二式スポーターのアクションと歴史を・・・見るッ!

タナカワークス 

二式スポーター モデルガン

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210731144534j:image

 

先ほどは「狙撃~完結篇~」の

紹介と併せてでしたので、

今回はこの銃に関する歴史などを

書き綴ってまいります。

※ほとんどネット記事のコピーです※

 

 

二式小銃開発の経緯は、ドイツ軍の使用していた

銃に倣って開発されたのだそうです。

 

Kar98kをベースにしたテイクダウン式のk98/42。

挺身をひねることで前後に分離可能で

落下傘部隊が使用していたのがヒントだそうです。

 

始めは三八式歩兵銃をベースにした

試作一式というモデルが開発されたそうですが、

いくつかのトライ&エラーののちに、

ベース銃がより強力な弾薬を使用する

九九式へと改められて出来上がった

それが「二式テラ」となったそうです。

 

なお「テラ」の語源については諸説あり、

挺身落下傘部隊(テイシンラッカサン)の

頭文字をとっているという説が有力です。

 

なおスポーターモデル誕生の経緯は

太平洋戦争敗戦後に鹵獲されたものが

民間の手に渡り、前後分離できるという

特性を生かし、スポーターストックに

機関部を搭載して出来たようで、

映画ダーティーハリーで、犯人が

使用したことでも有名ですね。

 

 

 

では実際にこの二式スポーターを

動かしてみましょう

 

 

アクションワショーイ

(/・ω・)/

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210731165605j:image

 

 

まずはボルトを操作。

ハンドル基部においては

跳ね上がり角度が直角に近く、

真上にスコープを搭載する一般的な

ライフルとはちょっと違いがアリマス。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210731144617j:image

 

7.7㎜実包のカートリッジを収めたところ。

 

このモデルをお持ちの方はご存知だと思いますが、

二式スポーターはアクションが硬いので有名。

スムーズな作動・排莢を楽しむには

それなりの知識と技術力がないと難しいです。

 

ワタシは購入後、何も調整していないので、

ごくまれにカートを装填した後、

ボルトがリムを咥えて戻ってくれなくて

チャンバーからカートを取り出すのに

苦労することが苦労することがしばしば

ありました。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210731144541j:image

 

 

そしてこのボルト閉鎖の「最後の一押し」

 

ココが

めっちゃ硬い

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210731144549j:image

 

 

右側面にテイクダウンピンがアリマス。

このピンはAR15のようなテンションに任せて

差し込むようなものではなく、

ネジによってねじ込み固定をするものであります。

 

ちょっと錆が出ちょる

(;´・ω・) しょーがないよ・・・

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210731144553j:image

 

 

連結においてはM700テイクダウンのような

90度回転させてから合体・・・ではなく

そのまままっすぐ差し込みます。

 

その後ピンをねじ込んで

連結完了・・・です。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210731144556j:image

 

 

ボルトを引き抜くには

このボルトストップを横にうごかすことで

ロックが解除され引き抜けます。

 

この辺はモーゼルとかと同じですね。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210731144545j:image

 

挺身の前方側

燃焼ガスが抜ける穴っぽいのはあるケド、

銃口が完全閉鎖されているので

実弾の発砲は不可でアリマス。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210731144531j:image

 

「狙撃~完結篇~」において、

松下は銃をこのように分離した状態で

アタッシュケースに収めて狙撃地点へ

向かっていました。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210731144538j:image

 

マガジンのリリースはこのレバーで

行います。

 

後方に引っ張ると

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210731144613j:image

 

 

パカっとな

 

ここで気づいたのが

 

う~ん

錆ちょる

(;´・ω・) 仕方ないよぉ・・・

 

 

こうして大きな傷もなく

何十年も無事に過ごしてきただけでも

ありがたい・・・。

 

で、

 

 

いつもならば、モデルガンなので

発砲動画は無いんですケド、

今回は思い立ったことがありまして

 

 

 

動画・・・つくりました!

