DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

【謝罪】リアルカートで弾が出るパフォーマンスセンターが欲しい

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220613000329j:image

 

 

 

昨日の記事でアウターバレルの仮組

イイ感じの仕上がりではないでしょうか

 

 

それぞれ異なる別メーカーのパーツ

心配だった色の度合いも自然なカンジ。

 

 

 

で、

 

 

 

アウターバレルにはまだ加工が必要。

それはマズル部分です。

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220613000409j:image

 

 

これは元々の状態。

銃口はBB弾の通り道ギリギリくらいの

大きさしか開口されていない。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220613000354j:image

 

 

奥にインナーバレルが見ます。

これ、電動ガンとかでもサプレッサーを

付けた時に見る現象なのですが、

BB弾がバレルから飛び出した後、

こうした外装パーツやサプレッサー内に

当たってしまい、弾が明後日の方向に

飛んで行ってしまうことがアリマス。

 

 

そうした事象を防ぐために、

アウターバレルの銃口部分を

少し広げます。

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220613000321j:image

 

 

 

ほいッ完了。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220613000318j:image

 

 

 

 

マルシンのフレームにはアウターバレルが

回転しないようにピンが撃ってアリマス。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220613000339j:image

 

 

 

タナカのアウターバレルにも

このピンに挿さるような穴を開けます。

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220613000351j:image

 

 

 

1.5㎜のドリルで穴をあけます。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220613000348j:image

 

 

 

 

ほいッ☆空きました。

後はバリを除去して表面を平らに均します

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220613000342j:image

 

 

 

 

うん、ピンの位置もバッチリでした。

 

 

 

続いて、アウターバレルを被せるため

抜け止めを製作します。

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220613000308j:image

 

 

 

アウターバレルは被せるだけ。

ただしサバゲーやインドアマッチで

振り回しても抜けないように、

マスキングテープで抜け止めします。

 

 

 

少し太めに巻いておき、

入る処まで徐々にテープを剥がしていく

引き算式のやり方です。

 

 

 

バレルジャケットの一番前とバレル基部に

この抜け止めを作っていきます。

2つあればバッチリ振り回せます。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220613000336j:image

 

 

 

グイっと押し込んで、銃口側から

ゴムハンマーでコンコン叩き込み完了。

 

 

メンテナンス等でバレルを外すときは

まずアウターバレルを手で引き抜きます。

バレルとフレームに隙間が出来たら

ヘラを使って隙間を広げていき、

てこの原理でバレルを前方に押し出し

取外しします。

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220613000345j:image

 

 

 

続いてグリップの加工。

タナカのパフォーマンスセンターは

ホーグのモノグリップが付いており、

シルバーとブラックのモノトーンが

とっても映える組み合わせ。

 

 

 

マルシンも同じように

グリップは黒に塗装しますが、

本家パフォーマンスセンターより

ちょっとおしゃれに♬

メダリオンも入れちゃいます。

(*・ω・)ノ

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220613000315j:image

 

 

 

 

メダリオンの位置をざっくり罫書

毛がいた部分をリューターで削り

窪みを作りマス。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220613000403j:image

 

 

 

 

 

メダリオンを仮組します。

右はバッチリ。

左はちょっと失敗した・・・

(;´・ω・)

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220613000400j:image

 

 

 

 

塗装前の一枚。

この状態でもまあ悪くないですケド。

 

 

なんかアンブレラリボルバーみたい。

 

 

 

 



f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220613000412j:image

 

 

 

グリップを黒に塗装しました。

本当はもう少し黒!にしたかった。

なんとなく下地の茶が残るな。

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220613000357j:image

 

 

 

 

メダルを入れて接着。

 

 

 

本体に装着して・・・

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220613000406j:image

 

 

 

スクリューを絞めこんで・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

お待たせいたしまシタ

 

■リアルカートで

■弾が出る

パフォーマンスセンターが欲しい!

(; ・`д・´)うおー

 

 

 

 

ワガママを叶える

the謝罪カスタム!

 

 

 

 

 

 

ご覧ください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220613000332j:image

 

 

 

マルシン 

S&W M629クラシック

8.375インチモデル改

 

パフォーマンスセンター

リアルカートガスリボルバー

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220613000312j:image

 

 

 

 

近代的で洗練されたバレル

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220613000326j:image

 

 

 

黒で握りやすくて

メダリオン入りのグリップ

 

 

 

 

 

ワガママカスタムの

完成でーす

ワショーイ

(/・ω・)/☆