DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

マルイ ステアーを手にして思った事・決めた事

元々私がステアーをサバゲー

使用するようになったのは、

このスタイルを意識していたからです。

 

 f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20191027011353j:plain

 

  

    ↑

「the EDGE」第1巻の中で

テロネットワークのアジトに

主人公の御子神が乗り込む際の装備です。

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20190630025335j:plain

 

元々マルゼンのエアコッキング式ステアーを

使用してましたが、歳を重ねるにつれ

周囲のメンバーもフルオートの銃を

徐々に持ち始めました。

火力を必要とした私は、その後、

その上位モデルであるBV式ガスガン

ブラックステアーを使用しました。

 

※残念ながらブラックステアーは

もう今は手元になく、記念の画像だけです。

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20190626232146j:plain

 

 

実はマルイのステアーは

2011年頃に入手したのですケド、

まず構えた瞬間に感じたのは、

 

 

 

 

「デカっッッ!!」

 

 

でした。

 

 

 

今回の記事は、そんな電動ステアーを

手に入れたときの衝撃と、

加速していった夢をお話します。

 

 

実はマルゼンのステアーは、実銃サイズより

かなり小ぶりにつくられていて、

フルサイズであるマルイステアーと比べると

こんなに違うのデス。

 

 ■全景■

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210103001057j:image

 

手前・・・マルゼン エアコッキング

奥側・・・マルイ 電動ガン

 

マルゼンエアコッキング

ハイダーの紛失もアリ、さらに小ぶりな

印象が感じられますが、実際に小さいのデス。

 

 

各部パーツの大きさを計測しますと・・・

 

 

■スコープの長さ■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210103001108j:image

マルゼンエアコキは約178㎜であるのに対し

マルイの電動ですと・・・


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210103001050j:image

 

約210㎜! その差は約30㎜以上あります。

 

 

■ストック■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210103001053j:image

 

マルゼンは約455㎜ですが・・・

マルイの方は

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210103001045j:plain

 

約525㎜・・・その差は70㎜もありました。

 

 

 

並べてみるとその違い一目瞭然・・・


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210103001101j:image


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210103001105j:image

 

 全然違うのデス

(;・∀・)スゲーっ 

 

 

 

とまぁ、大きさにはかなり驚きました。

 

 

 

この銃を手に入れた2011年頃は

転勤で住まいも変わったばかり、

子育てに追われている時期でしたが、

私はこの頃に

 

「いつか今後、このステアーをもって

 サバゲーに復帰しよう」

 

と目標を持ち始めました。

 

 

そしてサバゲーに復帰するに当り、

スタイルや装備をどうするかですが、

 

御子神のあの時の装備を

 再現して復帰する」

 

と目標が定まったのデス。

 

2020年の本格的な復帰まで、

目標設定から9年間もかかって

しまいましたが、夢は叶いました。

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20191027010905j:plain

 

 

the EDGEの原作はカラーではなく

グレースケールでしたので、

本当の色はわかりかねますが、

ステアーがブラックであったこと、

デルタエリートもラバーグリップなので、

BDUや防弾ベストなどもブラックで

統一することにしました。

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210103004446j:image

 

そして第4章 押入ガンロッカー時代は

さらにディープな世界へと突き進みます。