DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

第4章の幕開けになった銃は・・・

2011年~2012年頃のお話です。

 

このころ、一つの地域で管理をする仕事から

広範囲に動き回る仕事に代わりました。

 

ですから、ガンショップ巡りに拍車がかかり

更に色々な銃との出会いが増えたのデス。

 

 

もうこの時点で

 

(;´・ω・) ヤナヨカン

 

 

そんなある日のことです。

 

 

ネット記事でも目にしていて

その時に話題を集めていたこの銃が

第4章幕開けの1挺目となりました。

 

 

どん

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200928110247j:image

 

タナカワークス

レミントンM24 SWS 

カートリッジモデル(ver1※初期型)

 

 

これはお店で衝撃を受けました。

 

■ボルトアクションで

■カートリッジモデル

 

 

トイガン業界の歴史に残る銃と言って

差し支えないでしょう。

 

 

自衛隊でも導入されていた

(予定だったかな?)ということもアリ

話題性もタップリでした。

 

リアルなカートリッジモデルは

トイガンファンをアツくさせ、

数多くの方がレビューを上げていて、

YouTubeにアップされた動画も星の数ほど

ありますから

(*'▽')レビューがいっぱい

 

先行して発売されたのはM700ポリスですが、

ほどなくして第2弾として発売されたのが

レミントンM24 SWS でした。

※SniperWeaponSystem

今更感はありますが、

私のトイガンライフ第4章スタートの

記念すべき銃です。

 

僭越ながら、簡単にクローズアップします。

 

■レシーバー刻印■

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200928110318j:image

先行して発売されたM700と刻印は一緒です。

Model 700 に

MANUFACTURED by TANAKA WORKS と

刻印されています。

 

すんごい金属感・・・ひんやり

 

 

■ストック&パットプレート■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200928110256j:image

M24 SWSのアイデンティティはこれです

「調整式パットプレート」

 

本体反対側からのビュー

 

やばい・・・いつ見ても惚れ惚れ

(*ノωノ) 好きになっちゃうーっ


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200928110251j:image

 

■スコープ■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200928110302j:image

 

私はTR-X コマンダーをチョイスしました。

対物レンズ側にはフードを装着。

・銃本体

・スコープ

・バイポット 

 

全部衝動買い(笑)

 

■ボルト操作
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200928110225j:image

 

この銃はガスライフルのため、

ボルトにスプリングは入っておらず、

エアコキとは異なり、軽いコッキングです。

 

■エジェクションポート■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200928110242j:image

 

これですよ・・・

ココをお店で手に取って

「シャコッ!・・・」

 

やっべぇ

 

ここで第4章の幕開けの音が

したのです (笑)

 

 

■カートリッジ■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200928110311j:image

 

純正品はアルミシルバーのカートですが、

雰囲気をアップさせるための純正オプションに

このリアルカートがあります。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200928110307j:image

 

ポートから1発ずつ装填・・・

 

この瞬間がたまらない・・・

 

ちなみにガスはストック下部から

注入します。

 

マガジン前方にガス注入口と

HOPUP調整のダイヤルがあります。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200928110233j:image

 

■マガジン■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200928110229j:image

 

通常エアコキのボルトアクションですと、

ボルトにシリンダーを収めるため、

ノズルに合わせたマガジン配置となります。

つまりセット位置に制約があるのです。

 

そのためかなり前方に

BOXマガジンを設置するのが

一般的なエアコキボルトアクションです。

 

またはCAWのM24・M700のように、

実銃マガジンの位置に拘るあまり、

変態構造でアクションに難ありの

困ったの銃になることがあります。

 

しかしこのタナカワークス製の

レミントン(M700/M24/M40)では

確実な作動を確保しつつ

リアルなマガジン位置と、

構造を再現してます。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20200928110238j:image

 

これはカートリッジモデルなので

実銃に忠実なアクションですが、

2020年現在のタナカワークスにおける

ボルトアクションは

・ガスマガジン式

・エアマガジン式ともに、

マガジン位置が実銃と同じ

リアルな配置をしており、かつ

高性能なスペックを誇っています。

 

さて・・・

 

いよいよ実射シーンを撮影しようと

ガスを込めたその時・・・

 

 

ゃぁああああああ

 

 

注入と同時に景気の良い

ガス漏れ 

 

(;´・ω・) マヂデスカ

 

 

発砲動画の前に、修理の様子を

アップする方が先になってしまった

 

 

さて・・・

 

取り掛かりますか!

 

 

続くのデス

"""(  ˘ω˘ ) 

 チャチャットイコー