DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

記事を書き終えて、銃を片付けようとしたとき・・・ふと

過去にはこんな動画も取っていました。

 

 

 

 

 


www.youtube.com

 

 

 

 

 

 

 

記事を書き終えて

このM629を仕舞おうとしたとき

 

 

 

 

(・・・。)

 

 

 

 

 

 

 

(・・・イケる)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(今なら・・・直せるッ)

 

 

 

 

 

 

 

何だかそんな気がしてきたのデス。

 

 

 

 

そこで銃を仕舞わず

工具を取り出しまシタ。

 

 

 

真夜中の修理・・・開始っ!

マヨナーカ

シューリー

ワショーイ

(/・ω・)/

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220925010828j:image

 

 

ガスリボルバーはフレーム内に

放出バルブ・ガスルート・ハンマー系統

そしてトリガー系統のパーツが入っており

まずはサイドプレートを取り外します。

 

参考までにS&Wは銃の右側に、

コルトは左側についています。

 

 

 

 

①カートリッジ取出し
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220925010832j:image

 

 

 

え?こんな初歩から手順解説?

そんな・・・と思うなかれデス。

 

事故やケガというのは、

そういったところから生まれるものデス。

実はこの記事を書いている本日、

晴天で社内が高温になり、

乗用車に置きっぱなしにしていた

S&Wのレンジバッグの中で、

ガスボンベが・・・爆発しました。

幸いレンジバッグの中での爆発で

さほど被害は出ませんでしたが、

それでもバッグを突き抜けたボンベが

社内に散らばっていました・・・。

 

 

あとで片付ければいいやと

昨日放置したことが原因です。

ですので、凡事徹底でアリマス。

 

 

 

 

②シリンダー取外しf:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220925011139j:image

 

 

 

 

トリガーの上にある

このスクリューを抜いて

シリンダーを取り外します。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220925010953j:image

 

 

こんなふうに外れます。

スクリューを外した後、

スイングアウトして前方にスポッと抜いて

取り外しします。

 

 

 

③グリップの取外し

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220925010957j:image

 

 

 

グリップスクリューを外します。

そうするとグリップは取れます。

 

なおモデルガンやペガサスとは異なり、

リアルカート式ガスリボルバー

左右からスクリューが入っているモノが

殆どなので、両方外してください。

 

※今回は全分解不要なので、

 左側は外さなくても結構です※

 

 

 

 

 

グリップが外れました。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220925011001j:image

 

 

 

次はいよいよ本丸のサイドプレートです。

 

 

 

 

④サイドプレート取外し
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220925011005j:image

 

 

 

これはメーカーによりマチマチですが

コクサイのM629ガスリボルバー

3か所のスクリューで固定されてます。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220925011010j:image

 

 

 

スクリューを3か所抜いた後、

隙間にマイナスを突っ込んで、

サイドプレートを少しずつ持ち上げます。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220925011013j:image

 

 

するとこのようにトリガー・ハンマー、

リバウンドスプリングなどが見えます。

 

初めて分解にチャレンジする人は

分解前に平たいケータイで

画像をたくさん撮影した方がいいデス。

もし撮り忘れた又はすでに分解しちゃった

そんな人は上の画像を参考にしてみてください。

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220925011017j:image

 

 

↑ はサイドプレートの裏側の画像。

サイドプレートが何故重要パーツかというと

ガスルートが備わっていることが多いからです。

 

生ガス噴射を繰り返したり、

銃に衝撃を与えてしまったり、

打ち所が悪いと、即廃棄なんて事も・・・

まさに「打ち所が・・・」なのデス。

 

 

 

 

⑤内部パーツの確認
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220925011021j:image

 

 

 

 

まずはハンマーの正常な停止位置の確認。

完全にダウンし切る前で止まっていますが

これで正常です。

ハンマーが落ち切った瞬間イコール

放出バルブを叩く瞬間なので、

ハンマーが少し戻っているこの状態が正解

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220925011025j:image

 

 

 

放出バルブとノッカーの状態。

これも放出バルブが上方に突き出して

停止している状態が正解。

 

 

発射のプロセスを確認すると・・・

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220925011028j:image

 

 

まずはこの状態から・・・

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220925011032j:image

 

 

ハンマーをコックする・・・

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220925011036j:image

 

 

↑ 画像中心にあるパーツが

バルブノッカーといって、

ハンマーの動きに連動して

放出バルブを瞬間的に叩くパーツです。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220925011040j:image

 

 

ハンマー左下のアールがノッカーを押し

ノッカーがシーソーとなり、バルブを押す。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220925011044j:image

 

 

ノッカーがバルブを押す前

 

 

ノッカーがバルブを押した状態

↓ 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220925011048j:image

 

 

 

パーツの動きは問題ないな

一体なぜガスが出ないのだ?

(;・∀・)

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220925011051j:image

 

 

 

放出バルブが動かないのか?

ドライバーで押し込むと・・・動く。

 

 

さてさて・・・

故障の原因は・・・

 

 

 

 

次の記事に続く

(;・∀・)