DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

修理完了のレイジング・ブルを・・・撃つッ!

さて・・・と

(  ・∀・)ニヤニヤ

 

 

 

 

 

 

では、撃ちますか!

 

 

室温・・・22.4℃

湿度・・・56%

弾薬・・・LD827弾(マルシン純正)

 

 

 

6発計測します。

 

どぞ(*・ω・)ノ


www.youtube.com

 

https://youtu.be/GMuq3iPw6x0

 

 

 

 

 

ふう・・・無事に撃ち終えた。

手に入れてから5年間も放置したままで

本当にごめんな。レイジング・ブル

(;´・ω・)

 

 

 

それにしても弾が大きいので、

弾速計の中の発射済BB弾が

容器の中から飛び散って出てきちゃう。

 

これも8㎜のマンストッピングパワーと

いう事なのだろうか。

 

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424222651j:image

 

 

 

ターゲットペーパーに撃ちこんでも

着弾時の迫力が6㎜とは全然違う。

 

 

 

確かにメジャーな存在ではナイ

風の影響も受けやすく、

命中精度は6㎜に劣るのはわかる。

 

 

またデフォルトで命中精度に難あり

もしくは作動そのものに難ありの

そんな個体が多かったり、

LD-2システムのように気難しい機構のために、

ユーザーが苦労する点も否めない。

 

 

しかし・・・

 

 

この8㎜BB弾の魅力っていうのは

ロジックでも数値でもない。

 

 

 

 

 

 

ひとつ言えるとするならば・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

 

 

マンストッピングパワーとは

こういう事サ・・・

(。-`ω-)y-.。o○

 

5年越しの修理で甦ったレイジングブルを・・・準備するッ!

修理完了!

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424222654j:image

 

 

 

ガスタンクを交換して

元気な姿に戻ったレイジング・ブル

 

 

 

早速ガスと弾を装填して

発砲準備に掛かりますか!

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424222644j:image

 

 

 

弾はコレ

マルシン純正0.27g弾

正式名称を「LD827弾」と言います。

 

LDはLong Distance

827は8㎜口径の0.27gを表しています。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424222626j:image

 

 

 

BBボトルは元々マルイのオレンジBB弾用ですが、

先端を切り落とし、8㎜BB弾に適合するように

加工を施してあります。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424222636j:image

 

 

古の後方保持タイプのカートリッジや

現行のXカートリッジのような

先端保持とも異なり、

その弾の装填方法は独特なモノです。

 

 

 

まず先端から弾を入れます。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424222633j:image

 

 

 

ストン・・・

 

 

 

このままでは弾はまだフリーなので

次にロッドでBB弾を押し込んで

パッキンに食い込ませます。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424222658j:image

 

 

 

ロッドでツンツン。

これ・・・火縄銃の「槊杖(さくじょう)」で

火薬と弾を詰めているみたいな気になるな。

 

 

 

 

 

ちなみにM29やアナコンダと同じように

実銃用スピードローダーが使用できます。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424222622j:image

 

 

29-Mが、カートリッジにも適合し、

S&WでいうNフレームに近いので

そのまま装填が可能なのデス。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424222616j:image

 

 

 

ホラ♪

カートリッジもピッタリ。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424222648j:image

 

 

 

ただし初期型のインサートありタイプは

ちょっと装填にコツがいりマス。

この点は自主規制カートの宿命です。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424222628j:image

 

 

 

先端がインサートに入ったことを確認し

ローダーのロックを解除。

 

 

 

すると・・・

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424222619j:image

 

 

 

6発キレイに収まった

(*・ω・)ノ

 

 

 

Xカートリッジはトップブレッド・・・

先端保持方式なので、スイングアウトして

プレスチェックできなくはないが、

チョッと見づらい。

しかしプライマーブレッド・・・

後方保持方式は、実銃同様にプレスチェック可。

こうしてプライマーを見れば、

残弾があと何発あるのか一目瞭然。

 

これはサバゲーでは非常に大切。

 

 

 

 

 

 

それでは次の記事で

実際に発砲して初速を計測します。

 

 

 

 

レイジング・ブルの記事は

続くのデス。

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424222651j:image

 

 

第7章の自分にリベンジを・・・するッ!

このレイジングブル

第7章 光物ブームにおける

典型的な失敗パターンを如実に現しており

ワタシの書斎のガンロッカーの外で

この5年間、ずっと発砲することなく

無造作に置かれたままだったのデス。

 

 

 

 

 

2017年から実に5年間もの間、

触れることは偶にあったものの

発砲はかないませんでした。

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424042016j:image

 

 

 

ココまでで語った

「失敗」

そして

「発砲不可」

 

その真実とは・・・コレです。

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424041906j:image

 

 

 

 

グリップを外すと・・・ホラ・・・ね。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424042013j:image

 

 

 

タンクにのこぎりで開けられた・・・穴。

そして切り落とされたガス注入口。

 

 

 

 

 

なんで???

