DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

素晴らしい仕上げ リボルバーの○○○○

「シルバー」

「ステンレス」

 

 

 

 

光物ブームの時は

毎日ずっとこの検索ワードで

オークションサイトやフリマサイトを

食い入るように見ていた私。

 

 

 

 

 

 

おかげで

「お!これいいじゃん!」

(  ・∀・) ♪

 

「やや!これは素晴らしい銃だ!」

♬ (・∀・  )

 

 

 

 

 

 

気が付くと部屋の中は銀ピカデス。

 

 

 

 

ガンロッカーに入りきらなくなり、

とうとうガンロッカーとは反対の

壁一面は光物コーナーになった。

(;´・ω・)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして次に目について

手に取った銃は・・・これでシタ。

 

 

 

 

 

 

 

どん

 

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220515020914j:image

 

 

 

コクサイ コルトパイソン

ガスリボルバー 6インチ

COLT PYTHON 357MAGNUM

 

 

です。

 

 

 

 

 

 

 

というわけで

今日の記事ではコクサイパイソンを

レビューいたしましょう。

 

 

 

コクサーイ

ステンレース

ワショーイ

(/・ω・)/

 

 

 

 

 

■初めに・・・■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220515021011j:image

 

 

 

見てクダサイヨ

このキレイなヘアライン仕上げの

メッキ・・・。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220515020908j:image

 

 

 

驚くなかれ

この個体は既に発売から

30年以上が経過しているのデス。

 

 

 

にもかかわらず、この輝き

すごいでしょう。。。

 

 

 

 

当時、メーカーのコクサイは

リボルバーのコクサイ」と異名を取り

それはそれは素晴らしい仕上げの

リボルバーを多数世に送り出しまシタ。

モデルガン・ガスガンと多岐に渡り、

特にモデルガンのラインナップについて、

S&Wのリボルバー

J・K・L・Nの各フレームを網羅。

 

コルト社も

・ローマン

・トルーパー

・パイソン

 

その他、スーパーブラックホークといった

シングルアクションリボルバー

販売ラインナップに加わっていました。

 

 

 

残念ながら工場の火災という

大きなトラブルに見舞われてしまい

コクサイ自体はトイガンから撤退。

金型はサンプロが引き継いで

「コクサイ」の名を冠したブランドで

発売は継続しておりましたが、

それも数年前に終了いたしまシタ。

 

 

 

惜しいメーカーをなくしました。

(;´・ω・)

 

 

 

■外観■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220515020942j:image

 

 

 

先日の記事もシルバーのパイソンでしたが

こちらは元からリアルカートモデルであり、

モデルガンメーカーでもあったコクサイが

その技術力を注ぎ製作したガスリボルバー

 

 

 

 

表面仕上げ

カチッとしたアクション

 

 

 

発射性能重視のマルイとは異なり

よりリアルな実銃に近いテイストを

我々消費者に届けてくれました。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220515020939j:image

 

 

 

後ほど動画でもご覧いただきますが、

静止画だけでは中々この質感が

伝わらないと思うので、

こうしてレビューしながらちょっと

じれったい感じがします。

 

 

■フロントサイト■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220515021017j:image

 

 

 

マルイのパイソンとは異なり

こちらにはレッドランプがアリマス。

 

 

こうした部分の再現性が素晴らしいデス。

 

 

 

 

■リアサイト■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220515020925j:image

 

 

 

上下左右フルアジャスタブルの

アサイトですが・・・

 

 

 

 

 

 

 

この個体も・・・

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220515021019j:image

 

 

 

アサイト基部の破損による浮き

(;´・ω・)

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220515020917j:image

 

 

 

 

初めて買った個体も

中古でゲットした3インチも

第7章幕開けの4インチシルバーも

そしてこの6インチシルバーも

 

 

 

全てに例外なくこの症状。

 

 

 

 

 

■刻印■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220515020931j:image

 

 

 

PYTHON357の刻印

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220515021006j:image

 

 

 

 

おっと、こっちはマルイと違う。

サイドプレートのお馬さんは同じだが、

トリガーガード前後に謎のマークが。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220515020859j:image

 

 

 

 

これはおそらく製造ロットだったり、

パーツの製造工場IDだったりと、

色々な意味があるのだと思うのデスが

この手の小さな刻印類はトイガン化において

デフォルメされてしまうことが多々ありマス。

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220515021008j:image

 

 

 

しかしさすがリボルバーのコクサイと

異名を取っただけのことはありマス。

こういうところにもしっかり手が入ってます。

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220515020957j:image

 

 

 

 

バレル右側の刻印です。

これはマルイと同一でシタ。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220515020922j:image

 

 

 

マルイと文字は同じだけど

フォントが少し異なるのカナ?

