DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

~好きすぎて タカ・カスタム~ Fタイプを み・つ・け・た・ぞー

あぶない刑事リーターンズで、

タカを演じた舘ひろしさんのぶっ放した

「タカ・カスタム Rタイプ」

 

 

旭工房製を入手し、

悦な時間を過ごしていました。

(*ノωノ) ハァハァ

 

 

そして今度は、次の出演作となった

あぶない刑事フォーエバーで

同じく劇中使用していた

「タカ・カスタム Fタイプ」を探す旅を

開始しました。

 

このころは2009年頃でしたから、

足でガンショップを各所検索というよりも、

概ね、探し物はもうネットで見つかるという

時代でした。

 

で、タカ・カスタムは、製作者さんである

旭工房のHPを見ればオーダーフォームが

あるのですが、その時は受付終了・・・

 

(;´・ω・)

※なお2020年6月現在は注文を受け付けているようです。

※価格は・・・旭工房サイバーショップでご確認ください。

 

 

というわけで毎日ヤフオクで検索して、

お目当てのブツを探していました。

 

 

そして

 

「旭工房 タカ・カスタム フォーエバー」

 

 

きたーっ!

 

 

即決金額でゲット!

 

で、手元に来たのがこの銃でした。

 

動くなベイビー!

どん!

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200614231632j:plain

 

旭工房製 タカ・カスタム Fタイプ

なのですが・・・

 

 

 

 

 

実はですね・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

この銃はもう手放してしまい

手元にありません。

 

 

 

 

 

 

理由の前に、まずはクローズアップしますが、

手放す前にほとんど写真も撮らないまま

過ごしてしまったので、

少々さみしい内容になります。

 

 

スライドの刻印

Rタイプが「MkⅣ SERIES’80」

で、あるのに対し、

Fタイプでは「1911 45AUTO」

そして反対側の刻印は「TACTICAL」

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200614232527j:plain

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200614232807j:plain

 

となっています。

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200614232853j:plain

 

この付属品をみてお気づきの方も

多いと思いますが、

ベースとなっているのは

マルシンのモデルガンです。

 

 

 

で、

 

 

 

なぜあれほど血眼になって探してた

この「タカ・カスタムFタイプ」を

あっさりと手放すことになったのか・・・

 

 

それは表面のフィニッシュにありました。

 

 

 

あの当時の旭工房さんの

プロップガンにおける表面仕上げは

青く輝く

■「スターライトブルー・フィニッシュ」

そして

鉄のような質感の

■「ヴィンテージ・フィニッシュ」

と2種類あり、Fタイプの市販(←といっても受注生産)品は、

後者のフィニッシュのモノでした。

 

 

そのため、同じ旭工房製でも、

銃の印象が全然違います。

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200418141959j:plain

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200614232527j:plain

 

もちろん撮影した条件下がことなりますので

上記の画像では風合いも違って当然ですが、

劇中、TVスペシャルのとあるシーンの中で、

タカがガバメントをホルスターから

ドローしたシーン、停電した港署の廊下で、

スライドが青く光っている場面があります。

 

私の頭の中は、Rタイプと同じ風合いのモノを

想定していたため、どうしても

このフィニッシュになじめなかったのデス。

ココロに響かなかった・・・

とでもいいますか。

 

RタイプはMGCのガバメントが

ベースとなっていて、

その握った感触も非常に良かったのデス。

しかしこのFタイプを握って構えたときに

 

 

 

一瞬、

 

「なんか、軽い・・・な」

 

       と、

そういう感覚が頭の中をよぎりました。

 

 

 

で、この銃は入手から数年後、

ほとんど手に取ることなく仕舞い込み、

その後オークションに出品して

人手に渡ることになりました。

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200614234448j:plain

 

この銃のおかげで、

一度は所有欲を満たすことができ、

タカ・カスタムに対する満足度も高めることができたのですが、

私にとって、かつての「PPC3兄弟」と同じ現象に感じられたのデス。

 

deltaelite-10mmauto.hatenablog.com

 

旭工房の製品ですから、

れっきとした本物なのですが、

私にとってのタカ・カスタムとは

「スターライトブルーフィニッシュ」なのです。

 

 

というわけで、今は手元にありませんが、

タカ・カスタムFタイプ(マルシンベース)の

記事でした。

 

 

タカ・カスタム探しの旅も

長い・・・ 

      

(;´・ω・) つづくのね~

       \