DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

【謝罪】出来上がった銃をタナカ製と・・・比べるッ!

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220613011022j:image

 

 

 

出来上がりまシタ。

マルシンM629クラシック

8.375インチ 改

 

パフォーマンスセンター

リアルカートカスタム

 

 

 

 

 

難しい技術は不要ですし、

高価な工具も不要です。

 

 

お手軽にパフォーマンスセンターが

リアルカート化できましたのデス。

 

 

 

では今回の動機のもととなった

タナカワークス製のモノと

並べて比べてみましょうか・・・

 

 

 

 

ナラベール

ヒカーーク

ワショーイ

(/・ω・)/

 

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220613011019j:image

左:マルシン  右:タナカ

 

 

 

 

他社製品とはいえ、

同じM629ベースなわけですから

そっくりですよね。

 

 

とはいえ異なる点もあるため、

今回の記事はそこを徹底比較します。

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220613010944j:image

 

 

 

ガスタンクとグリップの兼ね合いで

タナカ製よりマルシン製の方が全体的に太い

そういった印象がアリマス。

 

 

実際に握るとかなり違いがアリマス。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220613011025j:image

 

 

 

アウターバレルは全く同じ。

ココだけ見せられたら、

どっちがどっちだかわかりませんね。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220613011014j:image

 

 

アサイトの形状が違う。

 

実は先端が四角いのが通常M29

丸みがあるのがクラシックタイプ。

 

 

しかしマルシンはクラシックなのに

先端が四角いリアサイト。

 

 

恐らくこれは昔のM29の金型で

引き続き製造されてるからと推察。

 

小変更・改良は重ねられていますが、

こうした細かいパーツは意外と

あの頃と変わらないモノもアリマス。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220613010947j:image

 

 

 

ハンマーも・・・ちょっと違うかな?

タナカ製の方が小振りに見えます。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220613010950j:image

 

 

 

グリップの違い。

ラバーと木なので質感ももちろん。

そして先述の通り太さが全然違う。

 

 

握りやすさはタナカペガサスが1歩リード。

 

 

でもメダリオンが付いてておしゃれなのは

マルシン木製グリップ

(/・ω・)/

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220613011005j:image

 

 

 

サムピースは加工しませんでした。

元の形状のままです。

 

 

タナカのパフォーマンスセンターは

2000年代以降のロックが掛かるタイプの

サムピースを再現しています。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220613011016j:image

 

 

 

マズルビューも見てみましょう。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220613011007j:image

 

 

 

タナカはライフリングのすぐ奥に

インナーバレルがありますが・・・

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220613010953j:image

 

 

 

マルシン製はインナーバレルが短いので

その分マズルを削って跳弾防止としてます。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220613010956j:image

 

 

 

シリンダーの前面も異なりマス。

こちらはペガサスなので薬室は小さく

ガスガンであるとすぐにわかりマス。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220613011002j:image

 

 

 

こちらがマルシン改

発射用カートリッジももちろんですが、

ダミーカートが装填できるのも◎

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220613010959j:image

 

 

 

 

もちろんタナカ製のモデルガンでも

ダミーカートや発火カートの

装填排莢を楽しむことは出来ますが、

今回の趣旨は

 

 

 

「BB弾が撃てるもの」

 

 

 

でしたので、こうなりまシタ。

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220613011010j:image

 

 

 

次は発砲動画になりマス。

 

 

出来上がったパフォーマンスセンターは

ちゃんと弾が出るのか?

 

 

ご覧いただきます。