DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

ビクトリーショーの戦利品を・・・見るッ!②

前出記事ではアクセサリーショップ

サージェンツ・ハートさんでの

掘り出し物となりましたが、

続いては・・・

 

 

宮崎商店と書いてあるお店の

ブースでシタ。

どうやらシカゴレジメンタルスさんに

関連するお店のようです。

 

 

こちらではこんなものが目に留まり

購入と相成りまシタ。

 

 

 

どん

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220116180332j:image

 

 

 

梱包・・・

(;´・ω・)

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220116180349j:image

 

 

 

ビニールを上下にかぶせていただき

持ち帰ったのですが、ビニールと取ると

緩衝材でぐるぐる巻きに・・・。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220116180314j:image

 

 

この状態・・・

ワタシはこのエアパッキンで梱包されたものを

一つ一つ丁寧に解いていくのが大好きで

キレイに解けると嬉しくなります。

 

 

もちろんきれいなエアパッキンは

再利用できるように保管してあります。

 

 

今回は・・・と・・・

( ・∀・)どれどれ

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220116180338j:image

 

 

 

ココにラッピングフィルムの端っこがある

ココから解けばキレイにイケるな

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220116180355j:image

 

 

 

端をつまんで持ち上げて

くるくると解いていく・・・

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220116180401j:image

 

 

 

ラッピングフィルムが解けると

お・・・見えてきましたね。

 

 

 

購入したのはこれでシタ。

 

 

 

ドン

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220116180358j:image

 

 

 

マルコシ

スーパーXグランデ

 

 

なぜこれを購入したかというと・・・

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220116180335j:image

 

 

 

マイクロサイトに

汚れ・・・

(;´・ω・)

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220116180311j:image

 

 

 

サムホールにも

汚れ

(;´・ω・)

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220116180346j:image

 

 

レシーバー

マガジンにも

汚れ&サビ

(;´・ω・)

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220116180344j:image

 

 

そうなんです、

清掃されていないため格安だったのですが、

汚れたまま陳列されているスーパーXを見て

 

 

(レストアしてもう一度命を吹き込みたい)

 

 

そういう思いがわいてきたのデス。

 

 

ワタシが子どものころには

ボルトアクションと言えばスーパー9プロ

 

そしてスーパー9プロより少し遅れて

「グランデ」の名を冠して平成の世に

復活したこの銃を見たときは衝撃でシタ。

 

 

(スーパー9に続いてスーパーXまでも・・・)

 

 

憧れた「かの名銃」が埃まみれのこんな姿で

シューター・サバゲーマー達の目にも留まらず

ずっとワイヤーメッシュに掛けられたままで

ポツンと孤独に佇んでいるその様を見て何だか

居た堪れない気持ちになってしまいました。

 

 

(キレイにしてあげるからな・・・)

 

 

 

そう思いながら連れて帰りまシタ。

 

 

 

取り急ぎ、家で0.2gのバイオBB弾を込めて

1発試射すると・・・

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220116180305j:image

 

 

 

作動は全く問題なし。

汚れているというだけなので

分解クリーニング・オイルアップして

組み立てれば十分また遊べます。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220116180320j:image

 

 

初速も81.25mpsと十分ではないでしょうか?

 

 

続いて、KSファクトリーというブースで

発見しました

 

これめっちゃ探してたんです・・・

 

 

 

 

どん

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220116180329j:image

 

 

 

小っっさ!!

 

 

拡大してドン

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220116180404j:image

 

 

 

空っぽ?

 

 

・・・違います。

商品は裏にアリマス。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220116180323j:image

 

 

 

WA M1911

ノバックサイトとフロントサイト

 

 

 

探してたんです。これを!

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220116180326j:image

 

 

 

これをご覧の皆さまからすると

「別にノバックサイトなんて珍しくナイ・・・」

 

 

 

 

そうなんです。

普通のノバックサイトなら珍しくないんです。

コレはフツーのノバックサイトじゃないんです。

(  ・∀・)♬

 

 

 

このノバックサイトは現行SCW以前の

WAのタイプRガバメント用で

「なんちゃってノバックサイト」なんです。

 

 

よく見てみると

何がフツーのと違うのかわかります。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220116180317j:image

 

 

 

アサイトの白いドットの下・・・

アールが出来ているでしょう?

これがフツーじゃないノバックサイトの証

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220116180308j:image

 

 

 

どうしても

このアールが付いた

なんちゃってノバック・・・いわば

偽物ノバックサイトが欲しかったのでアリマス。

 

それはですね・・・

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220116180340j:image

左:マルイMEU純正

中:今日買ったもの

右:マルイハイキャパ4.3

 

 

裏返してみると・・・

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220116180352j:image

 

 

 

通常ノバックサイトは照門側の土台が平らで

スライドもそれに合わせて平らに加工され

均されています。

 

 

先日購入したダブルベルのデルタエリートも

同じカスタムを施したのですが、

同じサイトをスライドに搭載し、

アサイトを大型化したのデス。

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220116180430j:image

 

 

 

こういったフィクストサイトを外して

ボルトオンで搭載できる

お手軽ノバックサイトなんです。

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220116180434j:image

 

 

 

WA デルタエリートもリアサイト紛失から

ノバック化してあるのですが、このパーツを

搭載しているのでアリマス。

 

いつ紛失して必要になるかわからないので

常にストックしておく必要があったのデス。

 

 

というわけで、ビクトリーショーの戦利品

その2でした。

 

 

続いてその3・・・デス。

 

 

 

続くよ

(;´・ω・)