DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

トイガンライフ第7章の1発目はコレ!

光物のまばゆい光に吸い込まれ

ワタシのトイガンライフ第7章は始まった。

 

 

 

その始まりの銃は・・・

 

 

 

 

 

どっ・・・

   ・・・ん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(なんか歯切れ悪い)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220319151220j:image

 

 

 

コクサイ

コルトパイソン ガスリボルバー

4インチ シルバーステンレスモデル

”スナイピングシステム”搭載

 

 

です

 

 

 

 

 

 

光物ブームの記念すべき一発目を

レビューいたしましょう

 

 

 

 

コクサーイ

ステンレース

ワショーイ

=”(/・ω・)/

 

 

 

 

■外観■

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220319151239j:image

 

 

 

実はこのパイソン・・・

ジャンク品として格安で手に入れました。

ご覧の通り、表面のフィニッシュが

だいぶくたびれているんです。

 

 

しかし撃つことには問題がなかったので

ワタシは気にせずにゲットしました。

 

 

 

しかし・・・

 

 

 

いや・・・今は何も語りますまい・・・

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220319151217j:image

 

 

反対側のビュー

嘗ては「リボルバーのコクサイ」と言われ

モデルガンの時代から数多くのファンを魅了

その仕上がりはガスリボルバーも然り

非常にいい仕上げでシタ。

 

 

 

残念ながら実射性能に関していえば

当時のオート拳銃には遠く及ばず

サバゲーでの撃ち合いに・・・なんて

夢のまた夢でシタ

(;´・ω・)

 

 

 

 

■刻印■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220319151248j:image

 

 

 

実射性能はさみしい限りですが、

仕上げの良さはピカイチでシタ。

 

 

この個体は残念ながら表面が荒れており

ジャンクとなっておりますが、

刻印・・・キレイでしょう。

そしてエジェクターロッドの先端・・・

これもまたキレイに仕上げられています。

 

 

 

実銃の世界でコルトパイソンと言えば

「拳銃のロールスロイス」なんて

言われていますよね。

 

当時のコルト社においては腕のいい職人さんが

1挺1挺丁寧に仕上げていたそうです。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220319151202j:image

 

 

 

サイドプレートにもお馬さん

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220319151205j:image

 

 

 

メダリオンにもお馬さん

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220319151245j:image

 

 

 

こういう刻印一つをとっても

さすがコクサイ・・・素晴らしい

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220319151228j:image

 

 

 

JASGの刻印と製造番号・・・カナ。

 

 

 

■フロントサイト■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220319151223j:image

 

 

 

残念ながらサイトピンが1本欠品しています。

 

 

と、難ありなモノの、やはり仕上げ一つ一つが

非常に素晴らしい。

 

コルトパイソンというと私たち日本人にとっても

なじみのあるリボルバーでファンも多い銃デス。

 

 

 

 

そのイメージを壊さない

非常に素晴らしい仕上げです。

さすがリボルバーのコクサイ。

 

 

 

■リアサイト■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220319151214j:image

 

 

 

そしてリアサイトも上下左右調整可能な

フルアジャスタブルサイトとなっております。

豪華・・・

(/・ω・)/

 

 

 

 

 

なのデスが・・・

これ・・・持病なのかな?

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220319151243j:image

 

 

 

黄色で〇した箇所。

本来はビスで調整できるようになっていて

スプリングが入っているのですが、

ここのネジが抜けてしまうことがアリマス。

 

 

ちなみにワタシはこのシルバーを含めて

4挺のコクサイパイソンを所持していますが、

そのうち半分2挺がこの症状。

 

 

その他、購入後に手放した個体も含めると

相当数がこの症状だったです。

 

 

 

■トリガー■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220319151251j:image

 

 

 

縦にセレーションがガッツリ入ってる。

このトリガーなんですケドね

ワタシはフィーリングがとても好き。

 

 

特にシングルアクションの

ハンマーを起こした時の

一連の作動全てが気持ちイイ。

 

 

 

 

■ハンマー■

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220319151234j:image

 

 

これもきれいに再現されていて

親指を掛ける時が楽しい。

 

 

以前のコクサイパイソン(黒)の記事でも

同じことを書きましたが、

YouTubeにおいてアメリカ在住の日本人

Daijiro357さんという方が

「パイソンのシングルアクションの気持ちよさ

 これはもう格別・・・」と評していました。

 

 

同じコクサイでもモデルガンは握ったことがなく

あちらはわかりかねますが、

このガスガンのハンマー・・・すごくキモチいい

 

 

リボルバー好きな方にはぜひお試し頂きたい

タナカのパイソンも悪くない

KSCのVシリーズもいいデス。

 

しかしこの「カチッ」というキレ・・・

これはコクサイが一番気持ちイイ。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220319151237j:image

 

 

 

S&Wでは2000年代以降のモデルでしか

見ることが出来ない形状。

 

 

コルトは早い段階からファイヤリングピンを

ハンマーではなく銃本体に取り付けており、

ハンマーブロックシステム等の安全対策も

施してあったのデス。

 

 

 

 

我々日本のトイガンファンが知る

S&Wの機種はファイヤリングピンがあり

なんとなく違和感を覚えがちですが、

この部分についてはコルトの方が

先進的だったのカモしれませんね。

 

 

 

 

■マズル■

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220319151226j:image

 

 

 

 

キリッとしたライフリング

これ一つとっても仕上げの良さがわかります。

 

 

 

■グリップ■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220319151231j:image

 

 

 

 

一瞬木製グリップに見えますが、

これ樹脂製なんです。

もうヤバいってばこの仕上がり。

 

 

 

確かに現代は実銃にさらに近い

タナカさんやKSCさんといった

いいお仕事をなさっているメーカーがある。

 

 

 

しかしなかなかどうして・・・

コクサイ・・・改めていいメーカーだと

感じてしまいます。

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220319151211j:image

 

 

 

ガス注入口はグリップ底部にアリマス。

ごくまれに木製グリップで適合不明と

オークションやリサイクルショップ

見かけることがアリマス。

意外とコクサイ用だったりすることが多い。

 

 

その時はこの注入バルブ用の

切り欠きをチェック。

後方だったらコクサイ用の可能性大。

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220319151208j:image

 

 

 

というわけで

コクサイ コルトパイソンでシタ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実はこのパイソンで

ワタシのトイガンライフ第7章において

暗い影を落としてしまったのデス。

 

 

 

自らの手で銃をダメにしてしまった。

 

 

パイソン・・・ごめん