DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

あの頃の夢がまたひとつ・・・ 「スライドが動くM93R」

リトルコップの主人公「矢車 弾」が物語の中で使用していた

ベレッタM93R

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200530151646j:plain



第一話の冒頭、誌面上に初めて

M93Rが登場したコマです。

 

弾の使用しているベレッタは、

MGCのM93R HGをそのまま模したようになっていて、

コンペンセイターとショートマガジンというのが

通常形態となっています。

 

当時のMGC M93Rをカスタムし終えたあと、

ふと沸き上がったあの頃の想い

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200530151921j:plain

 

このスライドが

  動いたらいいのにな

   (´-`*)

 

この願いをかなえるべく、ベースとして選んだのは

KSCのM93RⅡ 07HKです。

 

ではあの頃の夢のひとつ

「スライドが動くリアルな弾のベレッタ」を

再現してまいりますっ(・ω・)ノ

 

 

まずはベース銃

 

どん!

 

KSC ベレッタM93RⅡ 07HK HW

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200530152157j:plain

 

ノーマルの程度のいいものが入手できました。

カスタム前にいつもの屋外射撃ポイントで発砲してきましたが、

0.2gのBB弾がまっすぐに飛んでいきます。

リコイルも俊敏で、作動も確実です。

 

(  ˘ω˘ )  KSC

(  ˘ω˘ ) すばらC

 

 

中古で入手性のよい、ABSのものや、

通常のM93Rではなく、敢えてこの銃をベースにしたのは、

マック堺チャンネルでのレビューが非常に良かったからです。

また前出の記事でも書きましたが、

「ショートマガジンを装着可能な93R」にするため

M9のマガジンと互換性があるM93RⅡを選んだのデス。

 

そしてフォールディングストック

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200530152625j:plain

 

実はこれ、M93RⅡとセットでネット出品されていました。

ストックを装着したままマグチェンジ可能なタイプです。

 

次はショートマガジン

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200530153004j:plain

 

これは同じくKSC製のM9用ですが、問題なくしっかりハマって

ガンガン発砲できます。

ガスタンク容量が小さくなるため、

ロングマガジンほどの俊敏さはありませんが、実用面としては

十分カナと思いました。

 

そして弾のベレッタを再現するうえで、

欠かせないのは

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200530152800j:plain

 

コンペンセイターです。

 

これはMGCのM93R HG用です。

KSCはMGCの系譜を受け継いでおり、

似通ったラインナップが多いので、

恐らく問題なく装着できると思い、用意しました。

 

最後に、こんなものを用意しています。

 

マイブラザー カモン!

どん!

 

 

KSC ベレッタM93R・・・(;´・ω・)

(ABS・非07)

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200530153244j:plain


この子はなにゆえにここにいるのか?

それはグリップです。

 

 

誌面上で弾のベレッタを確認すると、木グリという感じではなく、

殆どがブラックで表現されています。

 

というわけで、

グリップを付け替えて着せ替えしようと思い

用意しました。

 

 

 

 

 

それではカスタム開始ぃぃぃ

 

 

・・・ぃぃぃぃ  

・・・ぃぃぃぃ

 

 

 

 

 

 

と、ココまではよかったのデス。

 

(;´・ω・)

 

 

おじさんの夢をかなえるのに

 

 

 

またいくつも障害があるとは

まだこの時は気づかなかったのデス。

 

 

 

 

そして

 

 

 

続くのデス 

(;´・ω・) マタカヨ~