DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

人生初のリボルバーサバゲー

本日はワタシの人生で初の

リボルバーによるサバゲーとなりまシタ

 

 

リボルバー

サイコー

ワショーイ

三””(/・ω・)/

 

 

 

以前、7月にこちらのフィールドで

ゲームを行った経験から、

 

・長モノが使いづらいCQB

・インドアで0.2g縛り

・結局ハンドガンしか使わなかった

 

これらを踏まえてワタシが選んだのは

リボルバーによる参戦でシタ。

 

 

 

定例会と違い、仲間内での貸し切りのため

和気あいあいとエンジョイできる環境で

思い切り楽しめると判断したのですが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220226212037j:image

 

 

 

思いっきり緊張した・・・

 

 

 

何がって・・・

 

 

 

火力が全然違うのさよ

(;´・ω・)

 

 

まず最初に直面したのは

冬でもガンガン撃てるCO2ガスブロとの

圧倒的火力の差

 

 

 

マジで考えたマジで悩んだ

どうすればいい・・・

どうすれば生き延びられる・・・

ひきつけて・・・回り込んで

これはいい勉強になりまシタ。

 

 

 

 

リボルバーで戦うには

立回りがオートよりさらに重要で

戦い方が全然違うというのも

よくわかりまシタ。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220226212026j:image

 

 

 

まずワタシが午前中のゲームで

モチーフにしたのは

あぶない刑事 鷹山刑事「タカ」

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220226212030j:image

 

 

ショルダーホルスター「striker」に

マルシン S&W M586 Xカート

インドアで交戦距離が短いことから

0.2gで初速90mpsを超えるカスタムの方は

危険と判断し、安全仕様である

ノーマル個体+プライマーブレッドの

仕様で臨んだ。これでも初速は

65mps前後出ている。問題なしである。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220226212040j:image

 

 

 

そしてこちらもstrikerにS&W M49

同じくマルシンXカートシリーズである。

 

 

ペガサスも考えたのだが

あまりサブを抜く機会はないのでは?と

残弾5発で立てこもるなんて、たまりまセブン

(/ω\)きゃー

 

 

というわけで、進んで緊張感を味わいたい

若干あぶない趣味を匂わせつつ出撃

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220226212043j:image

 

 

そしてゲーム開始直後

人生初のリボルバーによるキルをゲット!

 

 

 

「うわ~!リボルバーにヤラレたぁ~!」

 

 

敵チームに回ったグループの仲間から

うれしいヒットコール・・・感謝ッ!

 

 

思ったよりキルが取れたというのが

正直な感想です。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220226212034j:image

 

 

 

それと緊張が最高潮に高まるのは

リロードの瞬間ですね。

 

 

プレスチェックをして

残弾1発ならば、すぐにリロードしておく。

そうでないと正面に敵が来て撃ち合いになった時

大変なことになります。

 

 

 

しかし

 

 

残弾2発の時は悩む・・・

 

 

リロードか?

それとも1発応射してからの

回り込みズドンか?

 

 

チキンな私はリロードを選択。

結果これでよかったかなと思う。

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220226212142j:image

 

 

お昼ゴハンを食べ終わった後の

午後のゲームから銃を変更した。

 

 

 

次の銃は

タナカワークス

コルトパイソンRモデル

PPCカスタム+木製グリップ

    と

同じくタナカワークス

S&W M36チーフスペシャ

ホーグ木製グリップ

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220226212145j:image

 

 

 

ホルスターは厳密にいうと

タカとハトは違うものを使っていますが、

ココはストライカーの使いまわしで

雰囲気重視です。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220226212138j:image

 

 

 

ヒップホルスターだけ、ストライカーから

イーストAに変更。

刑事部屋で見る鳩村刑事の腰には

チーフが縦に収まってたような気がする。

 

 

そうそう!これはワタシだけ?

PPCと違って「ハトのチーフ」って

あまりフィーチャーされず

情報が少ない気がしませんか?

 

 

 

旭工房さんのブログだったかな?