 

 

 

 

これは前オーナーさんが

2007年施行の改正銃刀法の折に、

この銃を撃てないようにして

銃刀法規制対応にしようとしたそうで、

ご自身の手でタンクにわざと穴をあけて

合法化を図った・・・との事でシタ。

 

 

 

実はその説明文がオークションの中で

あったにも関わらずワタシは見落としており

 

 

 

\入札とりゃあああ/

   (; ・`д・´)ポチポチポチ

 

 

\光物とりゃあああ/

   (; ・`д・´)ポチポチポチ

     ↑

    2017年のワタシ

  

 

  (;´・ω・)あ~あ・・・

     ↑

    2022年のワタシ

 

 

光物ブームの問題点

・黒いモノと銀のモノでペア作り

これはいけませんね・・・

とにかく見境がない。

 

・フルラグリボルバー大好き

レイジングブルの力強さに

魅了されてしまいましたね・・・。

 

 

検証の結果、ココで問題だったのは

ペアもの収集癖 + アンダーラグ好き

という合併症だったという事です。

 

 

 

合併症・・・怖いでしょう?

説明文も読まず、安物買いをして

届いた後に気づいたのですから・・・。

 

 

 

 

で、実はこのレイジングブルの記事を

認めているころに、オークションで

あるパーツを発見したので、落札。

 

 

・・・届きました。

 

 

すんごいタイミング。

 

 

 

 

 

  
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424042000j:image

 

 

 

 

そうです。

なんと5年越しの・・・

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424041947j:image

 

 

 

レイジングブルのガスタンク。

ガス漏れなし品

 

 

というわけで第7章の自分にリベンジ。

レイジングブルのガスタンク交換に

チャレンジいたします。

 

 

 

 

 

ガスターンク

コーカーン

ワショーイ

(/・ω・)/

 

 

 

 

 

で、ネットで分解記事を探したけど

レイジングブルの分解記事は出てこない。

 

 

 

仕方ない

手探りでばらしていくか・・・

(@_@  )さてさて?

 

 

 

②サイドプレートの取外し

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424042019j:image

 

 

①の工程として、グリップ取外しがアリマス。

グリップは底部の六角ボルトを抜いて

左右にパかっと開きます。

 

 

次にこの②の工程。

サイドプレート外しデス。

 

 

これはS&Wと同じ向きで

ビスの位置なども似通ってますね。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424041956j:image

 

 

 

よし・・・外れた。

ガスタンクを摘出するに当り、

次は・・・これだな。

 

 

③ガスルート取外し
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424041937j:image

 

 

 

従来のマルシンガスリボルバー

サイドプレートにガスルートがあったが、

レイジングブルは独立パーツでシタ。

 

 

 

真上に持ち上げたが外れない。

はて・・・?

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424042003j:image

 

 

 

 

よく見ると、ガス放出口の近く・・・

実銃で言うファイヤリングピンブロック辺り

ビスで留まっていますね。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424041924j:image

 

 

 

ココの+ネジを緩めて外すと・・・

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424041928j:image

 

 

 

ガスルートが取り外せました。

 

次はどこを外そうカニ

(v´・ω・)v カニカニドコカニ

 

 

 

④ハンマースプリングの取外し
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424041830j:image

 

 

 

とりあえず、一番手前にあるのは

ハンマースプリングになっている

キックばね・・・。これを外しましょう。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424041853j:image

 

 

 

外れました。

これでハンマーはほぼフリーなので、

あとは小さいスプリングの飛び出しに

十分注意して分解作業を行います。

 

 

 

お次は・・・これっ!

 

 

⑤トリガーユニットの取外し
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424041910j:image

 

 

 

S&Wのリボルバーを分解し慣れてる人は

よくわかると思いますが、通常はこの

ハンドと呼ばれる部分は単品で外れる。

 

 

しかしレイジングブル

トリガーユニット一式が

フレームピンに挿しこんであり

脱着は一式まるっと行う・・・

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424041941j:image

 

 

こんな感じで外れます。

後方の真鍮スリーブとスプリング、

そしてスプリングガイドが、

トリガースプリングユニットです。

 

 

もう少しでタンク外せそう・・・

次行くぜ!

 

 

⑥ハンマーユニットの取外し
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424041921j:image

 

 

 

ハンマーもフレームピンに挿しこまれ

バルブノッカーとユニットになっており、

そのまま真上に引き抜くと外せます。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424042022j:image

 

 

 

こんな風に外れるのデス。

 

 

そしてタンクの取外しなのですが、

最後に・・・

 

 

 

⑦タンク ⇔ フレーム 結合ビス外し
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424041917j:image

 

 

実は反対方向に3か所ほど

タンクを留めているビスがアリマス。

それを外せばタンク取外し完了です。

 

 

位置は・・・

①バルブノッカー付近
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424041900j:image

②タンク最上部後方
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424041903j:image

 

③ガス注入口付近

 

 

 

この3か所に短い+ネジが入ってるので

ココを緩めて外します。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424041827j:image

 

 

 

ビスがものすごく短いので

いきなりポロッと落ちるかも。

注意しながら作業を進め・・・

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424041824j:image

 

 

 

とれた。

 

 


すると無事にタンクが外れます。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424041857j:image

 

 

 

穴があけられたタンクを

取り外した様子。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424041833j:image

 

 

 

左・点検済みタンク

右・穴あきのタンク

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424041944j:image

 

 