次の記事では

実際に動く二式スポーターを

お目に掛けます。

 

 

 

そうそう・・・この銃なんなん?カッコよすぎるんですが・・・

誕生日プレゼントに買ってもらった

仲村トオルさん主演の「狙撃」DVD

全シリーズ

 

 

 

まずは1作目の中で登場し、

ワタシをボルトアクションに傾倒させた

モーゼル98kスポーターを購入しました。

 

ボルトを引いてカートを込めて

「シャキッ!」と閉鎖して

スコープを覗き、標的を狙う・・・

 

 

タナカワークスのレミントンM24で

カート式ボルトアクションの魅力は

充分にわかっていました。

 

しかしあちらはアルミカートリッジで、

排莢時のカートの飛び具合はイイものの

音が・・・「コンッ」と味気ない。

 

 

ですが、マルシンの98Kスポーターは

真鍮カートなので、排莢すると

「チャリ~ン♫」という気持ちいい音

 

 

(*ノωノ)きゃーッ

 

 

 

 

そんな悦な日々を送る私が

次に気になってしまった銃は・・・?

 

 

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210731144010j:image

 

 

 

完結篇のジャケットに出ている

コレです。

 

 

 

 

主人公の松下は、この完結篇の中では

一貫してこのライフルを使用し続けました。

 

 

 

 

 

 

 

どん!

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210731144125j:image

 

 

タナカワークス

二式スポーター モデルガン

TANAKA WORKS 

Japanese Arisaka Type2 Sporter

 

 

 

この銃は以前も一度記事で取り上げましたが、

このDVDの影響で購入したものです。

 

 

ではクローズアップしてみましょう

  

  わしょーい

(*/・ω・)/

 

 

 

■全景■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210731144129j:image

 

 

劇中に登場した二式スポーターを意識して

バイポッドを装着しています。

 

物語の冒頭、標的を狙うため、

タキシードに身を包み花束を小脇に抱えて

結婚式場に紛れ込み、狙撃ポイントにむかい、

この二式スポーターを組み立てます。

 

その所作がとにかくカッコいい。

ぜひ「狙撃〜完結篇〜」

ご覧頂きたいです

(*・ω・)ノ

 

 

■マズル■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210731144208j:image

 

インサートは見えませんが、

少し奥まったところで完全閉されています。

 

■バレル■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210731144234j:image

 

亜鉛合金製のようです。

多分未発火の状態だとは思いますが、

だいぶ表面が煤けてきているように見えます。

 

■ストック■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210731144216j:image

 

 

この二式スポーターのストックは

なんといっても「美しい造形」

この一言に尽きますね。

 

まるでバイオリンを手にしているような

艶のある飴色、そして美しい曲線。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210731144241j:image

 

 

元は軍用、旧日本軍の落下傘部隊が

飛行機から降下する際に邪魔にならぬ様にと、

挺身を分離して、着地後に組み立てて

戦闘に入れるようにしていたそうです。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210731144245j:image

 

ボルトを引き抜く際の解除レバー

コレは98kスポーターとほぼ同じですね。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210731144223j:image

 

 

グリップにはチェッカリングが施されています。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210731144219j:image

 

 

そして「スポーター」といえば・・・ですよ

シンプルだけどこの形がイイ。

 

記事を書きながら惚れ直しております。

 

 

■スコープ■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210731144230j:image

 

 

実はこの二式スポーターに搭載してるスコープは

ちょっとした「コダワリ」があるのです。

 

それはスコープを覗いた時のビューです。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210731144138j:image

 

通常エイムビューは真円ですよね。

 

エレベーションダイヤルの

キャップを見てクダサイ。

 

実はこのスコープ・・・

エイムビューが「楕円」なのデス。

劇中の二式スポーターに搭載されていた

スコープもエイムビューが楕円で、

同じスコープを搭載したいなと思いました。

 

コダワリの逸品でアリマス。

(*・ω・)ノ

 

 

