DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

目の前に現れた「H&K G11 電動ガン」を・・・撮るッ!

いよいよ私の前に

その姿を現しまシタ。

 

 

その銃の名は

 

 

 

H&K G11

電動ガン

 

 

 

開封も終わり、

梱包から部品を取り出しまシタ。

 

 

 

 

 

 

どん!

 

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210904204301j:image

 

 

 

パッケージの中にある

パーツ類全てです。

 

 

本来は、このG11特有の「あるパーツ」も

同梱予定でしたが、成型不良のため後日

別途送付ということになりまシタ。

 

 

 

 

まずは部品レビューしていきましょう。

 

 

 

 

 

 

H&K G11

レビューだ

 ワショーイ

(/・ω・)/

(/・ω・)/

 

 

 

 

①ハンドガード

   と

 レシーバー 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210904204248j:image

 

 

グリップ・ハンドガード

レシーバーという構成です。

後程詳しくレビューしてまいりますが

この中には

・チャンバーユニット

・インナーバレル

・マガジン挿入部

・トリガーユニットが

収められています。

 

 

 

 

②スコープ
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210904204245j:image

 

 

レシーバー上に設けられた

20㎜ピカティニーレール上に

取り付けることが出来ます。

 

 

なんとこのスコープ

倍率付きでしっかりレティクルも

備わっているのでアリマス。

 

 

 

③機関部
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210904204252j:image

 

 

実銃のG11でもこの部分には

機関部が収められるのですが、

この電動H&K G11では、

電動ガンのメカボックスが収められます。

 

 

 

そして・・・

 

 

 

 

 

 

⑤メカボックス
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210904204258j:image

 

 

P90っぽいメカボックスに

3Dプリンターで製作されたケースに収まり

梱包されています。

 

 

 

⑥マガジン
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210904204255j:image

 

 

このH&K G11電動ガン

スタンダードタイプとDXタイプと

2種類がありDXの場合は予備マガジンが

標準で付いてきますので2本あります。

 

 

 

 

 

 

使用するためには

まず組立作業から・・・となりマス。

 

 

 

 

次は組み立てを行います。

 

 

 

G11の号外記事は・・・

続くぜ!