ガス注入口もつぶされています。

実はオークション後、自宅に届いて

ガスを注入しようとしたとき、

初めてこの個体がジャンクと気づきました

 

 

説明はよく読まなければいけませんね。

光物ブームと相まってかなり高額な

入札を行って、終了まで競った人もあり。

恐らくこの競り合った相手も、

説明文をよく読んでいなかった

可能性が高いデス。

 

 

あとは取り外した部品を

逆の手順で組付けていきます。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424041931j:image

 

 

 

組みあがった・・・

 

 

 

そして運命の発射テスト・・・

 

 

 

ガス漏れは・・・ない

弾を込めて・・・シリンダーに装填。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424042009j:image

 

 

 

修理ってやっぱり正常に動くのを

この目で確認するまでが不安・・・

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424041849j:image

 

 

 

 

ドキドキだぜ・・・。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424041950j:image

 

 

 

シリンダーをフレームに収め・・・

弾速系をオンにして・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

ポン!

 

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424041934j:image

 

 

撃てた!

ワショーイ

(/・ω・)/

 

 

 

 

 


2発目行くよー

 

 

 

 

パンっ!

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424041843j:image

 

 

 

うん!しっかり弾が出る。

初速は・・・?

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424041953j:image

 

 

 

おお!いいんじゃないか?

 

 

 

3発目!

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424041840j:image

 

 

 

パンッ!

 

 

 

 

数値は・・・?

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424041846j:image

 

 

 

80.25mps・・・

弾は純正LD827。

悪くない数値だ。

 

 

 

良かった・・・

直った・・・

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424042006j:image

 

 

 

2017年の自分の過ちにケリがついたようで

ホッとしました。

 

 

次の記事では、改めて

動画によるレビューと初速計測です。

 

 

 

レイジングブルの記事は

続くよー

(/・ω・)/ワショーイ

飛びついて失敗した買い物の思い出

買い物とは・・・

 

お店に足を運び、現物を見て品定めをし、

所望の品を購入して受け取り、持ち帰ること。

(   ˘ω˘ )ドヤァ

 

 

 

わざわざ辞書で調べなくたって

分かってますよ。

 

 

 

それが当たり前、いや「それ以外があるの?」

 

 

 

 

 

人が社会を形成して物々交換という

営みを開始して以降、長らくそうした

固定概念というものがあった。

 

 

 

通貨・貨幣というものが登場し、

モノと引き換えにお金を払うにしても

冒頭の基本概念は変わらなかった。

 

 

 

 

 

しかし・・・

インターネットの登場・普及は

人類の常識や固定概念を打ちこわし、

今やそんな「当たり前」はすっかり様変わり、

気がつけばネットを利用して、パソコンや

平たいケータイからタッチ一つで買い物が出来る

便利な時代となった。

つまり現物を見ずに画像をみて購入する。

(※・ω・)ノポチッ☆

 

 

 

だか、それゆえに「買い物に失敗する」という

新しい側面を生むことになったわけで・・・

 

 

 

そう、

今回は記事のタイトルにもある通り、

トイガンライフ第7章 光物ブームにおいて

ワタシがやらかしたある失敗に関する

銃のお話です

(;´・ω・)

 

 

 

 

 

 

どん

 

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424041444j:image

 

 

 

マルシン工業

トーラス レイジングブル

ガスリボルバー  MAXI8

 

 

 

 

マルシンが8mmBB弾のジャンルで

孤軍奮闘していましたが、

いつしかニューモデルは全て6mmとなり、

8㎜のニューモデルは出なくなった。

 

併せて従来の8mm仕様のモデルをベースに

6mm化して再販し始める気運があり、

「ならば今のうちに程度のいい個体を確保」と、

流通の減少を危惧した一時期コアなファンの間で

中古市場において価格が高騰していました。

 

 

奇しくも当時のワタシは光物ブーム真っ只中。

・黒いモノと光物を揃えたい

・アンダーラグ付きリボルバー大好き

などなど、合併症を引き起こし、

冷静な判断が全く出来なかったのデス

(;´・ω・)

 

 

では、このレイジングブルのレビューと共に、

当時の失敗を振り返りましょう

 

 

シッパーイ

フリカエーリ

ワショーイ

(*/・ω・)/

 

 

■外観■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424041438j:image

 

実銃のトーラス社は、S&Wやコルトといった

メジャーメーカーよりも価格帯でいうと

スタームルガー社などと同じく、

比較的安価な部類に入るメーカーと思います。

 

 

恐らくこのトーラス社の銃を

トイガンでモデルアップしたのは、

マルシンが初ではなかったかと記憶してます。

モデルアップの経緯は恐らく映画「WASABI」で

主人公のジャン・レノが劇中用いていた事では

ないかなと推察します。

 

 

バレルはフルラグで力強いデザイン。

恐らくスクリーンでも見映えの良い銃だと

思います。

 

 

■フロントサイト■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424041512j:image

 

 

 

ドットやランプなどの細工はされておらず、

シンプルそのものです。

 

 

■リアサイト■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424041422j:image

 

 

上下左右のフルアジャスタブルです。

グラつきやガタはありません。

 

 

■刻印■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424041428j:image

 

 

