DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

兄弟と比較・・・するッ!

さて、今回は比較記事デス。

連日記事にしているタナカワークス

S&W M629をある銃と比較して

その違いを徹底分析しましょう。

 

 

 

 

 

 

ヒカーーク

ステンレース

ワショーイ

(/・ω・)/

 

 

 

 

 

 

 

 

と、声高にワショーイはいいですが、

一体何と比較するか・・・

 

 

 

 

答えはこれです。

ドン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220731152213j:image

左:M629クラシック

右:M629

 

 

 

この2挺デス。

 

ワタクシ実銃のことは詳しくないですが

以前YouTubeでDaijiro357さんが

レビューしていたM629はクラシックで

氏の解説によると比較的新しいものと

思えました。

 

 

 

なので

M29・・・古いもの

クラシック・・・新しいもの

という認識をしていたのですが、

2022年現在、S&W社の公式HPを見ると

スタンダードのM629はありますが、

クラシックはHPに記載がナイ。

 

それどころかM610という

ステンレスボディに10㎜AUTOという

リボルバーがあることがわかりまシタ。

 

 

と、いずれにせよこの2挺は

兄弟銃であることには違いないので、

どこがどう違うのかを徹底比較します。

 

 

■マズルの違い■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220731152254j:image

 

 

アンダーラグの有無からくる

バレル形状の違いは

マズルフェイスにも表れます。

 

 

やはりクラシックのほうが

重厚感を感じる形状であるものの、

スタンダードのM629もシャープで

カッコいい。

 

 

 

■アウターバレル■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220731152246j:image

 

 

ワタシより上の世代はやはり西部警察

寺尾聰さん演じた松田刑事・・・

リキの使用していたマグナムによる

影響から、このバレルが好きという人が

多いと思います。

 

 

以前「リキのマグナムを作ろう」で

マルシン製クラシックを作り変え、

スタンダードなバレルにした時も、

比較的年齢層の高い方々から

好意的なコメントを多く頂戴しました。

 

 

スッキリとしていてシャープな

細身のバレルが特長的デス。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220731152258j:image

 

 

 

続いてクラシックタイプ。

ワタシはこちらのほうが好みですが、

・パイソン

・M586

といった、アンダーラグ付リボルバー

使用する登場人物がいるドラマや漫画など

その影響で考えると、CITYHUNTERや

あぶない刑事といった作品が好きな方は

こちらがいいという人が多いかもデス。

 

 

 

■刻印■

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220731152308j:image

 

スタンダードなM629は

ゴシックタイプのフォントで

SMITH & WESSON と

記載をされています。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220731152223j:image

 

 

対してクラシックの方はというと

このようにフォントが異なります。

 

 

書体はなんていうんでしょうね?

文字にも厚みがあり、

重厚感のあるバレルにはピッタリです。

 

 

 

 

■フロントサイト■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220731152242j:image

 

 

 

こちらはスタンダードのM629

フロントサイトは同じじゃないのか?と

見過ごしそうになりましたが、

実は・・・

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220731152227j:image

 

 

こちらはクラシック。

実はクラシックの方がサイトが大きいのデス。

 

よく見るとサイトを乗せている土台の

大きさが異なるのデス。

 

これはよく見ないと見落としてしまいますね。

 

 

■リアサイト■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220731152210j:image

 

 

 

こちらはスタンダードM629

サイトの前方はスクエアになっています。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220731152231j:image

 

 

対してクラシックは前方がオーバル

よく見るとフレームは同じですが、

サイト形状とサイト前方の仕上が

若干異なりますね。

 

 

■トリガー■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220731152220j:image

 

 

 

スタンダードM629はワイドトリガー

グルーブの入ったトリガーです

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220731152305j:image

 

 

クラシックはセミワイドでグルーブは無し

滑らかな表面仕上げとなっています。

 

 

■ハンマー■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220731152301j:image

 

 

ワイドな仕上のハンマーです。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220731152250j:image

 

 

クラシックもワイドなハンマー

という事は・・・

クラシックはセミワイドかと思ったけど

ひょっとしてワイドハンマー??

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220731152238j:image

 

 

2挺並べてみる。

あれれ??なんかスタンダードのほうが

バレル長くないか???

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220731152234j:image

 

 

そんなことはナイか(笑)

これは目の錯覚ってやつでしたね。

 

 

 

というわけで、

スタンダードとクラシックの

比較記事でした。

 

 

次はちょっと箸休め記事。

スピードローダーに関する

お話をさせていただきます。