DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

タカ・カスタム探しの旅   巻き戻される時間の針

05タイプ→2005年

 

まで来たのに、

Fタイプの刻印なし発砲銃を入手した事で、

20世紀の1998年まで逆戻り

(;´・ω・)

 

 

 

 

時間の針はさらに逆へと

回り始めていたのです。

 

 

 

 

いつもの習慣で、

仕事を終えて帰路につく途中にある、

お宝鑑定団へ寄りエアガンコーナーへ行くと、

とある銃が目に止まりました。

 

 

そのプライスカードには

・マルイ ガバメント カスタム?

 予備マガジン付

 

 

と書かれていて、

かなり割安な価格設定ということもあり、

購入してきましたが、

開けてビックリ!

 

 

「これ!

 旭工房の

 タカ・カスタムじゃん!」

 

 

 

どん

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200920211932j:plain

 

 

旭工房製 タカ・カスタム Rタイプ

東京マルイ SERIES’70ガバメントベース

 

 

 

純正の箱に入っていて、

なぜかクロームメッキのマガジンが2本、

パッと見、パックマイヤーのGM45を装着してたので

何となく購入したのですが・・・

 

 

 

まさかこんな銃に巡り合うとは・・・

(;´・ω・)

 

 

前出の記事で

05タイプ

  ↓

Fタイプ発砲銃 と

時間の針が逆回転して、

とうとうRタイプになっちゃった。

しかもベースがseries’70。

 

まさに

 

先祖返り・・・

 

 

 

というわけで、

クローズアップを行います。

 

 

■スライド■

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200920211952j:plain

 

本来タカ・カスタムRタイプは

series’80ベースなのですが、マルイのガスブロなので

こちらはseries’70がベースとなっています。

 

MGCで発売していたタカ・カスタム風の

「デカ・スペシャル」に近いですね。

 

しかし元々の風合いが青み掛かっている

スライドの仕上げなので、イイ感じです。

 

■フロントのセレーション■

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200920211941j:plain

 

仕上げをよく見てみると、手作業で一つ一つ行われているのが

よくわかります。

エッジの立ち方やつぶれ具合など、

一つ一つに個性があります。

 

■フロントサイト■

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200920212009j:plain

 

ベースとなったマルイのseries’70もフィクストですが

こちらを大型化して加工しているようです。

 

■リアサイト■

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200920212018j:plain

 

元のスライドがノバックサイト用の形状ではないので、

スライド上部後方のファイヤリングピンのあたりも

アールのままになっています。

ノバックサイトをスライドに合うように

削り込んで載せてあるようです。

 

■ラブレスハウジング■

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200920211949j:plain

 

手作業で削り込んだのでしょう。

すごく手のかかる工程だと思います。

このハウジングだけでも価値があると思います。

 

■スライドの溝■

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200920212003j:plain

Rタイプのスライドは、過去記事で何度もレビューしてますが

スライドの側面上方(セレーションの上あたり)に

ラインが彫られています。

 

このタカ・カスタムも手作業で彫り込まれていて

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200920211928j:plain

 

やはり90度の角度で彫り込まれています。

これは旭工房のHP(当時)でも、

各メーカーの量産品タカ・カスタムと

旭工房プロップの比較で触れられていましたが、

ガスブロ版も90度の角度で彫られていました。

 

 

で、

今回購入する動機の一つにもなったのが、

お店で売られていた売価が安かったのと、

予備マガジンありだったから・・・ですが

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200920212014j:plain

 

・・・なんでクロームのマガジンだったのか

いまとなっては知る由もありません・・・。

 

 

 

このマルイ版タカ・カスタムは、

旭工房のHPで受注生産品だったはずなので、

ずいぶんレアな代物だと思います。

 

次は実射編で、作動を見て初速を計測します。

 

(;´・ω・)マダツヅクノヨ…