DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

なんとなく、オークション・・・な銃

なんとなく、クリスタル

 

 

これは田中康夫氏が執筆した

小説のタイトルである。

( ˘ω˘ )

 

 

 

 

 

 

 

 

今日のお題

「なんとなく、オークション」

 

 

 

 

これは若かりし頃よりワタシが繰り返す

失敗のパターンである

(;´・ω・)

 

 

 

 

 

 

 

そうです。

 

 

 

 

 

 

どん

 

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220205151607j:image

 

 

 

タナカワークス

S&W M29 classic 4インチ

ペガサスリボルバー ver1

 

 

 

 

である

(;´・ω・)

 

 

 

 

 

 

 

アンダーラグ付きリボルバーカッコイイな

(  ̄▽ ̄)

 

 

お!これもいいなぁ

( ̄▽ ̄ )

 

 

 

 

そうしているうちに

 

 

 

 

 

ウォッチリスト代わりに

ポチっておこかな

(  ̄▽ ̄)まぁ無理だと思うけど

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おめでとうございます

商品を落札しました

 

いや~ん

  (;´・ω・)

 

 

 

 

といういつものアレです。

 

 

 

 

 

 

偶々格安で出品スタートだと

入札したのを忘れて後で落札して

思い出すのデス。

 

 

 

というわけで、

なんとなく、我が家にやってきた

S&W M29 classicをレビューします。

 

 

 

ナントナーク

クラシーック

ワショーイ

(/・ω・)/ミ

 

 

 

 

 

■外観■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220205151627j:image

 

 

 

同じModel.29のナンバリングにも関わらず

「スタンダード」と「classic」

違いはいったい何なのか?

それはアンダーラグの有無です。

 

 

初期のM29はエジェクターロッドシュラウドが付き

バレルそのものは細身でありました。

 

 

 

しかしclassicはアンダーラグを備えており

細身なスタンダードモデルよりも

力強くがっしりとした印象がある。

 

 

特に6.5インチ以上のバレルを持つモデルは

その力強さと長さがマッチして

非常にカッコよく見える

 

 

 

ワタシ・・・

アンダーラグが好きすぎるおじさん

(;´・ω・)

 

 

 

■刻印■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220205151558j:image

 

 

バレルにSMITH&WESSON の刻印。

文字のフォントがスタンダードモデルより

重厚なカンジ。

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220205151640j:image

 

 

 

反対側には 29classic と刻印されています。

スタンダードモデルでは口径を刻印してました。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220205151633j:image

 

 

 

 

フレームの部分はMADE IN JAPAN

TANAKA WORKS の文字が躍る。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220205151623j:image

 

 

 

サイドプレートにはS&Wのロゴがある。

その下にTANAKAWORKS。

 

 

グリップで隠れてしまっていますね。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220205151617j:image

 

 

 

 

シリンダーをスイングアウトすると

ココにMod.29とさりげなくホラ。

 

 

 

KSCのロゴ探しみたいな気持ちですな

 

 

 

■F/Rサイト■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220205151611j:image

 

 

 

 

オーソドックスなレッドランプ入り

やはりこれがあると狙いやすい。

 

 

視認性が高く、多少銃を動かしていても

赤は目立つのでサイティングに有効です。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220205151620j:image

 

 

 

アサイトは上下左右フルアジャスタブルで

照門には白い塗料が塗られています。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220205151630j:image

 

 

 

サイトピクチャーはこんな感じ

リアにピントを合わせていても

フロントサイトのレッドランプは

認識しやすいですね。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220205151602j:image

 

 

 

フロントサイトにフォーカスすれば

この通りです。

 

 

見やすい

(  ̄▽ ̄)

 

 

 

 

■グリップ■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220205151614j:image

 

 

 

オーバースクエアです。

 

 

形状としては銃本体とバランスはいいです。

グリップの後方下部が膨らんでおり

個人的には握りづらいという印象。

 

 

ワタシの好みとしては

ホーグのモノグリップ・・・ですね。

 

 

 

■トリガー■

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220205151636j:image

 

 

これは・・・ワイドトリガー・・・かな?

それともセミワイド・・・かな?

 

 

 

縦のセレーションがなく、

ツルっとした印象ですね。

 

 

 

■メカ■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220205151555j:image

 

 

 

タナカワークスのペガサスリボルバー

2000年代初期から市場に出回り始め

登場したての頃はハイパワーを売りにして

個体によっては夏場に120mps/0.2gもの初速を

叩きだしたものがありまシタ。

 

 

もちろん2006年の法改正により

パワーは抑えられてまいりましたが、

実はワタシが当時購入した個体の中に

カスタムバルブを組んだものがあり、

それはドライヤーで温めると136mps/0.2gという

脅威的な数値をマークしていました。

 

 

 

あんなもの危なくて使えないよ。

今は平和で安全でいい時代です。

 

 

 

 

ちなみにこの個体は

ver1でアリマス。

 

 

 

どうやって初速を規制しているのか?

それはココなんです。

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220205151643j:image

 

 

 

ガス放出口に真鍮製のカラーを埋め込み

ガスルートを絞ることでパワーを抑えています。

 

 

 

当時、猶予期間というものがあり、

2006年の法改正から半年間の間に

処分又は順法措置を取ること・・・とあり

メーカーさんに連絡を入れると、

法対策用のパーツを無料で送ってくださり

それを装着することでパワーを抑える

ことが出来たのデス。

 

 

当時所持していたものの中で

・ペガサスver1  

・マルシンMAXIリボルバー8.375インチ

これらが該当していた銃でしたので、

タナカさん・マルシンさんへそれぞれ連絡し

順法措置を取ったのでアリマス

 

 

その時、対策パーツを少し多めに入手し、

その後に法規制対策改修をしていない

ペガサスを入手した場合でも、

こうして対策できるようにしていました。

 

 

ちなみに自宅にあるペガサスで

ver1メカはすべて同じ処置をしてあります。

 

もうアップデートパーツが無いので

もし中古等でペガサスver1を手に入れた場合は

自作の金属カラーを圧入して対策しています。

 

 

 

 

というわけで

なんとなく、オークションで

いつものごとくやらかしたことで

我が家にやってきたS&W M29 classicでした

 

 

 

発砲動画の前に、

ちょっとした比較記事をお目に掛けます。

 

ご覧ください。

(*・ω・)ノ