DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

モデルガンのような仕上+パワーに拘ると、こうなる

マルイのコルトパイソン

コクサイのコルトパイソン

 

 

 

 

2挺続けて銀のコルトパイソンと

相成ったここまでのトイガンライフ第7章

光物ブームですが、次はコレです。

 

 

 

 

 

 

 

 

どん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220515151137j:image

 

 

 

タナカワークス

コルトパイソン 6インチ シルバー

ペガサスリボルバー 初期型

 

 

 

です。

 

 

 

 

 

      \いいかげんにしなさい/

ヽ(`Д´(○=(・∀・#)

 

 

 

 

 

 

コルトパイソン、何挺目よ?

おまけにシルバーの6インチを

3挺続けて買うってなんなん?

 

 

 

 

 

光物ブームの怖いところ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

光ってたら、つい

買っちゃうの・・・

(/ω\)きゃー

 

 

 

 

 

 

 

 

通常、銃を買いたくなる時って

■ドラマの登場人物の影響

■映画の中で使われていた

■雑誌などで特集が組まれていた

■好きな機種のシリーズだから

とか、いろいろ理由はあるでしょう?

 

 

 

光物ブームに理由はない

 

 

 

 

 

もう一度言います。

 

 

 

 

 

 

 

 

光ってたら、つい

買っちゃうの・・・

(/ω\)きゃー

 

 

 

 

 

 

というわけでタナカワークスの

ペガサスパイソン6インチシルバー

 

 

 

 

 

 

レビューしてまいりましょう。

 

 

 

 

 

 

タナカワークス

パイソーーン

ワショーイ

(/・ω・)/

 

 

 

 

 

 

■外観■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220515151235j:image

 

 

 

 

 

タナカワークスさんと言えば、

東京CMCの流れを汲むモデルガンメーカー

ガスガンにおいてはペガサスシリーズ、

その他、セミオート拳銃では

ルガーP08や9㎜拳銃など、

他社にはないラインナップで

私たちファンを楽しませてくれます。

 

 

長モノではガスガン史上に残る名作

ライブカート式ボルトアクション

レミントンシリーズをリリース。

 

 

その一方でモデルガンメーカーとして

非常に高い技術力に再現性をお持ちで、

近年発売されたデザートイーグル

リアルな質感に確実な作動性で、

多くのガンマニアを支持を得ています。

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220515151208j:image

 

 

 

コルトパイソンと言えば、

ガンマニアであれば誰もが知る銃で

各社が挙ってモデルアップをする機種ですが、

見てクダサイ・・・この質感・・・

伝わりますか?この輝き・・・

 

 

さすがモデルガンメーカーのタナカワークス

コクサイのリボルバーもいい質感ですが、

甲乙つけがたい・・・

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220515151148j:image

 

 

 

メッキも全体的につやがあり、

鏡面仕上げとまではいかないものの

近くを覗き込むと景色が映りマス。

 

 

個人的な感想ですが、

シルバーのボディに黒のグリップが好みです。

シンプルでカッコいい。

 

 

 

 

 

■刻印■

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220515151241j:image

 

 

ここ最近パイソンの記事が続いてるので、

若干食傷気味ですが、この刻印・・・

 

やはりイイ。

 

 

表面フィニッシュの輝きとも

マッチしております。

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220515151211j:image

 

 

マルイ・コクサイと同様に

サイドプレート部分にはお馬さん。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220515151214j:image

 

 

しかしココには刻印が・・・ナイ。

 

 

コクサイの時はトリガーガード付近に

刻印があったのに。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220515151152j:image

 

 

 

バレル右側の刻印は・・・

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220515151159j:image

 

 

 

実銃とは異なるオリジナル刻印です。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220515151205j:image

 

 

 

 

フレーム右側には特に刻印がなく、

プレーンな状態です。

・・・現行品のRモデルでしたっけ?

元箱にコルトの木箱を模した様な

ラッピングがしてあったかと思います。

もしかすると現行ロット品は

ライセンスを取得してこうした部分も

より再現性が上がっているかもデスね。

 

 

なおRモデルも自宅にありますが、

これは後ほどレビューを行いますので

ココでは比較を割愛します。

 

 

 

 

■マズル部分仕上■

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220515151229j:image

 

 

 

マルイパイソンでは発射性能重視で

こうした細部に実銃とは異なる造形が

いくつか見られたのですが、

こういう部分は流石タナカワークス。

 

 

モデルガンに劣らぬ高い再現性を

持っています。

 

 

 

■フロントサイト■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220515151134j:image

 

 

 

しっかりと別パーツで作り込まれ

ピン2本で固定されております。

 

 

サイトにはレッドランプが組み込まれ

サイティングの補助となっています。

 

 

 

 

■リアサイト■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220515151217j:image

 

 

 

上下左右フルアジャスタブルです。

先日のコクサイ製パイソンにおいては

どのグレード・バレルレングスも

ココの部分に破損がある有様でしたが

タナカ製のモノはしっかりと取付てあり

ガタつき・グラつきはありません。

 

 

 

 

■トリガー■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220515151232j:image

 

キレイにメッキされており、

縦の溝もしっかりと再現されています。

コクサイのも美しかったですが

タナカワークスのトリガーも

洗練されていて美しいトリガーです。

 

 

 

 

 

トリガーガード下部から覗く。

パーティングラインもキレイに処理され

玩具っぽさはありません。

トリガーガード内には見受けられるものの

さほど気にするものではありません。

 

 

 

■ハンマー■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220515151202j:image

 

 

 

 

仕上げの良さが静止画を通し手感じられます。

 

実際に親指を掛けてコックするときの

あの感覚・・・

 

これからパイソン購入ご検討の方、

今まさにイイ出物をお探しの方、

ぜひ味わっていただきたい・・・

 

 

 

あの滑らかなシングルアクション

(    ̄▽ ̄)♬

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220515151144j:image

 

 

 

ハンマーにはファイヤリングピンがなく、

銃本体側のピンを叩きます。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220515151155j:image

 

 

 

 

ファイヤリングピンブロックが内蔵され

ハンマーダウンした際の暴発事故を

防ぐのに一役買っています。

 

 

 

 

■シリンダー■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220515151223j:image

 

 

ペガサスシステム内蔵で

装弾数は13発となりマス。

 

しかしこの個体については

カスタムを施しているため

リアルカウントの6発となりマス。

 

 

 

 

 

それにしても・・・

美しい銃ですね・・・。

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220515151141j:image

 

 

アンダーラグ付きリボルバー

カッコイイ。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220515151226j:image

 

マルイのサテンシルバーや

コクサイのヘアライン仕上げも

非常にいい仕上がりで

それぞれが素晴らしかったのですが、

タナカのパイソンもいい仕上げ。

一番ステンレスに近い風合いカモです。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220515151244j:image

 

 

 

357マグナムの6発装填。

「GAS」と入っているリムが注入用の穴

所定の位置に回してガス注入。

 

 

 

■ラッチピン■

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220515151238j:image

 

 

 

極太で堅牢なラッチピン。

S&Wのリボルバーとは異なり、

前後のロックではなく後方のみでロック。

 

 

 

というわけで、ここまでは

外観部分のレビューを行いました。

 

 

 

 

 

 

実はこのパイソン、カスタムをしてあります。

ゆうたそさん お待たせいたしまシタ。

 

 

ワタシが施したカスタム・・・

まずはその第1歩です。

次の記事は必見なのでアリマス。

 

 

 

パイソンの記事は続くよー

(*・ω・)ノ