DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

【考察:物語と銃】~theEDGE~  第3話 ⑨頑住吉 プレッシンピストルを・・・見るッ!

開封した・・・

 

 

(;´・ω・)

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210327232441j:image

 

 

 

 

それでは幻のモデルガン

頑住吉

プレッシンピストルの

レビューをいたします。

 

 

 

■外観■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210327232418j:image

 

これは少ない文献の中でも

概ね触れられている通り

「ホチキス」みたいな形状です。

 

全長も12㎝程度と、

確かにデスクのホチキスを

連想しますね。

 

 

■刻印■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210327232422j:image

 

フレーム右側には「CAL32」の刻印

前出記事にも記載しましたが、

32ACP(7.65×17㎜)ではなく

専用弾(7.65×15㎜)だそうです。

 

ケースが2㎜短く、

中の装薬も32ACPの量より少ないらしい。

 

続いて左側の刻印は

こうなっている


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210327232507j:image

 

プレッシンピストルの製造メーカーである

Llama社(リャマ)はスペインの企業ですので、

刻印もスペイン語です

Pistola PRESSIN

と彫られています。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210327232452j:image

 

こちらは英語表記

Made in Spain

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210327232339j:image

 

こうして間近で見ると

感動もひとしおです。

 

何せこの頑住吉プレッシンピストルは

余りの希少性でレビューがほとんどなく、

発売時の宣伝記事としてアームズマガジン

1998年9月号でその姿を見るのみです。

 

実銃はスペイン語の嵐・・・

(;´・ω・)

 

 

■セイフティボタン■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210327232426j:image

 

ココにある赤い丸は

セイフティボタンです。

 

レミントンM1100・M870と同じで、

飛び出している時は安全状態

引っ込んでいる時は発射可能です。

 

■フィンガーレスト■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210327232351j:image

 

銃口の近くに隆起した場所があります。

これはフロントサイトではなく、

フィンガーレストだそうです。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210327232347j:image

 

発砲時の握り方はこうなのですが、

その際、マズルの方に親指が出ないよう、

ココに載せる・・・だそうです。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210327232406j:image

 

2連水平のバレル。

発射時のガスで火傷をしないよう

親指を後ろにするための形状。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210327232343j:image

 

横からのフィンガーレストのビュー。

 

 

なるほどね・・・( ・∀・)

 

■トリガー■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210327232512j:image

赤い丸のボタンとワニの背中みたいな

突起の場所・・・これがトリガー。

 

後方から見るとこうなります。

ワニの背中の右側に突起がアリマス。

これを左から右に押すとセイフティが効き

安全状態となりマス。

 

今は右から左に押して飛び出しているので

発射可能状態です。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210327232456j:image

 

セイフティ解除ボタンは本体と同じ色。

確かに両方赤だと紛らわしいですからね。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210327232502j:image

 

銃口側のビュー。

上下逆において撮影していますが、

中々見ることのできない角度ですので

じっくり見てみましょう。

(;・∀・)じぃ~っ


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210327232355j:image

 

■マズル■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210327232430j:image

 

この銃は2連水平バレルです。

ライフリングが再現されており、

リアルな形状ですが、銃口は完全閉鎖です。

 

 

■スライド■

 

この銃の弾込めは変わっていまして

まずは後部のパーツを押し下げます。

セミオートでいうならば

スライドストップでしょう。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210327232434j:image

 

Made in Spainの後ろのパーツを下に下げる


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210327232449j:image

 

するとスライドのロックが外れて

後ろに脱着できます。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210327232410j:image

 

「水平2連中」だと、中折れ式になっていて

薬室にアクセスできますが、このプレッシンは

スライドを手で後ろに下げて、チャンバーへ直接

弾を装填します。
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210327232539j:image

 

スライドを外したら

こんな景色・・・

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210327232444j:image

 

スライドの中にはストライカーが2本

 

トリガーは浅く握って1発目

深く握ると2発目を発射します。

 

そのためシアのかかる位置が少し

左右で異なります。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210327232205j:image

 

 

なおこの頑住吉プレッシンの嬉しいところ

32ACPのダミーカートが2発入ってるトコ

( ・ω・)ノ ▲ ▲ 嬉しい。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210327232201j:image

 

更に嬉しいのが、コレ実弾ダミーカート♫

プライマーは取り外されてマスが、

刻印も32AUTOとなってる

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210327232330j:image

 

スライドを押し込んで元の位置に戻し、

発射準備完了となりマス。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210327232414j:image

 

現在セイフティボタンがONです。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210327232209j:image

 

赤いボタンを押し込んで、

発射可能状態へ・・・。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210327232402j:image

 

1発目を撃ったところ

手の中でファイヤリングピンが前進した

カチッという音がします。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210327232359j:image

 

続いて2発目を撃ち込んだところ

1発目よりも深くトリガーが沈みます。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210327232157j:image

 

頑住吉プレッシンピストルは

弾を発射する機構が無い点を除けば

実銃と全く同じ操作が出来るという

素晴らしい再現性を持っています。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210327232437j:image

 

以前より、ブログで

【考察:物語と銃】は様々なシリーズで

記事を書くつもりでしたが、

このプレッシンは諦めていたのです。

 

しかしこうしてひょんなことから

手に入れることが出来ましたので、

記録を残すという意味でも、

そして私自身が御子神に少しでも

シンクロしたいので・・・


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210327232333j:image

 

デイビスに刃を折られた

偽装バタフライナイフの再現

( ・ω・)ノ”””

 

しばらくガンロッカーに

この状態で飾っておこうと思います。

 

 

で、続いては、おそらく

「世界初」になるカモです。

 

 

このLlama Pressinを

日本語で解説する動画です。

頑住吉のプレッシンピストルを用いて

作動の様子などをご覧頂きますよ。

 

続くのだー

(*・ω・)ノ