DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

好きすぎて あぶない刑事 タカのM586の次に欲しくなるのは・・・コレですよねぇ

平日の外回りで

足を運ぶ機会の多い場所に

偶々・・・そう、偶々なのだが、

ガンショップが多い。

 

 

 

 

ワタシは広域を飛び回る仕事をしているので

移動も多く、距離が長い。

また空き時間が発生することもしばしば。

 

 

そこでそのよく「足を運ぶ界隈」の

ガンショップの中に、唯一気さくに話が出来る

店舗がある。

 

 

そのお店では、現代のサバゲーマー向きの

最新電動ガンは売られておらず、

またカスタムも行っておらず、

どちらかと言うと「懐古趣味」のおじさんが

喜ぶタイプのお店。

 

そこのショーケースで見つけてしまった。

 

 

 

 

 

いくぜ!

どん!

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211018223930j:image

 

 

MGC  コルトローマンMkⅢ

クラシックタイプ モデルガン

 

 

 

 

そう

 

前出記事はタカのM586

続けてコイツに巡り会えるとはな。

 

 

というわけで、このコルトローマンを

レビューしていきましょう。

 

ユージィ

シマツショーイ

ワショーイ

(/■ω■)/

 

■外観■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211018224029j:image

 

 

このコルトローマンMkⅢクラシックタイプは

私たち刑事ドラマ好きの人には

「脇役の刑事さんたちが使う銃」

であるとともに、忘れてはいけないのは

 

 

あぶない刑事

初期のテレビシリーズで

柴田恭兵さん扮する大下勇次の使用する

拳銃である

 

 

です。

 

 

タカを演じた館さんからは

設定銃のリクエストがありM586に決定したが、

ユージ を演じた柴田さんからは、

特にコレといったリクエストが無かったようで

他の刑事さんたちと同じコルトローマンを

使用する事になったと何かの記事で読みました。

 

 

以後のテレビシリーズや映画などにおいては

他の刑事さん達とは違う設定銃ながらも、

柴田さん演じるユージ はスナブノーズを

最後まで使用し続けていました。

 

 

■グリップ■

このローマンをショーケースで見つけた時は

ビビッと来ましたね。

店長さんに「コレ!下さい!」と

伝えた時

「お!気付きましたね。

 そうなんです。コイツは掘り出し物です」

とおっしゃいました。

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211021120624j:image

 

なんと木グリが付いていたのです。

本体は発火済みだったものの、

見える部分は綺麗でしたし、

売価も手頃だったので良い買い物をしました。

 

 

■刻印■

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211018224026j:image

 

 

左側面は

LAWMAN  MKⅢ


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211018223942j:image

 

右側面は

☆357  MAGNUM  CTG☆

MODELGUN CORPORATION

 

現代のリアルな刻印とは異なり、

こうしたデフォルメやオリジナル刻印でも

全ッッ然構わないです。

 

 

だって

ファンは胸を熱くした時代の忘れ形見だから。

 

 

 

■アウターバレル■

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211018224011j:image

 

 

このコルトローマンMKⅢは

当時2インチモデルと4インチモデルが

ラインナップされていて、それゆえに

アウターバレルは本体と別パーツで構成。

色合いの違いが表れていますね。

 

 

 

 

■フロントサイト■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211018223949j:image

 

 

S&Wのスナブノーズ

M10と良く似たタイプ。

背が低く小振りな形状をしております。

ドロー時、衣服に引っ掛かりづらい形状です。

また傾斜部には反射防止のために

セレーションが彫られています。

 

 

■リアサイト■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211018223933j:image

 

調整式ではなく彫り込まれているタイプ。

ココもS&W  M10と良く似ていますね。

 

 

射手から見たエイムビューは・・・

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211018224008j:image

 

 

こんな感じ。

まあ遠距離のプレシジョンシューティング用では

ありませんので、見た目はシンプル。

機能的にも必要にして充分と言ったところ。

 

 

ちなみに


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211018224023j:image

 

 

射撃場のシーンも作中において数多くあり、

ユージを演じた柴田さんは、こんな風景を

ご覧になりながら大下勇次になっていたのだと

思います。

 

 

 

■ハンマー■

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211018223946j:image

 

 

S&Wでは2000年以降のrevisionに於いて

施された変更でしたが、コルトにおいては

かなり早い段階でファイヤリングピンは

ハンマーではなく本体側に装着されてました。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211018223952j:image

 

タカのM586と比較しますと

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211018224032j:image

 

 

ハンマーのファイヤリングピンが

COLT・・・なし

S&W・・・あり

 

 

です。

 

 

コルトとS&Wですが、

このコルトローマンのある部分を見て、

若干コルトの方が先進的だった部分があります。

 

 

それがココ

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211018224002j:image

 

 

ハンマーブロックシステムです。

 

ハンマーにファイヤリングピンがないという事は

本体側にピンがあるという事になりますが、

そのピンを誤って叩かないようにいう

安全機構が備わっています。

 

実銃のS&Wにこの機構が備わったのは

2000年以降のようです。

 

 

 

■トリガー■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211018223954j:image

 

 

セレーション等は無い

オーソドックスなタイプ。

 

パーティングラインが確認できます。

 

 

■シリンダー■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211018223937j:image

 

 

このコルトローマンのインサートは

デトネーターも兼ねております。

 

近代的なモデルガンでは、

カートリッジ内にデトネーターがあり、

発火するタイプが多いですが、

この時代のMGCやコクサイといった

モデルガンメーカーのリボルバー

こうしたタイプの機構でした。

 

 

■エジェクター■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211018223939j:image

 

 

コルトローマンで

好みが分かれるのはこの部分ですね。

 

エジェクターロッドシュラウドの有無です。

これは「何の影響でローマンが好きか?」に

因るのではないでしょうか?

 

 

ワタシの場合は言わずと知れた

あぶない刑事 ユージの影響です。

 

実はあぶない刑事はほとんどリアルタイムで

視聴したことはありません。

リアルタイムで視聴して覚えているのは

ごく数話のみです。

 

 

映画「またまたあぶない刑事」これを

金曜ロードショーで見たことがキッカケで

熱が上がってしまい、好きすぎる人になって

しまったのでアリマス。

 

 

 

■カートリッジ■

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211018224017j:image

 

 

ワタシは発火いたしませんので、

中のファイヤリングピンやOリングは

抜き取った状態で保管していて、

カートリッジだけの状態で手に取ります。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211018223959j:image

 

 

実弾の357マグナムとは大きく異なる

そのケース長の長さ・・・。

 

でも初めてコルトトルーパーを手に入れた

今から30年前は、こんな造形がとてもカッコよくて

手に取るたびにワクワクしたものです。

 

もちろんリアルなものもイイですが、

あの時のときめきは忘れられませんね。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211018224005j:image

 

 

先ほど、あぶない刑事にハマったきっかけは

金曜ロードショーの「またまたあぶない刑事」と

書きましたが、あの作中で描かれていた

とあるシーンはワタシの心を大きく揺さぶり

アツくさせ・・・そして現在の時間の過ごし方を

決定づけたと言っても過言ではないのデス。

 

次の記事では

このコルトローマンに対する想いを

”あるパーツ”とともに語らせていただきます。

 

 

 

人はこの優しさを

クールと呼ぶ-

 (。■`ω■)