モデル名と口径が打ち込まれています。

刻印されている通り、モデルアップされたのは

44マグナム版ですが、実銃では454カスール等の

更に強力な弾薬を撃てるグレードが存在します。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424041521j:image

 

 

 

こちらにはトーラス社のコーポレートロゴ

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424041416j:image

 

 

フレームにマルシン 製である事の刻印。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424041457j:image

 

 

サイドプレートはS&Wと同じく、

銃の右側面に付いており、シリンダーの

回転方向もS&Wと同じで、銃口方向に向いて

反時計回りとなっております。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424041407j:image

 

 

 

メーカーのロゴマーク

 

 

 

 

■トリガー■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424041425j:image

 

 

パーティングラインは処理されて、

大変に素晴らしい質感です。

 

 

■ハンマー■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424041435j:image

 

 

 

大柄な銃の割に、小ぶりなハンマー。

ファイヤリングピンは銃に内蔵されており、

ハンマーはコルト社と同じく様な形状です。

 

 

 

 

■グリップ■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424041410j:image

 

 

ラバーグリップで、下にいくにつれ

細くなっていきます。

手の小さい人だと少し握りづらいかも。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424041451j:image

 

 

 

射手の手に伝わる衝撃を吸収するために、

赤いラバーが装着されております。

 

トイガンだとリコイルはなく、

効果の程は分かりませんが、

大口径リボルバーならではの工夫ですね。

 

 

 

 

■シリンダー■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424041503j:image

 

 

 

大口径リボルバーらしく迫力のある薬室。

8mmBB弾は更にその迫力がマシマシ。

 

 

■シリンダーラッチ■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424041404j:image

 

 

このレイジングブルには、

ヨークの部分にもラッチが付いており、

サムピースを前進させるのと同時に、

このラッチを下に押し下げながらでないと

スイングアウト出来ない構造になってます。

 

 

 

 

■HOP調整■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424041454j:image

 

 

この銃のHOP調整はユニークで

フォーシングコーンの手前、

フレームの天井部分に付いています。

 

 

上の画像の様に、プレートを前にスライドすると

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424041518j:image

 

ゼロHOP方向になり、

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424041509j:image

 

 

プレートを手前、射手側の方にスライドさせると

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424041419j:image

 

 

HOPラバーが飛び出してきます。

工具無しで調整出来るのは大変便利です。

 

 

■カートリッジ■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424041500j:image

 

 

 

このレイジングブルは初期型なので、

インサート入りシリンダーです。

そのためカートリッジも現行のモノとは

形状が異なります。

 

 

■ロック機構■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424041447j:image

 

 

 

銃には保管時に誤ってハンマーを起こし

発砲させない様、メカニカルロックをさせる

機構が内蔵されています。

 

 

ロックの起動・解除は、専用のキーで行います。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424041516j:image

 

 

コレがそのキー。

トーラスではなくマルシンのロゴとなります。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424041413j:image

 

 

ハンマーの後部にロック穴があります。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424041431j:image

 

 

キーを差し込んで締める方向に回すと・・・

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424041506j:image

 

 

機械的にハンマーを起こさせない様な

ロックが作動します。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424041441j:image

 

 

この通り、ロック後はハンマーが起きません。

 

 

ちなみに・・・

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424041528j:image

 

 

 

トイガンならではのマニュアルセイフティも

しっかり搭載されてますけどね(笑)

(;´・ω・)

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424041524j:image

 

 

というわけで、ワタシの失敗した思い出の銃

マルシン トーラスレイジングブルでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・え?

具体的な失敗の話が出てないって?

 

 

 

話はこれからですよ。

もっとも、その失敗とは何なのか、

画像にはずっと映ってましたけどね。

 

 

 

トーラスレイジングブルの記事は

続くよー。

 

ファン付きゴーグルの音量を・・・下げるッ!

先日完成したファン付きゴーグルですが

 

 

 

 

 

 

 

 

取付直後にちょっと気になることが・・・

 

 

 

 

 

それは・・・

 

 

 

 

 

音がうるさい

(;´・ω・)

 

 

 

 

 

そこで音を静かにするための

さらなる加工を施しまシタ。

 

 

 

 

その様子を動画にまとめましたので

ご覧ください。

 

 

 

どぞ

(*・ω・)ノ

 

youtu.be

https://youtu.be/VqRmrgjWMTQ

 

 

 

今月のサバゲー

5月21日(土)昨日行ってまいりましたが、

今回製作したファン付きゴーグルの

運用開始となりまシタ。

 

 

セーフティで皆さんにファンの音が聞こえるか

ヒアリングしましたが、聞こえないとの事。

ただし全員が話をやめて、

耳をすませば隣の人は聞こえるという程度。

 

 

フィールドインした後は

全く分からないとの事でシタ。

 

 

 

 

 

素晴らしい・・・

 

 

 

 

そしてカインズのバッテリーは

結局一日持ってしまいました。

 

 

フル充電してパイロットランプは4灯点灯

 

フィールドイン時にオン

フール度アウト時にUSBを抜いてオフ

 

 

 

結局今日一日でランプは1つしか

減ってなかったです。

 

 

ファンの取り付け運用開始も

大成功でシタ。

 

 

 

 

このファン付きゴーグル

めっちゃおススメなの

(*・ω・)ノ

 

 

 

楽しかったサバゲヱ

今日も一日

楽しかたーッッ!

