生から数か月が過ぎたころ、平日仕事で東京に行くことになりました。

 

 

東京と言えば、ガンショップがひしめき合い、若いサバゲーマーから往年のガンマニアまで、色々な人向けのショップがあります。

 

 

仕事で訪れた先の付近に、某ガンショップがあると知りましたので、空き時間にそこを訪れました。

 

そのお店のショーケースにあった銃に、私は目を奪われました。

 

今回の記事で紹介する記事はこちら、

どん!

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20191123220744j:plain

 

何とまたPPCカスタム!

この銃はタナカ ペガサスリボルバーをベースとしたPPCカスタムです。

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20191123220825j:plain

 

この銃は、私がカスタムしたものではなく、そのガンショップのショーケースの中で販売されていたものです。気が付いた時にはもう購入していました(笑)

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20191123221802j:plain

ご覧の通りタナカベースです。

 

 

 

お店でこの銃を構えた瞬間

「アレ・・・何か・・・違うな」

 

 

そう感じました。

 

 

率直に

「なんかこの銃、『ずんぐりむっくり』してる気がする」

そう思いました。

 

 

今までのPPCカスタムとの違いは何なのか、並べて比べてみました。

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20191123221846j:plain

上:当時のパーツを用いて再現したPPCカスタムレプリカ

下:今回ガンショップで売られていた銃

 

同じタナカベースですが、何が違っていたのか・・・

 

 

正解はココが違っていたのです。

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20191123221959j:plain

 

そうです。

違うのは

「バレルの長さ」なのです。

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20191123222025j:plain

 

MGCPPCカスタムは6.5インチでしたが、今回私がガンショップで購入したものは、何と6インチだったのであります。

 

1インチ=2.54㎝ですから、その差は約1.27㎝・・・

たった1.2㎝違っただけで、こんなに印象が違うとは・・・。

 

 

 

購入の際、そのお店の店主に話を伺ったところ、「詳細は分かりかねますが、恐らくMGCタイトー)のパイソンPPCカスタム6インチのパーツをS&W M29に流用したのでは?」とのことでした。

 

なるほど・・・そういうことだったのか・・・。

(;´・ω・)

 

 

続けて店主曰く

PPCのラウンドバレルは生産数が少なくて、当店のような店でも1年に1挺、下取りの話があるかどうかですよ。おそらくこの銃をおつくりになった方も、本物のラウンドバレルが入手できなくてこうして再現をされたのではないでしょうかね?タイトーPPCカスタムも貴重な銃ですが、そのパーツを流用されるくらいですから、いかに本物を入手するのが難しいか?を如実に表してますねえ・・・」

 

私と同じ思いで突き動かされた人・・・、やはりいたのか・・・。

 

というわけで、この銃を見つめていると、あの頃の私と同じ思いでPPCカスタム・ラウンドバレルに思いを馳せていた人の気持ちを強く感じるのです。

 

この銃と出会うまでは、PPC3兄弟を作成して、もう自分は旅を終えたと思い安息の日々を過ごしていたのですが、

 

 

 

 

 

 

 

「やはり・・・本物に出会いたい」

(; ・`д・´)

 

そう思う気持ちが沸き上がり、また私は、PPC探しの旅に出ることになったのです。

 

 

今度はレプリカではなく、本物のPPCカスタム・ラウンドバレルに出会うための旅です。

前回のヤフオクのこと、これまでの旅の中でも見つからなかったことを考えれば、この上なく過酷な旅になるのは必至・・・でも決めたのです。

 

 

 

「・・・激闘・・・再び」

 

 

 

またここから、旅が始まりました。

運よく明日見つかるのか、それとも本物に出会えないまま私の命が尽きてしまうのか、激闘の日々がまた始まりました。

 

 

~好きすぎて PPCカスタム~  ・・・続く。

 

 

そしてこの銃も恒例の初速計測を・・・だったのですが、弾がヘロヘロでまともに撃てませんでした。

理由はコレ

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20191123224107j:plain

シリンダーギャップ広すぎる

(ノД`)・゜・。

うわぁぁん

 

「・・・修理も・・・再び」  ミ☆(ノ><)ノ