DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

ゴルゴ13カスタムをガスブロで作ろうとした時の話⑧ ~接骨院にあるアレのせい・・・~

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210213220614j:plain

 

WA M16A4をベースに出来上がった

ゴルゴ13カスタム

 

いつもならここで意気揚々と

「初速計測に移ります」

「続くのデス(  ˘ω˘ )」

「KSCスバラC(  ˘ω˘ )」

とかテンションが高いのに、

お気づきでしたでしょうか・・・

 

今回はこのシリーズが始まってからずっと

何だか文末の歯切れが悪い。

 

(;´・ω・) 

 

 

何ゆえか

 

 

それは

 

ゴルゴ13カスタムの完成を喜んでいたが、

喜んだのもつかの間・・・あるものが原因で、

この出来上がった銃のカスタムをもう一度

やり直しすることになったから。

 

 

 

あるものというのは、

接骨院には高確率で置いてある

これでっす

 

 

どん

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210214001303j:image

 

 

SPコミックス

ゴルゴ13

第100巻 ~黄金の男~

第149巻 ~激突!AK100 vs M16~

 

 

私はTVで放送されたお詳しい皆さん、

ゴルゴ13大好き芸人」とは異なり、

単に

ゴルゴ13カスタム普通に好きなおじさん」

です。

 

そのため、ゴルゴ13については

あまり詳しくないのです (;´・ω・)

ですが、この銃が好きであれば、外せないのが

この2巻。持っているのもこの2巻だけ(笑)

 

 

「傑作 アサルトライフル

そして

「激突! AK100  VS  M16」

 

この2話ですね。

 

「傑作・・・」では、M16A1を使用していた

デューク東郷がM16A1 → M16A2へ

使用する銃を変更した時の話。

ユーロ圏の武器商人の画策で仕向けられた

ブルパップライフルとの対決後に、

銃器職人ベリンガーが仕上げたバレルを

搭載したM16A2を受け取ります。

 

「激突!・・・」では、AK100との対決、

AR15の弱点を突かれて、追い詰められていく

ゴルゴ13とAK100を所持したロシア軍との

対決の様子が描かれている話。

 

両話とも、ガンマニアを惹き付けるのですが、

今回のカスタムやり直しの原因は

この第149巻の表紙にありました。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210214001257j:image

 

M16A2の右側面が描かれていますね。

 

 

 

で、私の作ったゴルゴカスタム

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210218004815j:image

 

普段は細かいことなど気にならない

どちらかといえばズボラな方の私ですが、

ある箇所が目に留まってしまいました。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210214001313j:image

 

スコープマウントのところなんですケドね

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210214001318j:image

 

アレ?

よく見ると、物語の中のゴルゴ13カスタムは

マウントとリングが一体になってるんだな。

 

一方マルイ製のマウントは劇中とは異なり、

リングが別体式なのでこういう形状になる。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210214001329j:image

 

マウントリングを外すと、トップはフラット。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210214001253j:image

 

劇中はマウントリングとベースが一体式


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210214001307j:image

 

 ここに気づいてしまったのデス。

 

 

そして気になりすぎた結果・・・

※心の声※

ガスブロのゴルゴ13カスタムなんて

シューティングレンジに持ち込んだら

みんなジロジロ見るだろうな( ・∀・)ニヤニヤ

おまけにマウントがマルイのじゃなくて

劇中と同じタイプなら尚更レアだな。

 

 

・・・もう皆さんからの好奇の視線が

銃に向けられている処が脳裏に浮かぶ。

 

 

よしッ!

一体式マウントベース

探そう!

(; ・`д・´)とりゃーーー。

 

 

 

というわけで、

せっかくひと段落したのに、

また変なトコに拘りだして、

マウントベース探しに奔走する

2011年の私でした。

 

 

だから

続くの・・・

(;´・ω・)