 

 

 

あと、ここもポイントですな・・・ココ

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220515021003j:image

 

 

 

ASGKの刻印。

 

 

実はコクサイはASGKJASGとなり、

あるロット以降からはここの刻印が

JASGとなっています。

 

 

 

つまりASGK刻印があるという事は

このモデルはかなり古いロットであると

いう事を表しているのでアリマス。

 

 

 

 

 

 

■トリガー■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220515020936j:image

 

 

 

縦に溝が切られており、

トリガーを引きやすいよう、

滑りづらくなっております。

 

 

 

■ハンマー■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220515020928j:image

 

 

 

 

これも実銃により近づけた造形で

雰囲気を醸し出しています。

 

なおマニュアルセイフティが搭載されて

ハンマー後部のラッチを前進させると

ハンマーコックが出来なくなりマス。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220515020954j:image

 

 

 

 

実銃のS&Wでは2000年代以降となりマスが

コルトでは先行してファイヤリングピンの

ボディー側搭載というのは行われていて

ハンマーコックするとこのように

ファイヤリングピンのない真っ平な

カタチをしております。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220515020903j:image

 

 

 

ファイヤリングピンはボディー側に。

 

 

 

 

 

■グリップ■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220515020857j:image

 

 

 

この銃のグリップは元々木グリ風の

樹脂製グリップでシタ。

 

 

 

実はこの光物ブームの頃

銀ピカ + ラバーグリップ

というモノトーンがマイブームとなり

このグリップは3インチモデルに

純正装着されていたものを

シルバーに付け替えました。

 

 

 

deltaelite-10mmauto.hatenablog.com

このグリップと着せ替え交換しました。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220515020949j:image

 

 

 

そうそうこのグリップ・・・

思い切りパックマイヤーと

グリッパーの文字が入ってるの。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220515020919j:image

 

 

ほらね・・・

(;´・ω・)

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220515020905j:image

 

 

 

商標登録っていうのかな?

コレ・・・イイのカナ?

パックマイヤー側からライセンスを受けて

作っているのならば問題ないけど

アバウトな時代の製品だからなぁ・・・

 

 

 

 

■マズル■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220515020911j:image

 

 

 

マルイパイソンはマズルパーツが別構成で

銃口からインナーバレルを組み込む

特殊なつくりをしており、若干見栄えについては

コクサイに譲りマスね。

 

 

どうですか?

ガスリボルバーとはいえ、

素晴らしい仕上げです。

 

 

 

 

 

 

■シリンダー■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220515020933j:image

 

 

ガス式パイソンのシリンダーには

初期型・中期型・後期型を問わず
全てインサートが入ってます。

 

 

 

先端の弾頭部分がゴム製のため

スピードリロードには不向きで

やさしい装填が求められます。

 

 

 

 

■HOPUPシステム■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220515020952j:image

 

 

 

コクサイのHOPUPシステム

「スナイピングシステム」搭載です。

 

 

 

しかしこのHOP・・・

ものすごく天を衝くような弾道が

印象的です。

 

 

 

 

■エジェクター■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220515021000j:image

 

 

 

マルイパイソンでは動きませんでしたが

コクサイのはバッチリ動きます。

 

 

 

またエキストラクターの中心・・・

よく見てクダサイ。

 

ココもマルイと違い実銃に近い造形。

後方のピンがしっかりとシリンダーを保持

 

 

 

■フォーシングコーン■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220515021014j:image

 

 

 

ケースとして非常に少ない例ですが

もしコクサイリボルバーの中古品を

店頭などでお買い求めの場合は、

この部分に脱落や割れ・破損がないか

見ておいた方がいいデス。

 

 

■カートリッジ■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220515020945j:image

 

 

 

 

インサート入りシリンダーのため

先端がゴムのカートリッジデス。

 

 

 

 

というわけで、次の記事では

コクサイのパイソンを撃ちます。

 

 

 

コクサイパイソンの

記事はつづくよ

(;´・ω・)