DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

第4章 押入ガンロッカー時代 3挺目のデルタエリート

2010年の5月、某ガンショップで

素晴らしいアイテムを見つけたのです。

 

 

そしてそのアイテムを組み込んだ銃は、

今ワタシのサバゲーにおけるサイドアームで

活躍しています。

 

今回記事にする銃はコレ!!

 

 

ドン!!

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201212232431j:image

 

COLT DELTAELITE 

10㎜AUTO

東京マルイ M1911A1ベース

タニオコバ HWスライド組み込み

BWC ラバーグリップ換装

 

 

 

そうです。

この銃は私のアイデンティティと申し上げても

差し支えございません。

 

平成の初期、

週刊少年ジャンプで連載されていた

「theEDGE(ジ・エッジ)」という漫画で

主人公の御子神鋭士(みこがみえいじ)が

物語を通して使用していた拳銃です。

 

過去に、デルタエリートに関する記事を

記載しているので、すでにご覧の方も

いらっしゃるかと思います。

 

1挺目のデルタエリートは

LS エアコッキング

deltaelite-10mmauto.hatenablog.com

 

2挺目はMGCの固定スライド 

deltaelite-10mmauto.hatenablog.com

 

 

そして今回いよいよ、デルタエリートを

ガスブローバックでカタチにすることに

なったのです。

 

 

偶々、タニオコバのスライドが

お店のショーケースの中に

陳列されていて、BWCのグリップも同時に

見つけてしまったのです。

 

そのため、ベースのM1911ミリガバと併せて

まとめて購入し、組み上げました。

 

 

 

では、外観を見てみましょう。

 

このグリップの質感とデルタのメダリオン

これが「ただのガバメントではない」という

アクセントになっています。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201212232417j:image

 

 

 

■刻印■


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201212232409j:image

 

これはうれしい

「ー10㎜/SEMI-AUTOー」の刻印

 

他社製のデルタエリートでは

ここまでの刻印をされているものは

ありません。

 

 

メダリオン


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201212232413j:image

 

デルタを表す▲マークが入っています。

特にアメリカの特殊部隊「デルタ」で採用とか

それ用のモデル・・・というわけではなく

あくまでも単なる機種名です。

 

■フロントサイト■


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201212232401j:image

 

このカスタムスライドは、

ノーマルのデルタエリートの形状ではなく、

あくまでカスタムされたものとなっています。

そのため、「アドバンスタイプ」というか、

発売当時である2008~2010年頃のトレンドに

合わせてあるようです。

 

■リアサイト■


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201212232423j:image

 

当時のワイルドホークもそうですが、

MEUやウィルソをはじめ、ノバックサイトが

流行していた時期でした。

 

このデルタエリートにもノバックタイプの

アサイトが搭載されています。

 

■射手側のビュー■


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201212232405j:image

 

ノバックタイプでホワイトドットが

入っていますので、非常に見やすいし

合わせやすいのです。

 

 

さて、準備をして

次の記事で初速計測に入りマス。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201212232427j:image

 

続くのデス

(^^)/