■レシーバー■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210731144134j:image

 

 

お気づきの方もいらっしゃると思いますが、

前出記事のボルトアクションライフル

タナカワークス モーゼル98kスポーター同様

スコープはオフセットされて搭載しています。

ボルト操作障害にならないようにと

若干左にオフセットしてあります。

 

これはレシーバーのマウント取付ビス穴が

既にオフセットされてついているからです。

 

 

■刻印■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210731144212j:image

 

 

「菊の御紋」 と 「二式」

 

和である二式小銃と

洋であるスポーターのストック

 

和洋折衷

(/・ω・)/わよーい

 

 

■テイクダウンピン■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210731144227j:image

 

 

連結部のところにテイクダウンピンがアリマス。

これはAR15系のようなテンションのかかった

ピンではなく、ねじ込み式となりマス。

 

 

 

■スコープマウント■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210731144238j:image

 

 

この二式スポーターですが、

大変にレアな銃であり、恐らく好む方は

よほどのコダワリのある方もしくは

よほどの変態紳士、どちらかです。

 

そんなレアな二式スポーターですが、

純正マウントベース付はもっとレア。

部品単体で探すのはもはや不可能なレベル。

 

というわけで、私は某ガンショップの

ご主人から聞いた

サンプロM700用の流用」にて

スコープを搭載しています。

 

なおサンプロM700マウントは

分割式で片方はアール有・もう片方はフラット

そのため2挺分購入しないと搭載できない

ちょっと非効率な流用・・・

(;´・ω・) ちと残念・・・

 

 

■ボルトハンドル■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210731144426j:image

 

このボルト部分をご覧になると

「あ!」とお気づきの方もいると思います。

 

二式スポーターはベースになった銃は

アリサカ小銃・・・つまり九九式です。

 

歴史については次の記事で取り上げますが、

説明書も九九式と共用なのです。

 

 

■カートリッジ■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210731144120j:image

 

 

7.7㎜実包であります。

これは当時の三八式小銃が使用していた

6.5㎜実包より更に高威力なものを・・・と

開発された経緯があるそうです。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210731144422j:image

 

リムには特に刻印はなく、

プライマー部分はアルミで出来ています。

 

 

 

というわけで

「狙撃~完結篇~」に出てくる

二式スポーターについての

簡単なクローズアップでした。

 

次の記事では

実際のアクションやテイクダウンの姿を

ご覧いただきます。

 

 

DVDは完結篇だが

記事は続くのだよ

(。-`ω-)y-゜゜゜

タナカワークス モーゼル98kスポーター ガスボルトアクションを・・・撃つッ!

さて・・・と

 

( ・∀・) ニヤニヤ

 

 

 

タナカワークスの

モーゼル98kスポーター

ケースレス ガスボルトアクション

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210725222927j:plain

 

 

 

発砲動画の前に

もうちょっとクローズアップを

続けます。

 

 

ボルトを開けると、

仕組みはこんな感じになっています。

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210725233709j:image

 

 

ボルトの先端にはガスノズル

ここからガスが噴き出してチャンバーに、

そしてBB弾を発射いたします。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210725233714j:image

 

金色のパーツはマガジンのガス放出口

ボルトを操作してハンマーがコックされ、

シアが落ちるとハンマーがマガジンの

放出バルブを叩き、ガスが放出される。

 

放出されたガスはノズルを通り、

チャンバーへと送られ弾発射

 

という流れでアリマス。

(*・ω・)ノ

 

次にマガジンを見てみましょう。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210725233704j:image

 

タナカワークス製のライフルシリーズ

ガスボルトアクションにおいては

見慣れた形状ですね。

 

M700・M24

九九式・四四式・三八式

モーゼル98kシリーズ

 

それぞれ形状は若干異なるものの

基本方式は同一となりマス。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210725233721j:image

 

 

BB弾は前面に入りマス。

装弾数は10発とされています。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210725233700j:image

 

「されています」と書いたのは

10発装填して撃つと、ほぼ100%の確率で

装填不良orジャムってしまうから・・・です。

 

 

ワタシが思うには、恐らく

フォロワースプリングのテンションが

高過ぎるのだと感じています。

 

もう少しレートを落としても

いいのでは?と感じています。

 

 

 

 

 

それでは発砲行きますか!