ワショーイ

(/・ω・)/ミ

 

 

今回のサバゲーテーマは

どん!

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220521224127j:image

引用:西部警察パート3 第23話より

 

 

西部警察part3

第23話の山形篇で

ベレー帽をかぶってミサイルを防いだ

鳩村刑事になり切りたかった!

 

 

でアリマス。

(*・ω・)ノ☆

 

 

 

 

 

 

 

そして、鳩村刑事の右手には

コルトパイソンPPCカスタムが!

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220521224328j:image

引用:西部警察パート3 第23話より

 

 

ちなみにこのシーン、

パート3で鳩村刑事とバディを組む

山県刑事(柴俊夫さん)も同時に貨物に

強行乗車しており、その右手には

M29PPCカスタムが!

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220521224305j:image

引用:西部警察パート3 第23話より

 

 

 

 

 

いやあ・・・このパイソンとM29の

PPCカスタムの共演・・・素晴らしい。

 

 

 

 

この放送回については、

珍しく平尾刑事(峰竜太さん)が

スーパーZのステアリングを握っており

敵の銃弾を避けながら貨物列車と並走し

助手席の五代刑事(石原良純さん)が

応射するというシーンもあり、

山形篇は見どころがたくさんありマス。

 

 

 

 

 

 

胸が熱くなるこの放送回の鳩村刑事に

シンクロしてサバゲーしたいぜ!

 

 

 

 

 

というわけで、先日サバゲーの前に

レプマートによってベレー帽を購入

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220521224310j:image

 

 

 

 

 

こうしてパイソンPPCカスタムを手に

ベレー帽をかぶってサバゲーに行くことに

したのですが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220521224337j:image

 

 

 

 

パイソンはいいけど

メインはどうすんの???

 

 

 

 

というわけで、今回ベレー帽という事もあり

メインアームをこれにしたのデス。

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220521224343j:image

 

 

 

 

東京マルイ FA-MAS

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220521224334j:image

 

 

 

予備マガジンもたくさん

(*・ω・)ノ☆きらーん

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220521224349j:image

 

 

 

 

 

 

というわけで今日のテーマは

山形篇の鳩村刑事になり切る

    +

フランス人になる?という

ミックスしたテーマになって

このいでたちだったわけです。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220521224346j:image

 

 

 

実はこのコルトパイソン

以前2月26日のサバゲーにおいては

ノンHOP状態だったのデス。

 

 

というのも、何かカスタムパッキンを

組まれていたのか?

中古で入手後、0.25g弾を用いても

弾が天を衝くような弾道で、

ほとほと困ってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

一度分解してマルイVパッキンに

交換しようとしたのですが、

現行モデルのパイソンはパッキンが異なり

マルイVパッキン化が出来なくなりました。

 

 

 

そこでもとに戻そうと思ったのですが

パッキンの戻し方がわからず、

結局そのままノンHOPで使用してました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後パイソンの組立方法が判明し

前日にパッキンを組みなおして、

今日は0.2g弾で直進弾道となりまシタ。

 

 

コイツでヒットを取れた時は

うれしかった

(/・ω・)/

 

 

 

 

続いてこれも使いたかったので

持ってきました。

 

 

 

 

 

 

どん

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220521224316j:image

 

 

 

東京マルイ

US   M9A1 ガスブローバック

 

 

ショートマガジンとロングマガジンが

それぞれ2本ずつ家にあったので

持ってきましたが、前回のインドアで使用した

初期型M92Fと作動が全っっ然違うッッ!

 

 

 

イイの!

(  ・∀・)

 

 

 

HOPも可変で0.25gが遠くまで飛ぶし、

キックも鋭くいい弾道。

 

 

 

本日後半はハンドガン戦でしたので、

大変に重宝致しまシタ。

 

 

 

 

 

そして久しぶりの登場

 

 

 

 

どん

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220521224313j:image

 

 

 

東京マルイ VSR-10 改

レミントン M24SWS 

 

 

午前中の狙撃はそこそこ捗りまシタが、

今回のフィールドは№9のHVという

非常に高低差のあるフィールドで、

思ったように弾の着弾が読めず、

まだまだ自分の技術不足を

痛感する日となりまシタ。

 

 

 

そしてもう1挺ボルトアクション

 

 

 

 

どん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220521224322j:image

 

 

 

クラウン スーパーライフルU10シニア

      ON

テクニカ ステージⅢ DX木製ストック

 

 

 

チームの中にクラウンのライフルを買い

カスタムして持参するという方がいたので

共演ということでワタシもこれをもって

臨みました。

 

 

ワタシがお世話になっているチームでは

ボルトアクションをメインで使う人は

ワタシ以外にはほぼおらず、

今回クラウンを持ち込んだ方と私で

 

  狙撃 vs 狙撃

 

 

高低差があるので比較的近距離ですが、

お互いが少し見える互いの姿を

必死に撃ち合いしました。

ブッシュが濃く、決着はつきませんでしたが

非常に楽しかったです。

 

 

