DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

木のおウチだから?次の木製ストックは?

何でこの時期は

こんなに木製ストックの銃と

縁があったのだろう?

 

 

今から振り返っても

とっても不思議

(;´・ω・)

 

 

 

 

タイトルからもうお分かりでしょう。

ええ・・・また木製ストックですが何か?

 

 

 

 

 

 

どん

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210918210235j:image

 

 

マルコシ 「スーパー9」カスタム

木製ストック付きモデル

 

 

 

です。

 

 

 

この銃は、たまたま通りかかった

オフハウスを覗いたら出会いました。

 

 

プライスに少し戸惑い

ショーケースの前で小一時間悩みましたが

せっかくなので・・・

(;・∀・)買っちゃった

 

 

 

 

 

 

スーパー9(SS-9000)系のライフルは

前出記事でも多数紹介しましたが

お付き合いください。

 

 

 

 

 

 

レビューだワショーイ

(/・ω・)/

 

 

 

■全景■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210918210154j:image

 

 

このスーパー9は、サムホール付きのストックで

ドレスアップをされています。

 

個人的に、初めてのボルトアクションが

スーパーXだったせいなのか・・・

サムホール付きストックの握りやすさや

構えやすさが好きなのデス。

 

 

 

なおこの形状・・・

テクニカのSTAGEⅢ-DXに似てるので

もしや・・・と思い見て見ると・・・

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210918210214j:image

 

 

 

ステッカーは貼ってなかった。

(;´・ω・)

 

 

またチャンバーやシリンダーの形状からも

所持しているテクニカのそれとは異なるので

恐らく他店のチューンと思われます。

 

 

■スコープ■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210918210209j:image

 

 

似合うかな?

 

 

という理由だけでこのスコープにしました。

 

何故かって?

何となくマットな質感のものより

グロスの質感が似合うかなと思ったから・・・。

(;´・ω・)

 

 

 

 

 

■マガジン■

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210918210220j:image

 

 

 

SS-9000のアップデートパーツが

そのまま現代も引き継がれるとは

スゴイ伝統・・・

 

 

リアルさとは無縁ですが、

弾を撃ちだす道具として考えると

秀逸なシステムと設置位置なのでしょうね。

 

 

 

 

 

 

なお、このモデルはニコイチであることが

解ります。

 

 

 

その理由はココ

 

 

 

まずはアッパーレシーバーの

この痕跡・・・

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210918210212j:image

 

 

これはスーパー9プロのリアサイトが

搭載されていた場所に該当します。

部品は外されていますが、間違いなく

9プロのレシーバーですね。

 

 

 

 

かと思いきやココは・・・

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210918210233j:image

 

 

バレルハウジングです。

この形状はSS-9000及びスーパー9のもの。

9プロ及びXグランデは細長い形状です。

 

 

 

 

つまり

バレル側・・・9

レシーバー側・・・9プロ

というニコイチで仕上がっているのデス。

 

 

中古だったから中身は不明なのデス。

 

 

 

 

 

 

 

■トリガー■

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210918210201j:image

 

 

 

多分純正だと思います。

パーティングラインが確認できます。

 

 

 

■ストック■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210918210217j:image

 

 

 

このストックに目を惹かれたのは

この素晴らしいステッピング加工デス。

 

ストック前方と

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210918210158j:image

 

 

グリップ部に施されています。

これはすべり止めに大変有効で

非常に使いやすいです。

 

またグリップは見た目より細身で

思いのほか握りやすいのであります。

 

 

年に1度あるかないかですが

店舗型シューティングレンジに行き

この銃を撃っていると、それはそれは

人の視線を感じます。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210918210204j:image

 

 

パッドプレートには

Bisley  の文字がアリマス。

実銃用をスーパー9用に加工したのか?

それともトイガン用ストックに

Bisleyのパッドプレートを付けたのか?

 

 

不明デス。

 

 

 

■アウターバレル■

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210918210228j:image

 

 

アウターバレルはインナーも兼ねており、

俗にいうバレルジャケットではなく、

一本物のバレルです。

 

見た目は非常に華奢ですが、

金属の一本モノなので

剛性が非常に高いのです

 

 

■シリンダー■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210918210225j:image

 

 

 

ロームメッキが施されています。

ストックの飴色と相まって

非常にきれいな風合いをしています。

サバゲー用というよりは

プレシジョンシューティング・・・いや、

装飾用の銃としての方があってるかな。

 

 

■ボルトハンドル■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210918210206j:image

 

 

 

ワタシの大好きなモーゼル98kタイプ。

やっぱりコレが一番好き。

引きやすくてカッコよくて。

 

 

■サムホール付きグリップ■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210918210230j:image

 

 

 

昔の雑誌で見たテクニカの広告

STAGEⅢ-DXのカッコよさ

今でもたまに見返すけど

やはり色あせない・・・。

 

先述のステッピングと相まって

握りやすく、トリガーも引きやすい。

 

シアの落ちる感覚も解りやすい。

 

 

■ノズル■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210918210222j:image

 

 

 

このスーパー9が「たぶんテクニカじゃない」

最大の理由はココ。

 

 

テクニカのシリンダーはこうじゃなくて

先端にノズルが付いていないタイプ。

 

 

このスーパー9はノズル付き。

 

 

というわけで、

たまたまオフハウスで出会った

スーパー9でした。

 

 

 

 

普段は私のガンロッカーの

「木製ストックコーナー」で

静かにたたずんているこの銃ですが

ひさびさに・・・

 

 

 

 

撃ちますよー

 

 

 

というわけで次は発砲動画です。

 

 

続くのでーす。

(*・ω・)ノ