DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

タカ・カスタム探しの旅・寄り道編 最初はそうでもなかったのに

タカ・カスタム探しの旅の頃、

当時勤務していた会社にいた後輩Tも、

私と同じ趣味をしていて、

お互いよくプライベートでも

ガンショップ巡りをしました。

 

よく仕事が終わった後も

彼とは一緒に銃を触ったり、

談義に花を咲かせていたのですが、

その時のお話です。

 

後輩T

「次の週末、ガンショップ巡り行きません?」

 

「何か買いたいものでもあるの?」

 

後輩T

「パイソン4インチかデザートイーグル

買おうかなと思ってるんスよ」

 

「へぇ~そうなんだ、付き合うよ。」

 

後輩T

「先輩は何を探すんですか?

また例のタカ・カスタム探しですか?」

 

「うん・・・見つかるといいんだけどな」

 

後輩T

「もう部屋中ガバだらけじゃないですか?

 今度はグロックとかどうスか?」

 

グロックかぁ・・・

いい銃なのはわかるんだけど、

カタチがこのみじゃないんだよな。

それにミーハーなカンジしちゃってさ」

 

後輩T

「相変わらずガバ一筋ですか?

PPCの時はリボルバーばっかりだったし(笑)」

 

 

 

という会話の後、

週末ガンショップに出かける二人でした。

 

 

後輩Tはガンショップで

「先輩!パイソンのおすすめは何ですか?」

と聞くので、

「実射性能ならマルイ、

装填排莢を楽しみたいならコクサイかな?」

と伝えてタカ・カスタムFタイプが

無いかどうか探していましたが、

その時、あるものが目につきました・・・

 

 

目についたのはこの2挺。

あるドラマの

ワンシーン

を思い浮かべるうちに、

つい購入してしまいました。

 

 

 

どんどん!

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200503232729j:image

 

KJワークス

グロック23 と 32C  

ガスブローバック

 

後輩から

「あれぇ?グロック

カタチが好みじゃないって

言ってたじゃないですか??」

 

という冷やかしをされつつ、

生まれて初めての

海外製エアガン購入となりました。

 

 

外観です (・ω・)ノ

 

まずはスライド 32Cから・・・

材質はABS樹脂です。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200503232529j:image

32Cの刻印と「357」の刻印。

「へぇ・・・357マグナムなんだ」

 

と、私はつい最近までずっと思っていました。

 

これは「357Sig」という

カートリッジだそうで、

Daijro357さんのチャンネルでやっていた

「実弾解説シリーズ」のなかで、

このカートリッジに関する

紹介をしていました。

 

ここで初めてこのグロック

このカートリッジを使用するのだと

わかりました。

 

 

ソウデスカ    357Magnum・・・X

(;´・ω・)    357Sig・・・○      

 

そして23の方は40S&Wと刻印があります。

 

こちらも材質はABS樹脂です。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200503232534j:image

 

これは40口径という

比較的新しいカートリッジのようで、
45ACPと9㎜パラベラムの中間を埋める

カートリッジで、
法執行機関において非常に使い勝手が

良いのだと、Daijiro357さんのチャンネルで

解説していました。

 

氏のチャンネルは

「日本語で実銃のリアルな解説」を

してくれる、非常に珍しいチャンネルで、

日本にいる私たちには遠い存在である

実銃をわかりやすく説明してくださるので、

とても楽しみに見ています。

 

 

なおこのグロック2丁は、

私が初めて購入した

海外製エアガンでもあります。

 

至る所にKJの文字が刻印されています。

 

たとえば23のグリップとか


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200503232517j:image
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200503232743j:image

 

グリップの底部 バンパーとか


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200503232538j:image

 

裏返して反対側の・・・

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200503232525j:image

 

エジェクションポートにも

ホラ


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200503232753j:image
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200503232542j:image

 

ちなみに2挺ともカタチがそっくりですが、

違う点はスライドにあります。

 

左・・・23

右・・・32C


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200503232747j:image

 

32Cはポートが開いていて、

またリアサイトのホワイトも

形状が異なります。

 

23・・・ドット

32C・・・門をひっくり返したようなカタチ


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200503232521j:image

 

マガジンはどっちも一緒でした。

互換性があるので、使いまわし・リロード可です。

 

確かKJってマルイのコピーだったんだっけ?

マルイのグロックは所有していないので

互換性について分かりかねますが、

機会があったら試してみよう。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200503232739j:image
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200503232735j:image

 

当初は後輩に

「形がちょっと好みではない」と

言いましたが、

実際に手に取ると、とても握りやすい (*'▽')

またコンパクトで携行性に優れ、

ダブルカラムマガジンを模しているので、

ガスの冷えにも強く、

これならサバゲでもガンガン使えそう。

 

次は、発砲動画記事です。

 

初速計測と動作確認を行います。

 

 

つづくのです~。