DT10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

ヤティマチックのオプションパーツを・・・見るッ!

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230218142805j:image

 

 

 

マガジン内に乾電池を入れて

モーターの電源を駆動するという

非常に凝った造りをしているヤティマチック

 

 

 

このヤティマチックにはオプション品が

大変充実しておりました。

今回の記事ではそのオプション品を

レビューしてまいりましょう。

 

 

 

オプショーン

ワショーイ

(/・ω・)/

 

 

 

 

 

 

 

■サプレッサー■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230218142829j:image

 

 

 

マズルに被せて装着するタイプ

細身のサプレッサー

 

 

 

純正オプションのため専用品となり

他の銃への流用は難しいです。

 

 

 

 

このサプレッサーの装着方法ですが

現代において一般的とされている方式と

大きく異なります。

 

 

現代では14㎜逆ネジ・正ネジとか

16㎜とかがある程度規格として一般的ですが

このヤティマチックはというと・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

ご覧の通り、マズルに被せて

丸いネジを絞め込んで取り付け。

 

 

 

マズル径が合えばある程度流用は可ですが

やはり現代の方式とは大きく異なる。

 

 

 

 

 

■スコープ■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230218142821j:image

 

 

 

刻印されていますので、

何となくお察しと存じますが・・・

 

 

 

このモデルは1984年公開の映画

コブラ」に登場したモデルで

主演のシルベスター・スタローンが劇中、

派手にぶっ放したことで有名です。

 

 

劇中プロップに搭載されていた

レーザーサイトをモチーフにして作られて

このように「コブラスコープ」という

刻印まで掘られているのでアリマス。

 

今だったらパテントの関係で

大問題になる・・・

(;´・ω・)

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230218142815j:image

 

 

 

レシーバー上にのせて左右からネジで留め

固定するのですが、なんと銃本体よりも

重たいのデス。

 

 

なおこのスコープはプロップと異なり

レーザーモジュールは内蔵されておらず

通常の望遠スコープとなっています。

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230218142808j:image

 

 

 

覗くとこんな感じです。

倍率は2~4倍程度と思います。

画像では見づらいのですがレティクルも

しっかりと入っております。

 

 

 

■ストック■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230218142801j:image

 

 

 

折りたたみ式ストックも

オプションとして設定されていました。

 

 

 

先述の映画「コブラ」においては

登場しておりませんでしたが、

ワタシはフルオプションで揃えたかったので

ストックも探して購入→装着しまシタ。

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230218142811j:image

 

 

 

 

ストック前方にはヒンジがあり

ココにスプリングのテンションが掛かって

ロックを掛ける機構になっています。

 

 

ストックを少し上方に押し上げると

ロックが解除されてフリーとなり

展開 ⇔ 収納 が可能とナリマス。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230218142825j:image

 

 

今でも偶にオークションやフリマサイトで

出てくることがあるのデスが、

フルオプション且つ完全稼働品は

大変に珍しいと思います。

 

 

ということで

本日のレビュー記事はヤティマチックの

純正オプションに関してでシタ。