DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

マルイM66改スマイソンのガスタンクを・・・外すッ!

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20221002140537j:image

 

 

 

ガス漏れ箇所特定!

なんと放出口から!

しかも注入と同時に漏れている。

 

 

ということは

ガスタンク内の放出バルブに

何かしらの異常ありと予見できる。

まるで放出バルブが開いたまま

動かなくなっているようだ。

 

 

しかし・・・

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20221002140542j:image

 

 

 

放出バルブは本来の位置で

しっかりと止まっている。

ノッカーにも見た目、異常なし。

 

 

フッ・・・

(。-`ω-)y-゜゜゜

 

 

異常・・・判ったぜ。

原因はここサ・・・

 

 

 

 

というわけでガスタンクを

取り外しに掛ります。

今回は内部機構を触らずに

ガスタンクの取り出しだけで

修理完了となりそうデス。

 

 

なおガスタンク取り外しなので、

左側のグリップも外しておきました。

(画像撮り忘れ)

 

 

①ビス取り外し
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20221002140546j:image

 

 

 

ドライバーで指した箇所。

タンクはここでフレームに固定されており

まずはこのビスを外していきます。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20221002140549j:image

 

 

 

ビスを緩めました。

あとはガスタンクをフレームから

取り外していきます。

 

 

 

 

②タンク取り出し
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20221002140553j:image

 

 

マイナスで梃子の様に持ち上げて

そっと外します。

 

今回はハンマー回りやトリガー周りを

分解いたしませんので、

そこがバラバラにならないように

そっとタンクを取り出します。

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20221002140556j:image

 

 

取り出したタンク。

 

 

今回の異常個所は・・・ココ!

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20221002140559j:image

 

 

放出バルブのOリング脱落

 

 

これが今回のガス漏れの原因。

バルブは正常に閉じていますが、

Oリングが外れて気密がとれておらず、

ガスを注入した瞬間そのまま

ガスルート→放出口へと流出していた。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20221002140603j:image

 

 

ケースとして稀なガス漏れ原因ですが、

幸い部品交換無しで直すことが出来ます。

 

 

 

④放出バルブ取出し
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20221002140608j:image

 

 

 

タンク上部の真鍮部品。

これをマイナスで緩めていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20221002140612j:image

 

 

取り外すとこのようになっています。

 

 

スプリングがバルブを前方に押し付け

ノッカーがバルブを叩くと

わずかに開いた隙間からガスが放たれ

ガスルートを通じBB弾を発射します。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20221002140615j:image

 

 

バルブを取り出しまシタ。

このようになっていたのデス。

 

 

 

 

⑤脱落Oリング再取付
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20221002140618j:image

 

 

見事に外れたOリング

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20221002140622j:image

 

 

 

これを本来の位置に戻し

またタンクの中に取付け致します。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20221002140625j:image

 

 

正常な取付け状態。

バルブシャフトが見えます。

 

 

 

⑥タンクの再取付
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20221002140628j:image

 

 

 

そしてタンクをもとの位置に戻し、

あとは取り外したパーツを

逆の手順で取付していきます。

 

 

⑦パーツの再取付
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20221002140632j:image

 

 

 

サイドプレート

グリップを元に戻し、

最後にシリンダーを組んで

スクリューを締め込みます。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20221002140635j:image

 

 

これで・・・よしっと!

(/・ω・)/

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20221002140642j:image

 

 

そして緊張の

気密テスト。

 

 

気密テストの際は、ガス缶を上向きにして

液化ガスを注入するのではなく、

気化ガスを送り込み用にしてテストします。

 

 

注入後の漏れは・・・ナイッ!

 

 

 

 

 

 

修理完了

ワショーイ

(/・ω・)/


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20221002140638j:image

 

 

 

 

というわけで無事元通りの

マルイM66改スマイソン

 

 

久々に撃って遊ぶことが出来るように

なりまシタ!

 

 

次の記事では初速計測を行います。