DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

ようやくフツーの・・・いやフツーじゃないんだけどよ

今日のタイトル

 

 

自分で発言して

自分でツッコむ

 

 

 

コレもトイガンライフ第6章でゲットした銃の

一つでアリマス

 

 

 

 

どん

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220123230512j:image

 

 

 

東京マルイ スタンダード電動ガン

M16A1 初期型

 

 

 

ええ、そうなんです。

初期も初期・・・ド初期です。

 

 

 

ワタシのトイガン史上、

初の「フツーの電動M16A1」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

 

 

       

        \フツーの…じゃねぇよ/

ヽ(`Д´(○=(・∀・#)

プギャッ!

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・すみません・・・刑事さん。

正直に白状しますと

 

 

 

 

 

このM16A1は確かに秘密がある。

でもスタンダード電動ガンであることには

間違いありません。

 

 

 

 

 

秘密は後ほどデス。

 

 

 

ではレビューをします。

ヒミーツ

レビュー

ワショーイ

(/・ω・)/

 

 

 

■外観■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220123230608j:image

 

 

まずは外観ですが・・・

 

嗚呼・・・AR15,この角度からのビュー

 

 

A2やA4、M4なんかもいいケド

A1もやっぱり・・・いいぜぇ

 

 

いかんいかん

 

 

気を取り直してレビューするのデス。

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220123230515j:image

 

 

オーソドックスな外観。

スコープとチークを足している以外は

特にそれっぽいカスタムは見られません。

そんな左側面ですが、この画像に銃の秘密が

隠されています。

 

 

答えは後ほど・・・。

 

 

 

■アウターバレル■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220123231647j:image

 

 

風合いから見て取れるように

ABS樹脂製デス。

 

 

またA1ということで、

ここ最近のタクティカルなモデルになれると

非常に細身に感じられますね。

 

 

 

どれくらい違うかというと・・・

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220123230519j:image

 

 

 

ハイダーベトナムですが、

これは「マッドポリス80」で

氷室キャップを演じた渡瀬恒彦さんが

劇中使用していたM16E1をモチーフにして

M16A4にベトナムハイダーをつけたものです。

 

 

これはバレル径が約19㎜ってところです。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220123230543j:image

 

 

対してA1だと・・・約16ミリ強ってところですかね。

 

 

よく見るとパーティングラインまで見える

今にして思うとめちゃくちゃおもちゃ感満載

 

 

 

電動ガンが出始めた当時は

まだアサヒやJACがハイパワーを競い

けが人まで出ていたころです。

 

 

電動ガンに対するガチのサバゲーマーからの

冷たい視線・・・

「ラジコンかよ(笑)」

 

 

 

しかしあれから30年。

もはやBV式ガスガンなど絶滅して久しく、

ワタシのような偏屈おじさんくらいしか

マジで使おうとするやつはいないだろう。

 

 

 

 

つい昔を思い出してしまった・・・

次いこ、次!

(^▽^;)

 

 

 

 

 

 

 

■フラッシュハイダー
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220123231747j:image

 

 

 

現在のスタンダード電動ガン

金属製のハイダーだったはずですが、

初期型はコレもABS樹脂でシタ。

 

 

 

■フロントサイト■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220123230551j:image

 

 

 

アウターバレルやハイダーだけではナイ

なんとフロントサイトまで樹脂製。

 

 

 

これ、開幕ダッシュでコケたら

一発で割れるな・・・

(;´・ω・)

 

 

 

■ハンドガード■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220123230602j:image

 

 

 

これは・・・まぁ樹脂ですよね・・・

フツー

(;´・ω・)

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220123230558j:image

 

 

 

 

ガスチューブが再現されています。

 

 

 

■刻印■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220123230502j:image

 

 

 

AR-15の刻印です。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220123230605j:image

 

 

 

このシリアルナンバーは

50538982 とありますが、

同じ金型からできているので

全部同じナンバリングです(笑)

 

 

