ゴルゴ13カスタムを作るために買ったゴルゴ13カスタム

私のトイガンライフ第4章は長モノ中心の

生活となりまシタ (;´・ω・)

 

 

で、ココで初めて傾倒したのが

 

 

 

 

AR15

 

 

 

 

ガンショップにディスプレイされていた

東京マルイ ゴルゴ13カスタムに魅せられ

 

「ガスブロでゴルゴ13カスタムを作ろう」

という計画を2011年にぶち上げた私でしたが、

2012年、書店で膝から崩れ落ちました(笑)

 

 

deltaelite-10mmauto.hatenablog.com

 

 

45周年記念って

なんだよ!

    ""(  >o<)

 

 

 

 

 

 

このシリーズのオチの記事で

出てきてたこの銃・・・

 

 

 

 

 

 

「あの・・・

 そろそろ記事に・・・

 ・・・しますか?」

 

 

「自分・・・そろそろ

 出番・・・スかね?」

 

 

ごめんごめん

出番だよ・・・

 

 

 

というわけで、彼を取り出すべく

ガンロッカーを開けるが・・・

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210405002629j:image

 

 

パッと見、どれだか判別がつかない

(;´・ω・)どこだ??

(;´・ω・)左から何番目?

 

 

 

まようこと数秒・・・

 

 

 

 

 

これだこれ。

 

 

 

 

 

待たせちゃってごめんな

ようやく「仕事」だよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

どん

 

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210405002639j:image

 

 

東京マルイ スタンダード電動ガン

M16A2「ゴルゴ13カスタム」

 

 

 

これは間違いなく

「本物です」

 

 

 

 

この銃の購入のいきさつは・・・

 

①まずフロンティア山中社長の

アドバイスによりWAのM16A4を入手

 

 

②WA M16A4をベースに

各種カスタムに取り掛かるが

細部が全くわからず

暗礁に乗り上げる

 

③で、マルイのゴルゴ13カスタムを購入し

これを参考にしながら細部を仕上げていく

 

④勤務先の後輩Tから

「先輩バカなんスか??」と

暴走を窘められ・・・

 

⑤2012年・・・撃沈

(;´・ω・)ちーん

 

 

この銃はWAベースのゴルゴ13カスタムを

製作するために購入したので・・・

 

 

 

 

 

まだ1発も撃ってない

(買ったのは中古ですケド)

 

 

 

のです。

 

 

 

 

 

2011年の購入後、

WAベースのゴルゴ13カスタムが

出来上がってからはアパート押入Aにも

ほとんど仕舞わず、即実家押入B行となり

以後、自宅新築時にAR15置場へ置いた後も

ほぼ触っていなかった・・・

 

 

 

 

 

(;´・ω・)ごめん

 

 

 

今日は記事にするからね!

 

 

 

■全景■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210405002615j:image

 

嗚呼・・・

やっぱり何度見てもかっこいい。

M16A2ベースのゴルゴ13カスタム

 

「洗練されたスタイル」って

こういうことを言うんでしょうね。

 

 

■右側面のビュー■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210405002644j:image

 

この状態で飾られていた時に

「カッコイイー」となりました。

魅せられて・・・

(*ノωノ)惚れちゃう

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210405002548j:image

 

程よい長さと大きさ、そして重量

デューク東郷がAR15を選ぶ理由・・・

 

 

 

「オレは一人の軍隊だ」

 

 

詳しくはゴルゴ13

「激突M16 vs AK100」を

ご覧ください。

 

 

■バレル■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210405002554j:image

 

A1よりも太いバレルが装着されています。

なお実銃には入っている刻印は

このゴルゴ13カスタムには入っていません。

 

■ハンドガード■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210405002634j:image

 

A2ハンドガードです。

たつきもなく、しっかりついています。

 

■スコープ基部■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210405002619j:image

 

このゴルゴ13カスタムの専用品となりマス。

MP5/G3用のマウントベースを用いていますが、

これは作中の画像から確認できます。

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210214001307j:plain

 

前出の記事にも記載していますが、

作中はクリップ式マウントとリング一体式

マルイのカスタムはマウントリングが

セパレートとなりマス。

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210405002649j:image

 

しかしクリップで挟む箇所の

スロープは忠実に再現されており、

決してチープな仕上げではありません。

満足のいく仕上げです。

 

 

■レシーバー■

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210405002611j:plain

 

左側はUS.GOVT M16A2 という

刻印が入っています。

 

この点はWAよりマルイの方がイイかも。

WA製はゴルゴ13カスタムと入っていて

個人的にはちょっと・・・(;´・ω・)


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210405002606j:image

 

右側面も刻印は入っていて、

セレクターインジケータを模したカタチが

再現されています。

 

なおこれはセレクターを動かしても

連動せず、このSEMIの位置のままです。

 

■チークパッド■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210405002543j:image

 

ゴルゴ13カスタム最大の

アイデンティティと言っても過言ではない

このチークパッドですが、残念ながら

表面のラバー部が加水分解を起こしています。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210405002601j:image

 

 

 

ヤフオク加水分解したグリップとかの

ベタベタを取る粉って売ってたな・・・

 

 

アレ効果あるのカナ?

高くないし、一度ダメ元で買ってみよう。

後程記事で出します。

 

■マウントリング■

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210405002538j:image

 

先ほども書きましたが、

作中とは異なり、マウントリングは別体式です。

 

 

なおビジュアル的なバランス、

そしてとても大事な

「サイトと銃口の距離を少しでも縮める」

という配慮から、マルイさんはマウントリングを

ロープロファイルタイプ」を選択して下さり

このモデルに装着しています。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210405002624j:image

 

嬉しいですね。

 

 

というわけで、

ゴルゴ13カスタム製作用に購入した

ゴルゴ13カスタムでした。

 

続いて実射してみます。

 

 

 

・・・撃てるかな?

 

 

(;´・ω・)

続くけど・・・