DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

部屋の片隅に・・・名銃の系譜ありマルゼン編⑩ 〜このM870でやりたかった事〜

レンジから戻ってきました。

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210313150129j:image

 

で、

このS&TのM870

 

これを使って何をしようと思ったか

その前に、簡単にレビューしましょう。

どうせノーマルでいられるのも

今のうちだけだ(笑)

 

 

■外観■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210313150143j:image

 

このS&T M870は

マルゼンのコピー製品のようです。

部品の至る所に互換性があります。

 

国産の老舗メーカーは海外にコピー品も多く、

特に2010年以降はオークションだけではなく

店頭で売られていることも増えてきました。

 

海外製品と言えば、箱出しでは

「性能に難あり」

「仕上がりに難あり」

「弾道に難あり」

国産と比べるとイマイチ・・・という

状態のモノも確かに多かったかも

知れないですが、今の銃は技術も進み

かえって国産メーカーではまだ本格的でない

電子トリガーユニットの搭載の銃なども

多数出てきています。

 

 

また外観にメタル製が多いのも

海外製の特徴ですね。

 

このM870もそうです。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210313150217j:image

 

頑丈そのもの

これならサバゲー中に落っことしても

転んでも、ぶつけても多少は気になりませんね。

 

 

■グリップ・・・■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210313150146j:image

 

うーん・・・好みなんでしょうけど

私はこのソードオフはあまり好きではないんです。

握りづらいので・・・

 

あと、10月に購入したアレ・・・

 

 

deltaelite-10mmauto.hatenablog.com

 

 

deltaelite-10mmauto.hatenablog.com

 

 

以前、福島・新潟へ出張した時に

万SAI堂で発見したM1100の変態カスタム

 

 

 

 

もう一度言います。

 

 

あんなもの作る人、

変態に決まってる

じゃないですか!

 

( ・∀・)キッパリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして・・・

購入した私も

 

(;´・ω・)ちーん♪

 

 

 

 

次行きます (~_~;)

 

 

 

■エジェクションポート■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210313150124j:image

 

これは前オーナーさんが

着色した可能性大ですね。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210313150230j:image

 

レシーバーに「S&T」の刻印

 

 

 

■国産品との互換性■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210313150208j:image

 

このピストルグリップも海外製ですが、

前出記事の昭和のウイングマスターに

装着できることが確認できています。

 

 

そしてこのS&T M870にも・・・

 

 

 

 

 

ホラ

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210313150221j:image

 

 

 

 

 

です。

 

 

 

 

 

で、この銃でやりたかったこと・・・

 

 

 

 

それはコレを見ると

答えが出ます。

 

 

 

 

 

 

どんっっ♫

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210313150134j:image

 

 

これをパッと見てお分かりになった方、

間違いなくおじさん

そして

「筋金入りのおじさん」です。

 

 

 

これはスコープマウントなのですが、

 

 

 

 

レミントン

  +

ショットガンなのにスコープ、と

 

くれば・・・

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210313150225j:image

 

もう答え分かっちゃいますよね。

(^▽^;)

 

 

 

そうです。

西部警察

大門団長風の

レミントンを

エアコキで

作ろうと思った

 

 

のであります。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210313150301j:image

 

 

西部警察で大門団長を演じられた

渡さんが、劇中で使用していたのは

レミントンM31と呼ばれるモデルですが、

まぁ団長風ということで、エアコキのM870を

ベースにやってみようと思いました。

 

 

で、スコープマウントが大事なんですよ。

コレ ( ・∀・)ノ””


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210313150139j:image

 

これM1カービン用のマウントベースで

もう市場で中々手に入らないんです。

 

 

これを加工して取付します。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210313150213j:image

 

家にスコープの在庫がないので、

とりあえずマウントリング装着まで・・・。

 

 

 

次は団長風カスタムの仕上げに行きます。

 

 

 

 

 

続くのデス

( ■∀■)