 

 

なおクラウンU10は銃本体が非常に軽く

持ち運びしやすく動きやすかったです。

 

 

 

 

 

そして午後のエアコキ戦は・・・

 

 

 

 

どん

 

 

 

 

 

 

 

 



f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220521224325j:image

 

 

 

 

東京マルイ コルトガバメント

 

 

コイツにFサイトとオメガグリップ、

マグバンパーを付けて臨みました。

 

 

 

今回のエアコキバトルロワイヤルは

敢え無く初戦敗退となってしまいましたが、

エアコキ戦はいいですね。

本当に楽しイ。

大人が童心に帰ってキャッキャと楽しめる。

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220521224352j:image

 

 

 

マルイのエアコキは昭和も平成も、

そして令和の今も、庶民の味方。

こんなに安くて丈夫でよく当たる銃は

無いですよ。

他社も性能が上がってきていますが、

やはりマルイの¥1,900シリーズの系譜が

最強ではないでしょうか?

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220521224331j:image

 

 

 

前日まで危ぶまれた天候も、

午前10時に雨が止み、

お昼も過ぎることになると

空が明るくなり、時折雲に切れ間があった。

 

 

 

 

 

そして本日検証となっていた

サバゲー用ゴーグルの

曇り止めファンですが、

結果は大成功!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日一日雨上がり且つ屋外フィールドで

気温もそこそこ上がるという、

良くないコンディションにも関わらず

全く曇りしらずの一日でシタ。

 

 

 

なおゴーグルのレンズ部分に

クラッチキズが入ってしまい

視界が悪くなったので、

後ほどゴーグルは同じものを買い直し、

ファンを新しいゴーグルに移植します。

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220521224307j:image

 

 

 

 

今回も安全に楽しめました。

仲間に

フィールドに

メーカーさんに

 

 

 

感謝

(  ・人・)♬

 

(/°▽°)/午後の部始まりました

午前の部が終了しました。

 

 

 

午後はコレです

 

 

 

 

 

どん

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220521140443j:image

 

 

 

 

お昼はカレーです

(  ・∀・)

 

 

 

そして午後の獲物はコレです。

 

 

 

 

 

どん

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220521140435j:image

 

 

 

久々のボルトアクション

東京マルイVSR10改

レミントンM24SWS

 

 

 

もう一つ

 

 

 

どん

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220521140446j:image

 

 

クラウンU10シニア

    +

テクニカ ステージⅢ    DX

木製ストック

 

 

 

 

どん

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220521140440j:image

 

 

 

コイツは初投入

東京マルイベレッタ M9A1

 

 

 

コレで出撃してます。

 

 

ワショーイ

(/°▽°)/

 

 

今日の銃は?

今日の銃はコレ!

 

 

 

どん!

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220521100128j:image

 

 

 

東京マルイ

FA-MAS

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220521100132j:image

 

 

 

予備マグもバッチリ!

 

 

 

サイドアームはコレ!

 

 

 

 

 

どん!

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220521100139j:image

 

 

 

タナカワークス

コルトパイソン  PPCカスタム

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220521100409j:image

 

 

 

今日のテーマは

 

 

 

 

ズバリ

 

 

 

西部警察part 3

山形ロケ篇の

鳩村刑事になりきろう!

    &

フランス人になろう!

 

 

です

 

 

 

 

そろそろ第一ゲーム始まります!

行ってきます!

 

 



準備完了!

準備完了しましたしました

(  ・∀・)ニヤニヤ

 

 

今日のテーマは後ほどアップしますが、

昨日の記事にあったレプマートでの買い物

 

 

 

コレを開封します

 

 

 

 

 

どん

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220521092450j:image

 

 

 

ベレー帽です

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220521092832j:image

 

 

さてそろそろミーティングが始まるようなので、

テーマ発表は後ほど。

 

 

 

 

それではいざ

出撃ィィィ

 

(/°▽°)/明日はサバゲーェェェ!!

なんと今月2回目のサバゲー

 

 

 

ワショーイ

(/°▽°)/

 

 

先日のサバゲーは親子イベント

千葉県市原市にあるダブルクロスさんでの

催しに参加してまいりましたが、

明日のサバゲーは、いつものメンバーによる

貸切ゲームとなります。

 

 

 

先日のダブルクロス親子サバゲー

ワタシのサバゲーにおける原点

長沢克泰先生の名作「the EDGE」における

主人公 御子神鋭士の装備で臨みましたが、

さて今回は・・・

 

 

 

 

 

 

テーマがあります

(  ・∀・)ニヤニヤ

 

 

 

 

 

今回のテーマ・・・ヒントはコレ

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220520133622j:image

 

 

 

レプマートの袋??

(´・ω・)?

 

 

 

 

この中身が明日のテーマです。

 

 

 

使う銃も、このレプマートの買い物袋に入ってる

品物に通じるものであります。

 

 

 

 

 

どんな銃を使うのか

お楽しみだっちゃデス

 

 

ゴーグル用のファンを二機がけに・・・するッ!

