DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

部屋の片隅に・・・名銃の系譜あり⑩  ~平成初期のリバイバル その名は「グランデ」~

1986から製造の始まった

UX-super9は、平成に入ってから

  ↓

UX-super9PROに生まれ変わりまシタ。

 

 

 

そしてそれを追うように、

この銃も生まれ変わりまシタ。

 

UX-superX

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210227220308j:plain

 

 

super9はモデル名に「PRO」を冠し

再登場となりましたが、

superXも同様にネーミングが付記

されたのであります。

 

 

 

 

 

 

どん

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210228112142j:image

 

マルコシ

UX-superX「グランデ」

 

 

 

です。

 

 

 

この銃の登場を誌面で知ったときは、

「うわぁ・・・この銃まで再登場かぁ」

と、気持ちがざわついたのを覚えています。

 

 

 

その時すでに私は昭和モデルの

superXを当時埼玉県に存在していた

「テクニカ」というショップでカスタムし

所持していたので、特にこのグランデを

強烈に欲したことはなかったのですが、

このブラックのストックはシビレました。

 

 

だってカッコイイんですモン

(;´・ω・) いいなー

 

というわけで

「いつか余裕が出たら買おう」

という結論に達し約30年近くが

こうして経ちました。

 

 

ではいつものように

レビューをしていきます。

( ・ω・)ノ””

 

■全景■

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210228112147j:plain

 

super9 → super9PROへの

移行に際しては、ストック形状の

大幅な見直しがありました。

 

 

スポータータイプへの変更でしたが、

このsuperXグランデについては、

アイデンティティのひとつだった

当時のサムホールストックと

調整式チークパッドはそのまま

継承されています。

 

■ストック■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210228112735j:image

 

 

これはsuperXの記事でも記載した通り

あまり大きな変更は行われていません。

 

■マイクロRサイト■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210228112721j:image

 

superXならではの装備品

「マイクロリアサイト」ですね。

 

これも昭和時代から大きな変更なく

そのまま受け継がれています。

 


■ケースレス化■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210228112851j:image

 

昭和時代のsuperXはカート式のみ

ロータリーマガジン式でしたが、

グランデにおいてはケースレス化されました

 

 

とまぁ、グランデとなったのですが

昭和時代とあまり大きな変更点は

 

 

ない

 

んですよ (;´・ω・)

 

 

というわけで、初速計測を行うのですが、

今回は「ちょっと・・・」

 

 

 

 

実はこの「部屋の片隅に・・・」の記事を

起こす発端となる事件がありました。

それはこのグランデだったのです・・・

 

 

 

 

続くのデス

Σ(・ω・ノ)ノ!