 

 

弾は0.2gバイオ弾

室温は23.7度

 

 

 

どぞ(*・ω・)ノ

 

https://youtu.be/0RoHCc6oxno

www.youtube.com

 

 

 

 

安定して82~85mps程度の初速が出る

うーん素晴らしい

 

 

 

外観がリアルで、作動音がカッコイイ

弾も撃てるしハイパワー

 

 

いい銃です。

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210725233717j:plain

 

 

2021年現在、この銃についての情報が

殆どネットでも検索できないです。

 

どうやら限定生産品だったようです。

 

 

通りで・・・(;´・ω・)

こうして手元に来てくれたのも

有難い巡り合わせだったんだな。

 

 

これからも大切にするよ。

モーゼル98kスポーター

(*・ω・)ノ

 

 

 

カミさんに買ってもらったDVDから紐解くあの頃の思い

2013年の誕生日にカミさんに買ってもらった

東映Vシネマの「狙撃」

 

ダビングしたVHSをテープが擦り切れるほど

何度も何度も見返して、一時停止して、

再生して、マネしてみていた若い頃、

映像が荒くて確認できなかった部分などを

改めて見ることにした。

 

そこで確認できた

モーゼル98kスポーターという

ボルトアクションライフル

 

 

前出記事でマルシンのモーゼルスポーターを

手に入れることが出来て満足した私は

しばらく平穏な日々を探してましたが・・・

 

 

このブログをご覧の皆さん

「あっ!それ自分も同じっ!」

っていう方、いらっしゃいませんか?

 

 

 

 

 

既に入手済みのモノにも関わらず

検索がやめられない病

 

 

 

 

ですよ・・・

(;´・ω・)

 

 

 

結果・・・

 

 

 

 

同じ銃を何挺も買ってしまう

 

 

 

 

です。

 

 

 

 

 

ええそうです。

 

 

 

 

 

次に気になってしまい

検索からヒットし、入手したのは

この銃でした。

 

 

 

 

 

 

 

どん

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210725222633j:image

 

タナカワークス

モーゼル98kスポーター

ケースレス ガスボルトアクション

 

Mauser 98k SPORTER

 

 

 

 

\またモーゼルかよッ!/

( ・д・)⊂彡☆))Д´)ウッ

 

 

 

 

そうなんです。

 

ヤフオク検索で

モーゼル

「98k」

「スポーター」と入れて

検索するのがしばらくやめられず、

見つけてしまったのでやんす。

 

 

というわけで入手した

タナカワークス製モーゼル98kスポーター

紐解いていきましょう

 

 

 わしょーい

(/・ω・)/””ミ

 

 

 

■外観■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210725223007j:image

 

 

マルシン製と異なり、ストックに

チェッカリングが施されており、

どことなくオシャレな感じがしますね。

 

飾っておきたくなる佇まい。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210725222927j:image

 

この手のボルトアクションを手に取って、

眺めてみて感じるのは、そのスマートさ。

 

サバゲーで使用するような

肉厚バレルのごついレールが装備された

所謂タクティカルなものとは異なり

用途が絞られたシンプルな作りをしている。

 

まずはバレルの細さが目につく。

 

例えが古いかもしれませんが、

松井とイチロー・・・でしょうか?