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220508224536j:image

 

 

 

というわけで準備した

2台の超小型ファンとモバイルバッテリー

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220508224529j:image

 

 

 

 

こいつをどのようにゴーグルへ取付けるか

考えてまいりましょう。

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220508224532j:image

左:未加工品  右:ダイソー用加工品

 

 

 

今回は未加工品のゴーグルを使い

ファンを2台取り付けます。

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220508224540j:image

 

 

 

今回のファンはダイソーのファンよりも

更に小型なので、ゴーグル内への装着後も

十分な視界が確保できると踏んでいますが、

さて・・・どこにつけようか・・・

(  ・∀・)さてさて

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220509001352j:image

 

 

 

横につけようか・・・

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220509001349j:image

 

 

 

それなら穴あけが

必要になるかな・・・

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220509001248j:image

 

 

 

色々鑑みた結果・・・

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220509001404j:image

 

 

 

 

決めました。

取付位置は・・・

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220509001307j:image

 

 

 

この位置に取り付けることにします。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220509001219j:image

 

 

 

ファンの四隅には穴が開いており、

この製品本来の使用目的であれば、

PC基盤や回路の付近にねじ止め

又はハンダ付けなのでしょうが・・・

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220509001301j:image

 

 

 

ゴーグルは柔らかい樹脂だしな・・・

どないしよ・・・

 

 

 

 

と、思った時、

ある事に気づく!

(; ・`д・´) あッ!

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220509001346j:image

 

 

 

ファンのここに・・・穴ッ!

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220509001245j:image

 

 

 

 

ゴーグルのここにも・・・穴ッ!

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220509001229j:image

 

 

 

そしてこの黒いモールは・・・

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220509002432j:image

 

 

 

 

元々ファンのケーブルを束ねてたアレ

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220509001222j:image

 

 

 

 

そうそう・・・こんな風に通して・・・

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220509001304j:image

 

 

 

ゴーグルの通気孔に通して・・・

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220509001241j:image

 

 

 

出来ったったよ

(/・ω・)/

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220509001343j:image

 

 

 

こうしてモールで固定しただけ。

 

 

 

さて、風量等はどうかな?

電源をつないだその時・・・

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220509001225j:image

 

 

 

 

あれ・・・?

ファンが回らない・・・

何でだ??

 

 

 

よく見ると・・・

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220509001355j:image

 

 

 

ファンとゴーグルが干渉して

回らなくなってる!

 

 

 

 

というわけで・・・

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220509001401j:image

 

 

 

ダイソー 隙間テープ

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220509001235j:image

 

 

 

小さく切って・・・

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220509001358j:image

 

 

 

4枚切り出したうちの・・・2枚を・・・

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220509001206j:image

 

 

 

更にハサミでカットして・・・

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220509001251j:image

 

 

 

高さが違うものを2個ずつ作ります。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220509001213j:image

 

 

 

これをファンの各所に貼り付けて・・・

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220509001238j:image

 

 

不要な箇所を切り落としていきます。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220509001258j:image

 

 

 

このスポンジは・・・

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220509001311j:image

 

 

 

 

ゴーグルのこの部分に貼り付けて・・・

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220509001209j:image

 

 

 

こんな感じにしてみたよ。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220509001255j:image

 

 

 

若干後方を持ち上げて角度をつけ、

風がゴーグルのレンズに当るようにした。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220509001232j:image

 

 

 

 

スイッチオンした結果・・・

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220509001216j:image

 

 

 

おおお!動いた!

ファンから風、めっちゃ出てるよ。

マスクをしてハフハフしても

曇らない!よっしゃ!

 

 

 

上手くいった・・・

これを次回のサバゲーに持ち込みます。

 

 

なお、我が家にあるゴーグルは

両方ともレンズにスクラッチキズがあり

太陽の角度によっては全く視界が効かず

戦闘中に苦労することしばしば

(  /_<)-☆まぶしー

 

 

 

 

ほどなく買いなおしするのですが、

ゴーグルを買い替えても

これならすぐにファンもお引越し

可能な状態であります。

 

 

次のゲームは5月21日ですので

その日のゲーム以後、またこのファンの結果を

ブログで報告いたしますが、その前に

 

 

 

「ファン付きゴーグルを作動させた時の

  音量変化について」

 

 

コレを動画にまとめましたので、

次の記事でご覧下さい。

 

 

 

 

 

 

検証 ゴーグルの曇り対策

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220508183557j:image

 

 

 

 

先日の記事において

サバゲー用ゴーグルの曇り対策として

ダイソーで買ってきた小さいファンに

乾電池式モバイルバッテリーをつなぎ、

親子サバゲーに出かけたのですが・・・

 

 

 

(;´・ω・)

 

おさらいしますと、

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220508183601j:image

 

 

 

 

このファンとバッテリーを無造作に・・・

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220508183606j:image

 

 

 

 

特に固定することもせず、

ゴーグルの隅っこに入れてサバゲーGO

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220508183858j:image

 

 

 

 

チョッとした加工・・・としては

穴をあけて流量確保したくらい・・・

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220508183952j:image

 

 

 

こんな感じでゴーグルに

突っ込んで出撃しました。

 

 

 

結果は・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大いに効果あり

 

 

 

 

 

 

チョッと自分でもびっくりしました。

当日の気温はダブルクロスのお隣、

千葉市の気温で24℃。

 

