DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

外部ソース沼から出て・・・終わったと思うなよ・・・

2012年

確かに私は外部ソースの沼から

脱出することが出来た・・・

 

 \ぜぇぜぇ・・・/

╭( ๐_๐;)╮

 

 

 

しかし次に手を出したのが

コイツだったのが運の尽き

 

JAC AR15A2

ガスブローバックモデル

 

 

 

マガジンが・・・

沼だったのさ・・・

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210718225729j:image

 

 

 

どうする?

これではまともに撃てない。

 

 

 

そこで業を煮やしたワタシは

こんなことを思いつく。

 

 

 

 

 

 

 

どん

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210718225741j:image

 

 

 

 

 

ナニコレ?

(;´・ω・)

 

 

 

 

 

 

こいつはですね、

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210718225725j:image

 

 

 

 

 

20連ショートマガジン化しようと思い

BVガスガンのマガジンのガワを使い

ガスタンクを除去したものでアリマス。

 

 

 

 

んで


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210718225737j:image

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210718225733j:image

\このバカチンがッ!/

( ・д・)⊂彡☆))Д´)ウッ

 

 

 

 

 

 

 

 

結局外部ソース・・・

(;´・ω・) ちーん

 

 

 

 

 

しかし快調な作動のためには

欠かせないのよ。

 

 

 

 

 

ちなみにこのガスブローバック

黎明期のユニットゆえに、

現代のガスブロAR15とは大きく異なる。

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210718230104j:image

 

 

 

レシーバーの右側

ボルトをよく見ててください。

 

チャージングハンドルを引くと・・・

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210718230053j:image

 

 

真鍮コンニチワ

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210718230059j:image

 

実はブローバックしているのは

この黒いボルト風のカバーだけで、

真鍮ユニットの中身は動かないんです。

 

 

ガスブローバックハンドガンの

ブリーチみたいなものがココに鎮座して

リコイルと次弾装填を司っています。

 

 

今はもう見かけなくなっていますが、

海外エアガンメーカーのWE-TECH、

ここが初期に発売していたガスブロの

長モノは同じような構造をしており、

「真鍮コンニチワユニット」

と言われておりました。

 

ガスブロをチョイスするのは

リアル派の皆さんで、その中の

一部のガチ勢からは

「ハンッ・・・ないわー」と

結構厳しい評価も出ていました。

 

 

しかしその後、WE-TECHからは

「オープンボルト」という

新システムのガスブロが発売され

今はそちらが主流となっています。

 

というわけで、2012年の購入から

まだ1発も発砲せずカラ撃ちのみの

JAC AR15A2 GBBモデル

 

 

次の記事では作動を確認して

実際に発砲してみましょう。

 

 

続くよ

(;・∀・)