(;´・ω・) オヂサンナモノデ・・・

 

 

 

 

■バレル■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210725222941j:image

 

VSRやレミントンM24等の軍用と比べ

かなりスリムないでたちですね。

 

スコープ搭載が前提のモデルなので

照星も照門もありません。

 

 

■バイポット■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210725222916j:image

 

 

出荷時には装着されていません。

これは劇中使用銃をイメージして

購入後に取り付けしたものです。

 

 

■ストック■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210725222930j:image

 

 

大変美しいチェッカリングです。

ストック前方と・・・

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210725222920j:image

 

 

グリップ部分・・・に施されています。

握り心地もよく滑り止めも効いています。

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210725222912j:plain

 

 

パッドプレートには

UPLAND GAME の文字

 

これは確か昭和のエアコキにも

同じストックが使われていたような?

 

 

 

■刻印■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210725223030j:image

 

レシーバー側面には

Mod.98.14015

ASGK MFG TANAKA WORKS

と刻印が打たれています。

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210725222907j:plain

 

 

また少々見づらいですが、

レシーバー上部、スコープ基部にも

刻印が彫られています。

レシーバーは金属製です。

 

 


■スコープ■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210725222959j:image

 

 

HAKKOのズームスコープを装着。

このグロスでツヤがあるものが好き。

特にこの手の木製ストック銃は

グロスのスコープが良く似合う。

 

 

ちなみにスコープの取付は

こうなっています。

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210725222907j:plain

 

 

レシーバーにネジ穴があり

そこにマウントベースを留めます。

 

その後はいつものマウントリングで

挟んで締め込んでいく取付方法です。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210725222924j:image

 

 

ところでこのモーゼル98kスポーター

やけにスコープの搭載位置が

低く見えませんか?

 

それもそのはず

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210725223003j:image

 

 

通常スコープはバレルの真上、

同一線上に搭載するのが一般的ですが、

タナカワークスのモーゼル98kスポーターは

オフセットされた位置に搭載されています

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210725222952j:image

 

 

射手側からのビュー

若干左にオフセットしています。

 

 

何ゆえにオフセットか?

もちろんん理由はコレ。

 

 

マルシン製モーゼル98kスポーター同様

ボルトの干渉による問題です。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210725222944j:image

 

 

こちら側から見ますと

スコープの傾き具合が解ります

Σ(・ω・ノ)ノ! すげぇね!

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210725223010j:image

 

 

こちら側から見ると

こんな感じ

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210725222956j:image

 

 

装填・排莢のためのボルト操作・・・

すると・・・

 



f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210725222948j:image

 

 

スコープが左側にオフセットされていて

ボルトの干渉を受けることがありません。

 

 

 

実はVシネマの狙撃、そして刑事ドラマ等

モーゼルスポーターを使用している場合

よく見てみるとスコープがオフセットされて

搭載されているものがほとんどです。

 

 

確かあぶない刑事において

ユージがタカを狙撃して、偽の殺人事件を

でっちあげるという物語の中で

ユージが使用したモーゼルは、

よく見るとスコープが少し左についています。

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210725222633j:image

 

 

というわけで、若かりし頃

仲村トオルさんの狙撃に憧れて

食い入るように画面を見つめた

モーゼルスポーターでした。

 

次は発砲動画です。

初速計測を行ってみましょう。

 

 

 

 

続くのデス

(*・ω・)ノ

 

 

 

憧れのモーゼル98kスポーターを・・・撃つッ!

さて・・・と

( ・∀・) ニヤニヤ

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210725164112j:plain

 

 

 

マルシン モーゼル98kスポーター

 さっそく「狙撃」の松下になり切って

撃ってみますか!

 

 

ちなみにこのモデルは

元々ミリタリーモデルが先行して発売されており

それをスポーターモデル化したモノなので、

こんなパーツも付属しています。

 

 

 

 

どん

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210725190414j:image

 

 

 

カートクリップ

 

 

 

もちろん使用できます。

装填はボルトを引いてポートの真上から

このクリップを差し込み・・・です。

 

 

しかしスコープを搭載してしまうと

上部が遮られてしまうため使用できません。

 

 

スポーターにおいては

あくまで雰囲気パーツです

(;´・ω・)

 

 

 

BB弾は弾頭部に込めます。

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210725190432j:image

 

 

一番右端だけ色が違う・・・

(;・∀・)

 

 

これは何かといいますと、

「中古品で買ってきたモノ」です。

このモーゼル用のXカートリッジだと

思い込んで購入したのですが、

よく見ると・・・

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210725190428j:image

 

カートの長さも若干違うぞ!

