DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

押入ガンロッカー時代に、近所に出来た◯◯鑑定団にて

以前、私の楽しみの一つでもある

「お宝ショップ巡り」について

記事にいたしましたが、この趣味は

もう20年近く続いています。

 

仕事帰り

出張先

外回り中(←コラ!)

 

行く先々のお店で、

色々な銃を物色するのですが、

なにせ陳列アイテムはほぼ中古の一点物、

「一期一会」な巡り合わせなので、

とにかく足しげく通く事が

素敵な銃との出会う第一歩です。

 

で、見つけたのデス。

 

 

 

恐らくこのブログをずっとご覧くださっている

方であれば、

「またぁ??」

もしくは

「いい加減にしろ(笑)」

いや・・・

「こんなの良く見つけたな(;´・ω・)」

 

様々なリアクションを頂けると思います。

 

 

 

 

見つけた銃はこちら

 

 

 

どん

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201220225718j:image

 

KWC コルトデルタエリート

エアコッキングガン 

 

 

 

しかも2挺・・・

 

 

「何挺デルタエリートを買えば

 気が済むんだよ」

 

 

 

それは・・・(;´・ω・)

 

 

 

 

 

 

出たら出た分だけ

買います!

 

 

 

ちなみにこの2挺は

同じ日に買ったものではありませんが、

なぜか同じ店へ、別に日に行ったときにも

あったのデス

で買っちまいました。

 

 

 

2010年から13年まで住んでいた街の

とある国道沿い、会社からアパートに戻る

その帰路に「〇〇鑑定団」という

お店が開店したのですー!

 

それからはもう

(5分だけ・・・)

(ちょっとサラッと見るだけ・・・)

が、ガッツリショーケースの前で

悩んで1時間(笑)

おかげでカミさんから

「ご飯が冷めちゃったじゃん!」

と怒られるコトしばしば 

(;´・ω・)ごめん・・・

 

 

そのころの戦利品の一つです。

 

では簡単ですが、

レビューしていきまっしょい

(・ω・)ノ

 

 

■スライド刻印■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201220225751j:image

 

何だかスカスカな気がする・・・

刻印が一部省略されていたからです。

 

WAのデルタエリートと比較してみると

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201220225818j:plain

 

「ーCOLT  AUTO-」が省略されてる

 

おかげで何となくスカスカな

印象を受けたのデス。

 

■リングハンマー■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201220225725j:image

 

海外製のエアコキと侮るなかれ

これライブでかっちり感満載!

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201220225754j:image

 

コッキングに連動してバッチリ動きます。

そしてサムセイフティもライブです。

これはコッキングに関係なく作動します。

 

 

■グリップ・メダリオン
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201220225747j:image

 

ココも侮るなかれ

良質のラバーグリップ、そしてメダリオン

仕上がりイイんですよ…これ。

 

■ロングトリガー■

■マガジンキャッチボタン■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201220225714j:image

 

トリガーは実銃と同様ロングトリガー

そしてマガジンキャッチもライブ

 

すごくないですか?

エアコキですよ?

 

で、もっとすごいのがこちら

 

 

■マガジン■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201220225826j:image

 

フルサイズ風のマガジンなんです。

これはうれしいですよね (≧▽≦)

 

 

また機能も優れていて

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201220225721j:plain

 

マガジンにはリップが付いていて、

弾を装填したまま持ち運び可

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201220225826j:plain

つまりリロードが楽しめます。

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201220225822j:plain

またフォロワーを下まで押し下げると

ロックがかかります。

 

そして

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201220225806j:plain

 

こちら側にフォロワーのロック解除装置が

ついているのデス。

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201220225648j:plain

 

マガジンを挿入すると、

プレートがフレームに当たり

ロックを解除する仕組みです。

 

勿論マガジン挿入前にも

解除は可能ですが、

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201220225732j:plain

 

フォロワースプリングのテンションで

弾がばらまかれることもありません。

適正なテンションのフォロワースプリング、

そしてしっかりしたリップです。

 

■マズルフェイス■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201220225729j:image

 

パーティングラインむき出しの

モールドのチープな雰囲気がない・・・

 

 

■フレーム反対側■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201220225709j:image

 

GOVERNMENT MODEL の刻印は

省略されていて、KWCの刻印、

そして MADE in TAIWAN

 

 

で、スライドにシリアル?これモールドかな?


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201220225738j:image
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201220225758j:image

 

いや!違うぜ!

これしっかりとしたシリアルナンバーだ!

 

なぜそんなに手が込んでいる?

不思議だな。

 

■リングハンマー②■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201220225652j:image

下3桁が異なっていましたが、

234・・・シルバーのハンマー

609・・・ブラックのハンマー

これはロットで部品が違うってことか?

 

 

 

■エジェクションポート■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201220225811j:image

 

ココも刻印は省略されていますが、

アルミでキレイなカバーがついてます。

 

これエアコキなのに・・・

すごい銃だな・・・。

 

 

■F・Rサイト■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201220225815j:image

 

基本コンポーネントを共用している

1911のseries’80とは異なり、

フィクストですが大型化されています。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201220225700j:image

 

フロントサイトは、ドット・・・じゃなくて

白い線???

 

(;´・ω・) 大丈夫か?

 

 

しかし

実際にサイティングすると・・・


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201220225656j:image

 

結構見やすいぞ。

これは恐れ入った。

 

さて・・・と

 

 ( ・∀・)ニヤニヤ

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201220225704j:image


 

いつものセットアップで

発砲・初速計測行きますか!

 

 

続くのデス

( ・∀・) ♪