DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

単なる作品への回想ではナイ、タイトルは【おじさんと銃】だ。

昭和版 「狙撃」について

先日の記事で書き綴りましたが、

本日はその続きです。

 

 

 

昭和版でも登場する銃器、

特に日本映画史初登場となるモデルや

役者さんたちのガンアクションなど

見どころ満載の作品なのですが、

ワタシの意見として、

最大の見どころと言えば

加山雄三さんのガンアクションです。

 

 

そのアクションは、ワタシも初めて

「そうしたドロー方法がある」という事を

初めて知った・・・ということ・・・です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初にそのシーンを見たときは

「え???なになになにいまの?」と

非常に戸惑いを覚えて

何度か巻き戻し→再生を繰り返して

確認してしまったほどです。

 

 

 

 

 

最初は「なんだそりゃ?」と思った

加山さんの銃さばきが、実は大変に

難易度の高い技であると知り、

それをいとも簡単に繰り出して

アクションを続けていく加山さんの

すごさを初めて知りまシタ。

 

 

 

そして作品の特典映像で、この作品の

銃器に関するアドバイザーであった

WAの国本社長のインタビューがあり、

あのファストドローのシーンについて

コメントをされていました。

 

 

 

 

で、

 

 

 

 

 

その作中、加山さん演じる松下が

射撃しているシーンなのですが、

見ているとどうもオカシイ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

あれ・・・リボルバーだよな

(◎_◎;)

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220428032753j:image

 

 

 

銃をホルスターに収納し、

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220428032904j:image

 

 

 

 

 

 

素早くドローして・・・

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220428032938j:image

 

 

ファニングでバンッ!

 

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220428033008j:image

 

 

 

 

・・・排莢

 

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220428033036j:image

 

 

 

 

そして弾を1発装填し・・・

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220428032753j:image

 

 

 

また銃をホルスターに戻す。

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220429234938j:image

 

 

そしてまた素早くドローして

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220428033134j:image

 

 

 

 

ファニング!

 

 

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220428033008j:image

 

 

また排莢→1発だけ弾を込める・・・

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220428033036j:image

 

なのだが、

 

 

 

映像をよく見てみると、

リボルバーなのだが様子がおかしい。

 

 

 

なぜか1発しか装填しないし

排莢も都度行っている。

 

 

 

そして何より

 

 

 

リボルバーなのに

スイングアウトしていない。

 

 

 

 

(なるほど・・・シングルアクション)

 

 

 

 

 

でもオカシイ。

 

 

 

 

 

 

なぜ1発ずつなんだ!

装填も排莢も!

(; ・`д・´)

 

 

 

 

それに

 

 

 

ちょっと待った!

今、銃口

水平のまま

薬莢が出たぞ!

(; ・`д・´)

 

 

 

 

その答えは

加山雄三さん演じた松下が、

敵と戦うために選んだ拳銃に

秘密があったのです。

 

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220428033747j:image

 

 

 

狙撃の記事は続くよー