(;・∀・) まぢか?

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210725190417j:image

 

 

うわぁ・・・弾の保持位置が

ずいぶんと違ってくるなこりゃ・・・

(;・∀・)

 

 

というわけで、発砲動画デス。

弾は0.2gバイオ弾

室温は25.2度です。

 

 

5発計測し、最後の1発が

チョッと短いカートリッジです。

 

どぞ(*・ω・)ノ

 

https://youtu.be/oM08mA9RfqU


www.youtube.com

 

 

実はこのモーゼルスポーターは

箱出しの状態ですと初速が規制値を

超えてしまう個体が多いので、

この個体もチェックしました。

スプリングをカットして

初速は86mps程度が最高値で

おちつくようになりました。

 

ちなみに、少しだけ短かった

「多分モーゼル用じゃないカート」

ですが・・・結果はこちら・・

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210725190421j:image

 

 

 

16.36mps

(;´・ω・)

 

 

 

そうか・・・

 

 

 

 

 

 

でも、何かの間違いカナ・・・

 

 

 

 

 

もう一度測ってみる

 

 

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210725190424j:image

 

 

13.72mps・・・

下がっとるやんか??

\このバカチンがッ!/

( ・д・)⊂彡☆))Д´)ウッ

 

 

 

 

まぁ、いいんですけどね

(^▽^;)

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210725190436j:image

 

 

というわけで、東映Vシネマ「狙撃」の

DVDを買ってもらってからというもの

またこの物語の中の銃が気になり始めた。

 

 

 

 

次は・・・

 

 

 

 

何だと思いますか?

(;´・ω・)

 

松下と同じ銃が欲しいゾ!  DVDで研究した結果・・・

2013年

カミさんからの誕生日プレゼントで

買ってもらった

 

 

DVD版 東映Vシネマ

狙撃~THE SHOOTIST~

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210725132736j:plain

 

全篇揃ったということで

久々にじっくりと見入って

ストーリーを改めて味わいつつ

銃器を眺めていくことにした。

 

 

まずは狙撃1

 

物語の中盤、あるストーリーの展開から

登場してきた銃がありました。

 

 

それはこんなシーンから・・・です。

 

松下が選んだ狙撃ポイントが標的から遠い。

標的を捕捉できる時間は4秒間

距離は800メートル。

 

深澤にレミントンM40A1を準備するよう

依頼するのですが、実行までの期日が短く

準備できないと告げられる・・・

 

しかし

 

 

 

「ハンティングタイプの

 ボルトアクションなら何とかなる

 それでどうだ?

 ・・・(この狙撃を)やめるか?」

 

という行があり、M40A1ではなく

違う銃が出てくることになりまシタ。

 

昔はVHSの一時停止で見ており

一体この銃なんだろうと思いましたが

DVDでしたらば鮮明かつクリアな画像で

一時停止すればバッチリわかる。

 

 

 

(・・・なるほど、これだったのか)

 

 

 

 

ワタシが次にゲットした銃はコレです。

 

 

 

どん

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210725163946j:image

 

マルシン 

モーゼル98kスポーター

押し込み式エアコッキングライフル

Mauser 98k SPORTER

 

これを買いました

(*・ω・)ノ☆きらーん

 

 

これは劇中のとあるシーンで

この物語の主人公である松下が

使用するのデス。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210725164024j:image

 

 

今回の狙撃依頼に対し、松下が希望した

ライフルは「レミントンM40A1」

 

 

しかし武器を調達しようとした

相棒の深澤からは

「時間がなさすぎる」

「ハンティングタイプのボルトアクションなら

 何とかなりそうだ。それでどうだ?

