DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

(;´・ω・) 第7章の沼だったのです、この銃は・・・

先日の記事でも書きました。

 

 

第7章の沼はズバリ

 

 

S&W M629沼

 

 

 

 

 

章節そのものが沼みたいな

光物ブーム・・・

 

 

 

その中にあって

本当にヤバい沼でした。

 

 

光物が好きになりすぎる重症

アンダーラグ付リボルバーが好きで

光物と併せて重症化する合併症

そして合併症っていうのは

A+B・・・だけとは限らない。

A+B+CとかA+C+629とか

いろいろなものが合わさってくる。

 

 

そして今回レビューする銃は、

ワタシのブログには初期のころで

登場していたことがあるのですが、

そうです。第7章の頃のモノです。

 

 

 

 

 

どん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220718013756j:image

 

 

マルシン工業

S&W M629 classic

8.375インチ ガスリボルバー

 

     改

 

6.5インチ

謝罪 (株)マルシン工業御中カスタム

 

 

 

 

デス。

 

 

 

 

 

今からもう3年も経つんですね。

ブログを始めて数か月頃の記事です。

 

 

 

 

deltaelite-10mmauto.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

実はこの6.5インチカスタムを含め、

我が家には8.375インチモデルが

無傷で残っていることはありません。

 

 

全て別のモノに作り変えてしまいました。

 

 

マルシンさん・・・ごめんなさい・・・

 

 

 

 

 

というわけでマルシンさんに対する

謝罪カスタム第2弾となった

S&W M629classic改6.5インチ

 

レビューしてまいりましょう。

 

 

マルシーン

シャザーイ

ワショーイ

(/・ω・)/

 

 

 

 

 

■外観■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220718013743j:image

 

 

 

やはり…いいですねぇ

6.5インチのアンダーラグ付リボルバー

 

44マグナムのガッシリとしたボディに

シルバーとブラックのモノトーン

 

好きなものがたくさん盛り込まれた

オリジナルのリボルバー・・・

それでいてシンプル。

 

 

スクエアバットのグリップも

シャープに見えます。

 

 

■マズル■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220718013822j:image

 

 

 

ライフリングがしっかりと再現され

44マグナムの迫力を表しています。

 

 

■フロントサイト■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220718013753j:image

 

 

 

レッドランプ入りの見やすいサイト。

これは本当にサイティングしやすく、

良いサイトですよ。

 

 

 

■リアサイト■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220718013818j:image

 

 

 

本来classicですと、サイト前方は丸形で

角形のモノはM29までだったはずです。

 

 

しかし金型のベースが通常のM29、

つまり昭和の時代からの名残と思います。

 

上下左右の調整が可能です。

 

 

 

■刻印■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220718013808j:image

 

 

 

バレル左側には

Smith & Wesson

44 Magnum

 

となっており、旧来のM29とは

フォントも異なります。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220718013740j:image

 

 

バレル右側にはM29 Classic

 

 

タナカ製はM29クラシックなのに

刻印がM629・・・

 

マルシン製はM629クラシックなのに

刻印がM29・・・

 

何だか分かりづらいゾ・・・

(;´・ω・)

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220718013812j:image

 

 

 

ココはデフォルメ刻印デスね。

MADE IN JAPAN になってる。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220718013829j:image

 

 

ココも マルシンさんの刻印。

パテント対策という事で、

これは公認モデルではないようです。

 

 

 

 

 

■トリガー■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220718013826j:image

 

 

 

セミワイドタイプでアリマス。

弾きやすくていいですよ。

 

 

 

■ハンマー■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220718013815j:image

 

 

 

こちらもセミワイドとなっており、

コッキングするには違和感のない

適切な大きさです。

 

旧来のM29はワイドトリガー、

ワイドハンマーでしたが、

こちらは一回り小さいセミワイドです。

 

 

 

■HOP調整■

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220718014257j:image

 

 

 

HOP調整はこの穴から

六角レンチを挿入し行います。

 

 

時計回りで締め込んでUP、

反時計回りに緩めてDOWM

 

分かりやすい方向。

 

 

■セイフティ■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220718014301j:image

 

 

 

実銃ならセイフティはないのですが、

これはガスガンのため、

マニュアルセイフティが内蔵されています。

 

 

 

■グリップ■

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220718013832j:image

 

 

 

純正オプションパーツの

木製グリップを改造しました。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220718013804j:image

 

 

 

全体を黒に塗り込み、

グリップにはS&Wのメダリオン

埋め込まれているのでアリマス。

 

 

 

■シリンダー■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220718013747j:image

 

 

Xカートリッジシリーズは、

リアルサイズカートのため

シリンダーにインサートはありません。

 

もし実弾を装填されたら・・・ですが

そこは心配ご無用なのでアリマス。

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220718013801j:image

 

もし万一、このシリンダーに

実弾を装填しようとしても、

このように薬室がつながっていると、

隣の薬室の銃弾が爆発する恐れがあり、

おいそれと実銃もしくは改造拳銃には

なれない・・・適さない構造だと思います。

 

 

 

逆に安全対策としてはこの上ない

良い対策だと思います。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220718013750j:image

 

 

うーん・・・いい眺めだ。

マルシンさんには申し訳ないのだが、

やはりM629は6.5インチが一番だな。

 

 

 

今日の記事はこの銃の基本的構造を

レビューしました。

 

 

明日の記事では、

この個体ならではの記事を

熱を入れて書き綴ります。

 

 

変態沼は・・・続くよ。

(;´・ω・)