ごくまれにオークションにて

トイガンに対し、あまり知識のない方が

「ガスガンです。必要な方どうぞ」

的な投げ売りっぽい出品をしているのを

見ることがあります。

 

 

レシーバーの風合いから「?」と思ったら

すぐにここをチェックします。

 

 

 

こうした出品物は格安放出が多かったり

タイトルに正確なメーカー名や

電動といったワードも乗らないことも多く

意外と競ることなくすんなりと落札できる

場合も少なくないです。

 

 

 

 

■チークパッド■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220123231651j:image

 

 

 

これ・・・「アルファ?」ってメーカーだった

気がするんですが、記憶が曖昧で・・・。

 

 

 

仕事で東京に行ったときに足を運んだ先で

中野というところにあったガンショップで

発見しました。

 

 

 

店内にホルスターがずらーッとぶら下がってて

やる気のなさそうな陳列状態

 

 

 

仕事が早く片付いたので

店内を色々物色してたら

奥の方で同じものを2個発見しました。

 

 

一ついくらだったか覚えていませんが

メーカー希望小売価格は¥10,000近かった

記憶がアリマス。

 

 

2個まとめ買いしたので

 

 

「2個合わせて¥10,000でイイよ」と

店主のおじいさんが割引してくれました。

 

 

ラッキーでした。

 

 

 

 

でも・・・

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220123230540j:image

 

 

 

貼り合わせ部分が・・・ホラ

大きさが左右あってないし・・・

(;´・ω・)

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220123230457j:image

 

 

チークの右上・・・

気泡が出来ちゃってる・・・

 

 

 

ひどい仕上がりでしょう?

恐らく注型を繰り返すうちに金型が劣化して

歪んでしまったのでしょう。

その歪んだ金型でできた粗悪なものも

そのまま小売店に卸したのだと思います。

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220123231655j:plain

 

 

 

オマケに開封したらキズだらけだったし(笑)

 

 

 

まぁ使う分には問題ないので、

特に気にはしていませんケドね。

(;´・ω・)

 

 

 

■スコープ■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220123231750j:image

 

 

 

撮影に際し自宅にあったテキトーなスコープを

搭載しました。

ちなみにこのスコープは昨年秋の

新潟への出張でゲットしたものです。

 

 

 

deltaelite-10mmauto.hatenablog.com

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220123230508j:plain

 

 

 

ウインデージ・エレベーションとも

クリック感があり操作してて気持ちイイです。

 

 

 

■マガジン■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220123230547j:image

 

 

 

このスタイルを見て、

以前からワタシのブログを

ご購読の読者さんはお気づきの事と存じますが

このスタイルは東映Vシネマ「狙撃3」で

仲村トオルさんが劇中使用したM16A1を

イメージしてパーツチョイスしたものです。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220123230505j:image

 

 

 

この「狙撃」シリーズは

ゴリゴリの設定でガンマニア向けの・・・

というよりも、わずかにみられるくらいの

あっさりとしたテイストで銃器をストーリーに

盛り込んでいるので、初めての視聴から実に

30年以上たった今でも味わい深く物語と

銃のかかわりを見ることが出来ます。

 

 

刑事ドラマ好きな方、特に

西部警察やあぶない刑事がお好きな方、

東映Vシネマ「狙撃」絶対ハマると思います。

 

 

 

■エジェクションポート■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220123230523j:image

 

 

 

ココは現代のスタンダード電動ガンと違い

チャーハンを引いても動きません。

 

 

現行品はここにHOP調整があるので

開けることが出来るのですが、

初期型M16A1はHOPが無いので

動かなかったのでアリマス。

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220123230554j:image


 

 

 

とまぁここまでツラツラと書いてきた

M16A1「スタンダード」電動ガン

 

 

 

そう

 

 

秘密というのは

「カスタムされた個体」である・・・

なのデスが、何のカスタムなのか?

 

 

 

 

これも歴史を感じるものですわ・・・

 

 

記事・・・?

続けるサ・・・

(。-`ω-)y-.。o○