 ・・・(狙撃を)やめるか?」

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210725164059j:image

 

「・・・わかった。それを1台試したい

 早くしてくれ」

 

 

というやり取りの末、登場したのが

このモーゼル98kスポーターでした。

 

当時はVHSで画質も荒く、銃の種類が

解りませんでしたが、DVDではバッチリ

確認することが出来ました。

 

 

ではレビューしましょう

わしょーい (/・ω・)/ミ

 

 

■全景■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210725164146j:image

 

 

そうそう!この角度ですよ!

劇中、狙撃当日になってビルの屋上で

バイポットを展開し狙撃体制に入る。

 

その時の画角がこんな感じでした。

 

なおストックはスムーズタイプで

チェッカリングや模様などはありません。

 

スムーズですが握り心地の良いものです。

 

■バレルジャケット■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210725164050j:image

 

 

バレルジャケットは金属製です。

質感がたまりませんね。

 

■バイポット■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210725164120j:image

 

 

純正にはバイポットはありませんが、

劇中モデルを意識して取り付けてみました。

 

■HOP調整■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210725164029j:image

 

 

 

スコープの対物レンズ下にあるネジは

HOP調整ネジです。ここを回すことで

弾道を調整できます。

 

 

■レシーバー■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210725164109j:image

 

 

 

レシーバーは樹脂製でアリマス。

カートリッジを装填するポートがアリマス。

 

 

 

■セイフティ■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210725164035j:image

 

 

安全装置はボルト後部にあります。

これはスポーターではナイタイプ・・・

ミリタリーモデルと同一です。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210725164212j:image

 

このレバーが左に倒れている時は発射可能状態。

ただしコッキングしていないと動きません。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210725164123j:image

 

コッキングするとセイフティを作動できます。

右に倒すと安全状態です。

セイフティが掛かるとトリガーがロックされ

撃発不可となりマス。

 

 

■スコープ■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210725164116j:image

 

マウントが独特な形状で

かなりハイマウントな状態です。

このマウントベースは本体の付属品で

同梱されてきます。

 

これには理由がアリマス。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210725163925j:image

 

 

ボルトを操作するうえで、

跳ね上がり角度が影響して

スコープに当たってしまうため

ハイマウントベースが必要だからです。

 

 

実際どれくらい跳ね上がるかというと・・・

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210725164142j:image

 

 

 

ボルトはこのように跳ね上がります。

そのため低めにスコープを搭載すると

ボルトに干渉し、操作障害が起きます。

 

 

■ストック■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210725164056j:image

 

 

チェッカリングはありません。

スムーズタイプというモノです。

マルシンさんの木工品は本当にイイ。

 

所有していて満たされると言いますか。

ちなみに私の初めての木ストが

このモーゼルスポーターでした。

 

 

 

■カート装填■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210725164105j:image

 

まずはボルトを引きます。

この銃はエアコッキングですが、

プッシュセット・・・つまり

「押し込み式コッキング」を採用しており

ボルトはを引くときは軽いです。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210725164134j:image

 

 

カートリッジ。

初期のマルシンは6㎜口径です。

なお途中から8㎜口径にシフトしましたが

最近のモデルとしてはまた6㎜になって

再販されているようです(2020年)

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210725164112j:image

 

 

カートリッジをセット。

この画角も物語の中で見た角度ですね。

狙撃ポイントについて

バイポットを展開して射撃グラスを掛ける

そしてボルトを引き弾薬をカチャッと収め

装填→ボルト閉鎖・・・そして標的に向かう

 

 

 

この一連の所作は私を魅了しました。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210725164046j:image

 

 

リアルカートモデルのため、

更に奥にチャンバーがアリマス。

 

 

 

■ボルト内の様子■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210725164137j:image

 

 

ココにスプリングインジケーターがあり

コック状態を確認できます。

上の画像はコックしていない状態。

ピストンが前進しているのが解ります。

 

この下の画像がコック状態。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210725164149j:image

 

 

ピストンが後退しており、

コッキング中であることを表します。

 

 

 

さて・・・準備して

発砲しますか!

