DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

トイガンライフ第4章の忘れ形見 BV式ガスガンのアレコレ ~⑤ステアーAUGミリタリー~

私のブログは回顧録を兼ねており、

トイガンに触れたその時からを振り返って

記事にしております。

 

 

第1章 トイガンライフの始まり

第2章 PPCカスタム探しの旅

第3章 タカ・カスタム探しの旅

そして現在連載(?)してるのは、

第4章 押入ガンロッカー時代

です。

 

現在の自宅の奥深くに眠ってる古のトイガン

引っ張り出して記事にしてるわけですが、

 

 

ついつい懐かしくなって

アレコレと銃を手に取り

記事を書く手が止まってしまう

 

のであります。

 

 

 

おっといけない

また手が止まっちゃう(笑)

今回、忘れ形見として引っ張り出したのは

この銃です。

 

 

 

どん!

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210612225048j:image

 

JAC  ステアーAUG

(BV式)

 

 

同社製のステアーAUGには、このタイプと

後には電動ガンも発売されましたが、

私が入手したのはガスガンの方です。

 

■レシーバー■

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210612225011j:image 

 

この銃はミリタリータイプで、

キャリングハンドルを兼ねたスコープが

搭載されています。

 

■コッキングレバー■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210612225007j:image

 

同時期に発売されていたマルゼンの

ブラックステアーでは動きませんでしたが、

JACステアーAUGでは可動パーツでした。

 

但し「動かせるだけ」のモノなので、

ポートカバーの連動などのギミックは

ありませんでした。

 

■マガジン■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210612224949j:image

 

シースルー型のマガジンです。

コレは残弾確認しやすいですね。

 

■トリガー■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210612224954j:image

 

セレクターはありません。

実銃のステアーAUGも同様らしいですが、

トリガーの引きしろでセミフルを撃ち分けます。

 

浅く引くとセミ

奥まで引き切るとフル

 

このギミックは再現されています。

 

■フォアグリップ■

 

全部で3ポジションです。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210612224945j:image

↑  

下げた状態


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210612224940j:image

中間の状態


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210612225015j:image

折りたたみ収納した状態

 

 

それぞれの状況に合わせてポジショニングが

可能となっております。

 

■アウターバレル■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210612225003j:image

 

このステアーはカービンタイプの

バレルとなっています。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210612224958j:image

 

ライフルレングスのマルイ電動と比べると

一目瞭然ですね。

 

■スコープ■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210612225044j:image

 

倍率はありません。

レンズの中央に○印が付いているのみです。

 

・・・向きを変えて・・・

(;・∀・)   (・∀・;)
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210612224932j:image

 

■エジェクションポート■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210612224928j:image

 

実銃ではどちらでも設定できます。

これはブルパップライフルの場合、

射手の利き手により、変更できるようにした、

という理由からです。

 

ポートは可動しませんが、

左右両方とも再現されています。

 

■刻印■

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210612225020j:image

 

ステア―とダイムラーの刻印、

そしてJACASGKの刻印があります。

 

 

■ガス注入口■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210612225139j:image

 

エアカプラは取り除かれています。

 

 

■内部■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210612224936j:image

 

ストック下部にタンクがあり、

リキッドチャージも可能ですが、

この個体はガス注入口を取り外し、

サブチャンバーも取り外されており

発砲できない状態です。

 

 

 

不動のまま所有してましてのは

・いつか復活させたい

・フルサイズのステアーを持っていたい

 

だったのですが、今現在では

マルイの電動ステアーがありますので、

正直あまり手に取ることも無くなりました。

 

 

記事のため久々に手に取りましたが、

手に馴染んだ感触といい重さといい、

BV式ガスガンに対する熱量が高かった頃の

思い出が甦ってきます。

 

 

あれから10年か・・・

 

 

しんみり

(;´・ω・)