DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

謝罪 株式会社マルシン工業御中②  ~44マグナムを使用する刑事さんと言えば~

さて、歴代の私が作った

M29クラシックをベースにした

カスタム銃を見ていただきましたが、

今回、製作するのは、私が見た刑事ドラマで

憧れていた「ある刑事さん」が使用していた

銃です。

 

 

 

【ヒント】

 

・劇中でS&W M29・・・つまり

 「44マグナムを使用する刑事さん」

 に憧れた。

 

 

 

 

・その役を演じられた俳優さんは

 今も第一線でご活躍されている方

 

 

 

 

 

・お父様も昭和の大俳優さんだった

 

 

 

 

 

 

・今から約35年以上も前の刑事ドラマ

 

 

 

 

 

 

 

・そのドラマの中では殉職している役柄

 

 

 

 

 

・ドラマの劇中では、射撃の腕に秀でて

 全国の警察官における射撃大会で

 2連覇していて、3連覇が掛かっていたが、

 大会当日、事件に出くわして記録が途絶えた。

 

 

 

 

 

・私は個人的に「和製ハリー・キャラハン」と

 思っている・・・個人的に・・・デス

 

 

 

 

 

以上がヒントです。

 

 

 

 

もうお分かりですよね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のカスタムはぁあ

 

 

 

 

 

 

マルシン

M29クラシックを

ベースにして

 

 

西部警察

「リキのマグナム」

 を作ろう

 

 

これがHWで作るカスタムの

答えでアリマス。

 

 

 

西部警察で「リキ(松田刑事)」を

演じた俳優さんと言えば、

寺尾聰さんです。

 

お父様も名優で、ご本人も映画やドラマで

今も活躍されている俳優さんですね。

 

ドラマの中では

S&W M29 8.375インチを握り、

射撃の腕は抜群で、大門の片腕として

そして西部署の刑事たちの心の拠り所として

バツグンの存在感でした。

 

つい捜査に感情移入してしまい

団長から窘められることがあったり、

小さな子どもと指切りして約束をするときの

すごく優しいまなざしを見せたり、

チョッとイラつきながら煙草を投げ捨てたり(笑)

 

 

レイバンのサングラスに、ニヒルな笑いを浮かべ、

細身の体にマグナムが似合う・・・

 

かっこよかったですねぇ・・・

( ´-`).。oO 

 

で、リキのマグナムを再現するには

タナカワークスのペガサスリボルバー

あるのですが、

私はココで言いたい

 

 

リロードは

ロマンである

(  ˘ω˘ )

 

 

だから、ペガサスもイイのですが、

出来ればカート式で作りたいのです。

 

 

 

過去にはコクサイが8インチの

同モデルをカート式リボルバー

発売していましたが、6インチに比べ

製造数も少なくレアモデル。

そして何より

 

「マグナム」なのに

パワーが無い

 

のと、

後期のHOPモデルは

 

弾頭がゴムだから、

スピードローダーで

装填しづらい

 

という弱点を抱えていました。

 

 

クラウンさんにも

8インチモデルがありますが

 

専用

スピードローダー

 

という制約

 

そして

フルサイズカート

    ではない

 

 

そして

フルサイズ化するには

エアコキをもう1挺

買わねばならない

 

 

などなど・・・この点を解消し、

5m先のターゲットを外さず、

初速もそこそこ、且つ

装填排莢を楽しむにはどうすればいいか

 

 

答えがこうです。

 

 

どん

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201026015357j:image

 

マルシン 

S&W M29classic8.375インチ

    と

タナカワークス 

S&W M29 8インチアウターバレル


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201026015104j:image
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201026015743j:image

 

ベースとなる本体を入手したら、

アウターバレルを付け替える作戦です。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201026015934j:image

 

今までの私のカスタムは、

アウターバレルを付け替える手法で、

好みのカタチを再現してきました。

 

 

今回もアウターバレルの

付け替えによる作業ですが、

その様子を記事にしてまいります。

 

(  ˘ω˘ )

続くのデス!