 

 

続くのデス。

(*ノωノ) キャー

ボルトアクションは

男のロマン

 

2013年の誕生日プレゼントは・・・何と!

ワタシのトイガンライフ第4章において

カミさんからもらったプレゼントのお話。

 

 

いったい何を買ってもらったのか?

 

 

 

カミさん

(*‘∀‘)

「ねぇ今度の誕生日何が欲しい?」

 

ワタシ

(;´・ω・)

「うーん・・・そうだな・・・」

 

 

(銃が欲しい・・・はNGだろうな)

(服とか時計とか、いらんし・・・)

(うーん・・・)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(!)

 

 

 

 

 

 

( ゜o゜)そうだ!

 

 

 

 

 

 

 

欲しいものを告げてみる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワタシ

(;´・ω・)

「その・・・DVDが欲しいっちゃよ」

 

 

カミさん

(*'▽')

「そうなん?なんのDVD欲しいん?」

 

 

ワタシ

(;´・ω・)」◾︎"

「・・・これなんよ」

※平たいケータイで見せる※

 

 

カミさん

(*'▽')

「これな?オッケー♫」

 

 

・・・

 

 

・・・

 

 

 

ワタシの心の声

(;´・ω・) 

(いいの???まぢですか???)

 

 

 

 

やったぁああ⭐︎

 

 

 

 

 

 

 

そして入手したのが

このDVDだったのでアリマス。

 

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210725132736j:image

 

 

東映Vシネマ

「狙撃~THE SHOOTIST~」

 

 

 

 

このブログの中でこのVシネマの話題を

何度か取り上げさせていただきましたが、

初めて見たのは平成初期の頃の第1作目

 

以後、VHSのレンタルビデオを借りて

ビデオをダビングしたものを所有して

おりました。1995年の頃の話です。

 

あの当時は街中に

「ビデオダビング承ります」という

店が至る所にあったのですが、

デジタルの波が押し寄せて以後、

すっかり見なくなりました。

今では大手チェーンの写真屋さんか

スタジオ併設の店舗さんくらいですね。

 

 

 

さて、この「狙撃」のストーリー

簡単に紹介しますと、全4作です。

 

■狙撃1■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210725132751j:image

 

元警官の殺し屋である松下(仲村トオルさん)が

同じく元警官の相棒の深澤(中条静夫さん)と

コンビで繰り広げるアクション。

 

依頼者から告げられた標的を始末し

狙撃を成功させた松下と深澤の元に

また新たな依頼が・・・

 

 

■狙撃2■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210725132740j:image

 

狙撃1の1年後の世界。

前作の「事件」から1年が経過し、

すっかり平穏な毎日を取り戻したかに見えた

松下だったが、仕事先で・・・

 

 

■狙撃3■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210725132747j:image

 

狙撃2から数年後の世界。

今度の依頼者はなんと・・・

そして1→2と生き抜いてきた

松下の身に・・・

 

 

■狙撃 完結篇■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210725132744j:image

 

 

狙撃3から更に数年後の世界。

裏社会に名の通る狙撃者となった

松下をめぐる各所の思惑とは・・・?

 

 

です。

 

 

 

 

昔はVHSで且つレンタルビデオをダビングした

あまりいい映像データではなかったため

「あっ!ココ見たい」とおもい、

一時停止するも若干タイミングがズレたり

コマ送りしながら銃を確かめようとしても

ボヤけていたりブレていたり(笑)

 

それでも劇中の使用銃が知りたくて

詳細をつかむために色々と苦労しました。

 

 

 

DVDになり、画像が鮮明になったことで

「片倉のウィルソン」をはじめとした

劇中に出てくる銃や小道具のことが

解るようになってきました。

 

そして・・・

 

 

このDVDを買ってもらったことを契機に

さらなる深みへハマってしまうのデス。

 

 

(;・∀・)タラ〜・・・