DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

ゴルゴ13カスタムをガスブロで作ろうとした時の話③ ~カスタム箇所の確認~

ゴルゴ13 カスタムを

ガスブローバック

で再現するに当り、

事前にそのカスタム箇所を

確認しておかねばなりません。

 

というわけで、今回の記事では

カスタム箇所をクローズアップします

 

(^^)/””ミ 

ワショーイッッ!!

 

 

というわけで、まずはその

目標となるカタチ

 

 

 

 

どんッ!

 

 

 

東京マルイ

ゴルゴ13カスタム

スタンダード電動ガン

40周年記念モデル

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210213131933j:image

 

逆サイドのビューも

 

ドンッ!


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210213131928j:image

 

ココですよココ!

このボディラインにやられて

ハマっちゃったのデス


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210213132006j:image

 

この感覚・・・たとえて言うなら

「クラスの女子で

 昨日まで対して気にもしなかったのに

 あるふとした仕草が目に留まり

 惹かれて毎日気になっちゃう

 ・・・これは・・・恋?」

 

 

という感じです。

 

 

ちなみにこの時、私はすでに所帯持ち

本当に恋をしたら大問題ですが、

相手が銃ならば、問題は無いはず (;´・ω・)

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210213131955j:plain

 

まずはノーマル外観に戻したM16A4

そしてゴルゴ13 カスタムを並べて

カスタムが必要な箇所を洗い出しました。

 

 

■レシーバー■

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210213131948j:plain

ノーマルと異なるのはアッパー。

特にトップ部分ですね。

スコープはキャリングハンドルではなく

トップレイルの上に搭載されています。

また、リアサイトが残されています。

恐らくスコープ破損時にも使えるように、

ということですかね?

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210213132022j:plain

( ゜o゜)あっ!

 

よく見るとこれ・・・!

スコープマウントはMP5/G3用のクリップ式ですね。

というわけで、

  ①スコープ

  ②マウントリング

  MP5/G3用クリップ式マウントベース

  ④LMTリアサイ

この4点が必要になりました。

 

■マガジン■

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210213131944j:plain

マルイのゴルゴ13 カスタムは

20連のショートマガジンです。

 

ガスブロM4でここを再現できるのは

当時WAだけでした。

というわけで

  ⑤ショートマガジン

が必要になりました。

 

■ストック■

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210213131939j:plain

 

ゴルゴ13 カスタムを再現する上で

一番のアイデンティティと言っていいと思います。

頬付けするためのチークパッドです。

コレがなければ始まりません。

というわけで

  ⑥チークパッド

が必要になりました。

 

これらのアイテムを揃えて

オレだけの

ゴルゴ13 カスタム

ガスブローバック

 

完せ・・・

 

 

とはなりませんでした。

そうは問屋が卸さない

(;´・ω・)

 

 

これは単なるパーツを組み付けて

ホラできた!という話ではありません。

 

ゴルゴ13 カスタム製作に関する

苦悩と困難な物語になってしまいました。

 

そしてその後の展開も…。

 

 

続くの・・・

(;´・ω・)