DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

リキのマグナム ガスリボルバーのサービスグリップを作ろう

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220615014927j:image

 

 

またしても勢いで作ってしまった

マルシン

S&W     M29クラシック改

リキのマグナム

 

 

 

 

リキのマグナムにサービスグリップの

プロップガンが存在していた事を知り、

今回のカスタムはサービスグリップタイプを

再現する事にした

(*・ω・)ノ

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220615014904j:image

 

 

これはMGCのモデルガン用サービスグリップ

ポン付け出来ないのは百も承知で

要するにコレをベースにして、

形を成型して作れるか・・・

チャレンジしてみます。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220615014840j:image

 

 

一緒に入手したグリップアダプター

コイツは付けるかどうか、

仕上がり具合を見て決めます。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220615014807j:image

 

 

 

さて、まずはノーマルグリップを外して

MGCグリップを軽く当ててみましょう。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220615014832j:image

 

 

グリップ内にタンクのあるガスガンなので

フレーム形状は実銃とは大きく異なります。

 

 

それに同じ実銃をモデルアップしていても

トイガンメーカー各社によりサイズもマチマチ。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220615014819j:image

 

 

 

サービスグリップを当ててみる。

フレームが全く合わない。

(;´・ω・)

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220615014919j:image

 

 

オマケにガス注入口

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220615014922j:image

 

 

こんなに飛び出しちゃうし

(;´・ω・)

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220615014823j:image

 

 

ガスタンクの逃げを確保すべく、

グリップ内側をリューターで削ります。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220615014837j:image

 

 

 

プラ製グリップの裏はこのようになっており、

この補強リブ部分を削ります。

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220615014828j:image

 

 

粗方削り終えました。

それにしても雑だ・・・

(;´・ω・)

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220615014845j:image

 

 

次にグリップ付近の養生です。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220615014915j:image

 

 

MGCグリップをある程度生かして、

隙間になる部分を埋めて成型し、

それっぽく仕上げるつもりです。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220615014930j:image

 

 

 

工作のため洗面台に移動してきました。

 

グリップ作りの材料はなんと

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220615014815j:image

 

 

石粉粘土です。

コイツは乾燥したら削ったり塗装したり出来る

オマケにダイソーで安価に手に入るので、

こうしたパーツ作りにもってこいなのです。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220615014852j:image

 

 

グリップ裏に盛っていきます。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220615014812j:image

 

 

ピーマンの肉詰めの要領ですね。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220615014907j:image

 

 

そのあと銃にペタッとくっつけて

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220615014848j:image

 

 

ギューーーッと押し付けていく。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220615014941j:image

 

 

すると要らない粘土ははみ出して来ますので

ヘラで削ぎ落とします。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220615014856j:image

 

 

余分な粘土を削ぎ落としたら、

指やヘラでカタチを整えて、

サービスグリップと一体化させていきます。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220615014911j:image

 

 

後部・・・射手側も

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220615014938j:image

 

 

 

前部・・・銃口側も

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220615014945j:image

 

 

まぁこんなもんかな。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220615014934j:image

 

 

こっちもコレでいいかな?

 

 

 

 

乾燥すれば切削出来ますし、

足りなければ肉盛りも出来る。

気軽に手作り出来るので、

チャレンジしながらも気楽に楽しめる。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220615014859j:image

 

 

とりあえず出来上がったモノを

乾燥させます。