「ハトのチーフはデホーンドハンマーで

 バナナ形状のグリップだった」と

懐術されているのを見たことがアリマス。

 

 

そのため雰囲気を重視し、

ホーグの木グリを装着しているのデス。

 

 

 

 

 

そして午後の数ゲーム後、

幹事・ゲーム進行をしている同僚から

 

弾数制限戦を行います

 

という

提案がされた。

 

 

これは、全員装弾数が10発まで。

もし撃ち切った場合はドライファイヤ不可

制限時間まで逃げ切るべし・・・というもの

 

 

 

その時、たまたま手に取ったのは

コレでした。

 

 

 

どん

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220226212149j:image

 

 

マルシン S&W M29クラシック改

PPCカスタム 6.5インチラウンドバレル

西部警察 沖田・山県仕様モデル

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220226212135j:image

 

 

 

コイツを準備してたのですが、

この時、同僚からさらに追加提案で

 

 

 

「女性の方は弾数20発

 男性の方は弾数10発

 

 ・・・でも例外として

 DT10㎜AUTOさんは

 本日リボルバーなので・・・」

 

 

 

 

 

\なになに?/

 (  ・ω・)?

 

 

 

 

 

一人だけ

6発で(笑)

 

 

 

 

こらーっ!

 

 

 

マジか!

12発って言ってくれると思ったのに

 

 

 

というわけで、沖田五郎になりきり

フィールドイン

 

 

 

 

 

 

結果・・・

 

 

 

 

 

なんと6発中、4発キルを取る!

めちゃめちゃ効率の良いゲーム

 

 

 

最後の1発でチームの大ベテランを

キルした時は、本当にうれしかった。

その方は非常にスキルの高い方で

いつもやられっぱなしだったので

大金星を獲得!

 

 

 

 

 

 

続いて通常のカウンター戦に戻り

今度はこれですわ・・・

 

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220226212217j:image

 

 

 

このホリゾンタルスタイルから

ドローされるのは・・・

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220226212236j:image
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220226212230j:image

 

 

 

どん

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220226212221j:image

 

 

タナカワークス

コルトパイソンRモデル

2.5インチ+サービスグリップ

「もっとあぶない刑事 ユージ仕様」


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220226212226j:image

 

 

 

これこれ!

タカとユージ・・・どっちもやりたかったの!

 

 

ペガサスの中でも比較的後出の

パイソンRモデル。

 

 

弾道はまっすぐ安定そのもの。

これはよかった。

 

 

 

 

 

 

この時点で14:00を経過していて

若干焦り始める。

 

 

 

 

 

やべえ・・・もっとなり切りたい!

 

 

次は・・・えと・・・

 

 

 

 

コレ!

 

 

 

ドン!

 

 

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220226212307j:image

 

 

 

マルシン S&W M29クラシック改

西部警察 リキのマグナム

 

   と

 

 

西部警察つながりということで

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220226212310j:image

 

 

 

マルゼン CA870ソードオフ改

団長のレミントンにまだ改造途中なやつ(笑)

 

 

 

 

唯一リボルバーではない

ショットガンで出撃

 

 

 

なんとこれでもヒットが取れる。

まっすぐに飛んでいくBB弾

さすがマルゼンさん・・・

いい仕事してますねぇ・・・

 

 

 

 

実は今日、ほかにも

・タナカワークス 

パイソン2.5インチ R以前のモデル

 

deltaelite-10mmauto.hatenablog.com

 

・タナカワークス

コンバットマスターピース

 

deltaelite-10mmauto.hatenablog.com

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220226212314j:plain

 

 

 

・タナカワークス

S&W M10 ミリタリー&ポリス

S&W M13 FBIスペシャ

コルト ディテクティブスペシャ

FCW

ウェブリー CO2樹脂ボディモデル

 

などを持ち込んでいましたが、

タイムアップで使いきれませんでした。

(;´・ω・)

 

 

 

 

弾数が少ないというハンデ

そしてリロードの緊張感

たまりませんでしたよ

(*・ω・)ノ

いわばリアカンと同じですからね

残弾管理もシビアになりますわ。

 

 

 

子どもの頃に見た刑事ドラマの

カッコイイ役者さんたちの多くは

リボルバー拳銃を使用してました。

 

 

 

当時の視聴者で、今もこうして

トイガンを手にしていて

カスタムやコレクション、サバゲー

楽しんでいるファンも数多くいます。

もちろん私もその一人です。

 

 

 

昔は性能のいいエア・ガスリボルバーがなく

セミオートと撃ち合いなど夢のまた夢と

何度も悔しい思いをしてきました。

 

 

しかし・・・

 

 

今日、リボルバーで戦ってきた

ブラウン管の中のヒーローに

なりきることが出来たのデス。

 

 

 

夢が・・・長年の夢が・・・叶った。

 

 

 

 

この緊張感と高揚感

ワタシはこの日を一生忘れないでしょう。

メーカーエンジニアの皆様に

チームの仲間に

フィールド運営の各社様に

SNSでイイねを下さった皆様に

 

 

心からこの喜びと感謝を伝えたいです。