DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

更に続くよペガサスリボルバー用スピードローダー製作

昨日の記事でここまでできた

ペガサスリボルバー用スピードローダー

試作2号機

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220905051542j:image

 

 

 

 

次に前回の1号の失敗を踏まえ

こんなものを用意。

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220905051515j:image

 

 

M5ステンキャップの40㎜ネジ

 

 

前回の試作1号機では、

外の太い真鍮がクレーンに当たり

正確なスピードリロードの妨げとなり

装填にもたついたというのが実情なので

今回はこんな感じで弾を押し出す機構を

作るのデス。

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220905051525j:image

 

 

 

 

こんな感じ。

要するにネジで弾を押し出すんですケド、

パイプの中にネジが埋没しないように

このような六角穴付きのステンボルトにしまシタ

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220905051508j:image

 

 

 

で、フツーに考えるとですね・・・

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220905051518j:image

 

 

アルミパイプの内径は約6㎜

ステンボルトの外径はM5なので5㎜

 

このままでは弾を押し出すことはできても

パイプの中でボルトがスカスカのカタカタです

 

 

そこで、

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220905051529j:image

 

 

 

 

隙間テープ。

 

それを・・・

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220905051452j:image

 

 

 

ボルトと同じくらいの長さにカットして・・・

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220905051457j:image

 

 

 

ボルトを包むように貼り付けます。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220905051536j:image

 

 

で、このアスパラベーコン状態のボルトを

アルミパイプに差し込みます。

 

 

 

にゅうッ・・・

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220905051504j:image

 

 

 

 

入った。

(;´・ω・)

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220905051521j:image

 

 

 

スポンジが程よい抵抗となり、

ボルトは抜けることなくしっかりと

パイプの中で踏ん張っているのでアリマス。

 

 

 

続いて使うのは・・・

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220905051500j:image

 

 

 

ステンワッシャー

これも先ほどカットしたゴムと

同じ外径なのでアリマス。

 

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220905051549j:image

 

 

まずは2枚を並べて・・・

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220905051532j:image

 

 

 

重ね合わせます。

そうするとホラ♬ピッタリ

(/・ω・)/

 

 

 

2枚を重ねた状態で薬室の穴の部分に

罫書を入れていきます。

 

 

 

そしてボルトを接着します。

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220905051539j:image

 

 

 

見栄えはちょっとアレなんですケド、

これでガッチリ止まって動かない、

突き出し棒の完成デス。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220905051545j:image

 

 

アルミパイプの先端。

これはヒントがマルイ純正ローダーで、

長物なんかによく箱に収められている奴。

 

 

 

アルミを切削して、弾ポロしないように

パイプを加工しました。

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220905051552j:image

 

 

 

切れ込みを入れたら

あとはギューッと・・・。

 

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220905051511j:image

 

 

 

 

これがアルミパイプの「リップ」になります。

というわけで今日はココまでできました。

 

 

次の記事ではこの試作2号機の

組み立て及び全景の様子をご覧ください。