DT10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

※ 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

ヨネザワ ウッズマン 本体を・・・取り出すッ!

 

(/・ω・)/

 

 

 

 

 

(/・ω・)/

 

 

 

 

 

 

(/・ω・)/

 

 

 

 

 

 

(/・ω・)/

 

 

 

 

 

 

(/・ω・)/

 

 

 

 

 

 

(/・ω・)/

 

 

 

 

 

 

(/・ω・)/

 

 

 

 

 

 

 

 

いよいよ取り出しまシタ

ヨネザワ ウッズマンターゲット

 

 

 

それではレビューを・・・しますッ!

 

 

 

ウッズマーン

レビューだ

ワショーイ

(/・ω・)/

 

 

 

■外観■

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20240606230544j:image

 

 

 

 

昭和末期、ウッズマンをモデルアップした

トイガンメーカーは複数あり、

その殆どは木グリを再現していましたが

ヨネザワウッズマンはソリッドカラー。

黒一色。

 

 

これはこれで全体が締まるシルエットで

個人的には好きです。

 

 

 

■FRサイト■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20240606230611j:image

 

 

 

フロントリアともに

モールド成型で調整不可でアリマスが

それなりに雰囲気はいいです。

 

フロントは反射防止セレーションが

切られております。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20240606230507j:image

 

 

 

側面から見るとこんな感じ。

やる気を感じる形状ですね。

 

 

しかし・・・この形状。

 

 

ホルスターからドローする際に、

引っ掛かりやすいので、個人的には

少々敬遠気味なのデス。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20240606230526j:image

 

 

 

 

マズル方向から見ても

さほど邪魔にならない大きさのサイト。

うん、視認性も良好ですね。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20240606230516j:image

 

 

 

アサイトもモールドです。

形状的にはマルイとよく似ており、

プラスネジが再現されていますが、

これは調整不可となります。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20240606230633j:image

 

 

 

 

形状から察するに実銃ならば

恐らくドーブになっているので、

左右の調整と上下の調整ができる

そんなアジャスタブルサイトかなと

思った次第でアリマス。

 

 

 

 

■トリガー■f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20240606230605j:image

 

 

 

 

パーティングラインが見えます。

これはまぁ価格相応でしょう。

 

比較的細身なトリガーで

引きやすいです。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20240606230504j:image

 

 

 

トリガーガードは丸みがあり、

ホルスターからのドローに対し

引っ掛かりが少ないタイプ。

 

 

 

■セイフティレバー
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20240606230601j:image

 

 

 

実銃と同じ位置にある

セイフティレバーです。

 

 

上図がファイヤリングポジション

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20240606230608j:image

 

 

 

 

上にあげると安全状態。

これでトリガーがロックされます。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20240606230630j:image

 

 

 

このように機械的にロックが掛かり

トリガーが引けなくなります。

 

なお1911のような

コック&ロックというような機構は

内蔵されていません。

 

 

 

■刻印■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20240606230537j:image

 

 

 

思わず「おいっ!」と

突っ込んでしまうところ。

 

 

なんでやねんッ!

 (; ・`д・´)

 

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20240606230549j:image

 

 

 

 

スライド前に馬の刻印。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20240606230523j:image

 

 

 

スライドの刻印はプリントで

印字されたものが貼られています。

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20240606230622j:image

 

 

 

 

右側面にはYONEZAWA 

MADE IN JAPAN

 

そして西部警察のロゴ。

 

 

 

 

■グリップ■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20240606230529j:image

 

 

 

 

ソリッドカラーで木目もなく、

おまけにモールド成型なので、

グリップの取り外しは出来ません。

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20240606230553j:image

 

 

 

所謂モナカ構造で、こちら側面からの

ビスを外すことで本体がパカッと開き

分解・組み立てできます。

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20240606230534j:image

 

 

 

こちらグリップにはコルトの馬マークが

記載されていますね。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20240606230513j:image

 

 

 

 

パーティングラインもガッツリ出ていて

価格相応のトイガン然とした佇まい。

 

昭和の大らかさが肌で感じられる作り。

 

 

 

■マガジンキャッチ■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20240606230510j:image

 

 

 

マガジンキャッチもモールドで

こちら作動いたしません。

 

 

 

 

 

 

 

■マガジン■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20240606230618j:image

 

 

 

 

マガジンはこのように指を掛け

直接引き抜き致します。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20240606230557j:image

 

 

 

 

チョッと抵抗があり

グッと抜き取ると、この通り。

割りばしマガジンが登場します。

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20240606230626j:image

 

 

 

 

これも時代を感じますね。

現代でストエアコキやチープガンでも

フルサイズ風マガジンが主流ですから

なかなか見かけませんね。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20240606230520j:image

 

 

 

つづみ弾を装填したところ。

現在4発装填していますが、

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20240606230540j:image

 

 

 

 

これ以上装填すると、

スプリングの力にリップが負けて

破損してしまいそう・・・

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20240606230614j:image

 

 

 

 

なんか怖い怖い

(;・∀・)

 

 

 

 

さて・・・初速計測しちゃいましょ。

さっさとやってしまいましょ。