DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

タカ・カスタム探しの旅  先祖返りここに極まる

2010年のお話です。

 

 

都内の某ガンショップに

足を運びました。

 

 

 

最近、目の前を通ったら

ここはもう閉店していましたが、

東京都内にあったにもかかわらず、

なぜか店員さんは関西弁という

変わったお店でした。

 

 

ココは窓ガラス越しに店内が見える

明るい雰囲気のお店でした。

店舗は広く無いものの、品揃えもよく、

最寄りのたびに顔を出しては中古コーナーを

物色していたのですが、とんでもないモノを

発見してしまったのです。

 

 

 

どん

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200920224253j:image

 

 

 

WA コルト ガバメント シリーズ80

タカ・カスタム Rタイプ

COLT MKⅣ series′80 

 

 

またタカ・カスタム

(^▽^;)

 

 

 

「先祖返り」と、前出記事で記載しましたが、

05タイプ→Fタイプ→Rタイプ

 

モデルの収集が逆行したことも勿論ですが、

 

 

 

 

先祖返りの意味は

それだけではない

 

のです   (・ω・;)

 

 

 

 

店員さんに購入の意を伝え、

作動チェック

 

店員さんがガスを入れて弾を込め、

「どうぞ」

 

 

 

スライドを引いて初弾装填

 

「・・・?」

 

バンっ!

 

 

「・・・?」

 

 

 

試射をして、一瞬…違和感を覚えたが、

そのまま梱包してもらい、帰路につくその

車の中で、ふと気になった。

 

このガンショップから当時の住まいは

車で2時間近くかかるところでしたが、

帰りの道中、車を運転しながら

とにかくあの違和感が気になって

仕方なかった。

 

 

 

「あの違和感は一体…」

 

 

 

私が感じた「違和感」は、

 

■初弾装填時のスライドの僅かなガタつき

■銃を握ってみた時の重量

■トリガーを引いた時の僅かなガタつき

■ブローバックした時のスライドの動き

 

そして何より

 

■発砲音が自分の持っているワイルドホークと

異なったこと

 

 

なのです。

 

 

 

 

 

(一息つくか)

 

そう思い、車を止めてコーヒーを買い、

店から車内に戻った時、

 

 

(あの違和感…気になる)

 

 

 

ガサゴソ

 

 

 

銃をもう一度手に取ってみる。

 

 

 

「…。」

 

 

「……。」

 

「…、…?…!」

 

 

あっ!

 

 

違和感の理由はこれダァ!

 

 

 

 

・・・続くのです。

 

(;・ω・) マヂデスカ・・・