DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

夏休みの標語 思い込みには気を付けよう。

 

 

 

 

中古品のガス漏れマガジン

放出バルブを見て一目でピン☆

 

 

 

 

 

 

マルシン M92F

固定スライド用と思い込んで

購入→開封するも、

銃本体はマガジンを受付せず・・・

(;´・ω・)

 

 

 

元々のマガジンを取り出し

並べてみる。

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220730141143j:image

 

 

 

左:今回購入したマガジン

右:ベレッタM92Fのマガジン

 

 

 

 

 

おいおい・・・

よく見たら放出バルブ付近も

違うじゃんよ・・・

昨日の記事で自信満々に「正解はココ」とか

宣っていたよな?オレ・・・

 

 

 

 

 

 

思い込みって・・・怖い

(;´・ω・)

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220730141049j:image

 

 

 

とはいえ、せっかく買ったんだし、

ガス漏れしたままではかわいそうだ。

 

 

マガジンさん、

このおじさんと出会ったのも縁だ。

また活躍できるように、直してあげよう。

(;´・ω・)∫””よしよし

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220730141149j:image

 

 

 

まずはリークテスト。

フツーにガスを注入してみる。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220730141152j:image

 

 

 

 

注入バルブより微量にガス漏れ有。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220730141119j:image

 

 

 

 

バルブレンチでバルブを取り出します。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220730141203j:image

 

 

 

これが放出バルブ、

おおむね各社さんともこんな形状。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220730141109j:image

 

 

 

微量なガス漏れの場合は

このようにOリングへ

シリコンスプレーを吹くことで

リングが弾力を取り戻して、

また気密を保つことが出来るようになります。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220730141115j:image

 

 

 

しかし今回もしっかり直したいので

バスボンドQを使用します。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220730141159j:image

 

 

 

バルブにバスボンドQを薄く塗り、

バルブを締めて1日乾燥。

 

 

これでガス漏れは直った。

 

 

 

そして後日確認を取ったのですが、

このマガジンは同じマルシン製ですが

ベレッタではなくCZ75用のモノでした。

 

 

 

A・・・CZをお持ちの方向けに放出する

B・・・CZを私が所持して活用する

 

 

2つの選択肢がありますが、

これ以上固定スライドガスガンを持っても

使い道がないため、Aといたします。

 

 

 

 

 

あれ?

 

 

 

 

 

 

 

ちょっとまてよ・・・

 

 

 

 

 

 

そういえばベレッタM92F

似たようなこと・・・あったな

この時だ・・・

 

 

deltaelite-10mmauto.hatenablog.com

 

 

3年前の記事・・・

この時はトイガンライフ第2章

ワタシが青二才の頃だ・・・

時にして2002年だったのを覚えている。

 

 

てことは

 

分析すると・・・

 

 

 

20年前と

同じ失敗をしている。

20年前から

進歩がナイ。

 

 

 

という自分自身に対する

研究結果がまとまりまシタ(泣)

the・ノンフィクション・・・。

 

 

 

以上、大人の夏休み

 

 

工作の時間

自由研究の発表でシタ。

(;´・ω・)ちーん