 

ちょっと動けばすぐに暑くなり、

すぐゴーグルが曇る条件下ですが

このファンを回していたおかげで

ゴーグルは全く曇りませんでした。

 

 

 

ワショーイ

(/・ω・)/

 

 

 

 

 

しかし、運用していくうちに

こんな弱点が・・・

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220508184411j:image

 

 

 

 

ファンが一つ、気流も1方向なわけですが

図のようになっています。

 

 

 

 

すると・・・

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220508184902j:image

 

 

 

 

このように黄色部分はクリアな視界、

しかし緑部分には曇りが残る。

(;´・ω・)

 

 

 

 

 

 

左右にファンを置けば解決・・・

と言いたいところですが、

このファン、小型とはいえ、

2個も入れればさすがに嵩張ります。

 

 

そこで・・・

 

 

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220508185046j:image

 

 

 

 

Amazonでその対策を・・・するッ!

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220508185503j:image

 

 

 

 

届いたのはこれです。

同じものが2個。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220508185516j:image

 

 

 

 

そのラベルに記されているのは・・・

そうです!

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220508185512j:image

 

 

 

USB電源式

超小型ファン ×2個

 

 

 

 

ダイソーファンをゲットする前、

秋葉原を散策して小型ファンを探しましたが

目当てのモノが見つかりませんでした。

 

 

小さいものを発見はしたものの

・コードは自分で要ハンダ付け

・ファンそのものが高価

 

というネックがあり購入をせず。

 

 

 

 

ネットで探したところ・・・

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220508185524j:image

 

 

 

USB電源でハンダ付け不要という

素晴らしい小型ファンをゲット。

 

 

このファンは1個¥866(送料込)です。

これはいい買い物をしました。

 

 

 

 

そして電源についても、

今回はアップデートします。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220508185507j:image

 

 

 

ダイソーファンは1台でしたから、

このモバイルバッテリーも・・・

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220508185520j:image

 

 

 

USBポートは1ポートのみ。

これでは2台のファンを回すのに

ポート拡張が必要になりますね。

 

 

そこでこれです。

 

 

 

 

どん

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220508184950j:image

 

 

 

5000mAhのモバイルバッテリー・・・

 

 

で・・・

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220508190209j:image

 

 

 

こいつを使うのですが、

なんといってもここがポイント!

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220508190227j:image

 

 

 

OUTPUT1   と  OUTPUT2

  (*'▽')☆

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220508190233j:image

 

 

 

このようにポートが2か所あれば・・・

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220508190219j:image

 

 

 

USBファンが2台運用できるってことです。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220508190223j:image

 

 

 

今回のコレ・・・

暮らしのそばにカインズ・・・なのですが、

何と¥798(税込)

更に溜めていた100ポイントを使用し

今回は¥698(税込)と、

格安購入が出来ました。

ワショーイ

(/・ω・)/

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220508190230j:image

 

 

 

 

で、このように2台のファンを同時に回し

ゴーグル内にムラなく送風し、

より曇り止めを強化しようという

考えであります。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220508190237j:image

 

 

 

 

小型だけど、静かで結構な風量を感じます。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220508190213j:image

 

 

 

 

さて・・・

こうして準備したアップデートパーツ

超小型USBファンとモバイルバッテリー

 

 

 

この2つを使って、さらにゴーグルの

曇り対策を進めてまいるのです。

 

 

記事はつづくよー

 

 

負けるな僕らのバスボンドQ! ガス漏れトラブルシューティング!

では・・・と

(;´・ω・)ドキドキ

 

 

 

 

 

 

 

修理から一夜明けて

日曜日になりまシタ。

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220508164547j:image

 

 

 

 

ドドスコスコスコ

ドドスコスコスコ

ドドスコスコスコ

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220508164626j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガス注入。

 

 

 

 

 

 

結果わ・・・?

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220508164723j:image

 

 

 

よし!

スローリークの音がしなくなった!

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220508164825j:image

 

 

 

放出バルブのテンション・・・ヨシッ!

 

 

 

 

そして

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220508165022j:image

 

 

 

運命の試射!

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220508170715j:image

 

 

 

 

結果は・・・

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220508170804p:image

 

 

 

 

 

トリガーを引いてハンマーが落ち

ファイヤリングピンを叩く・・・

ほんの一瞬の出来事なのに

長く感じる・・・

 

 

 

バンッ

 

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220508170824p:image

 

 

 

 

 

 

よっしゃ!

弾が出たぞ!

問題なく作動している。

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220508170859j:image

 

 

 

おお!弾がしっかりと出たぜ!

初速も問題のない数値だ。

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220508170903j:image

 

 

 

ホールドオープンもバッチリだ!

 

 

 

もう一本のマガジンも行くぜ!

 

 

 

 

 

バシュッ

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220508170846p:image

 

 

 

 

こっちもホールドオープンしました。

したがってマガジン修理成功です。

 

 

 

今回のガス漏れ、スローリークは

注入バルブではなく、マガジンベース

あることがわかりまシタ。

 

 

これでまた戦えます。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220508170836j:image

 

 

 

これから夏を迎えるからな・・・

今年の夏もアツくなりそうだ。

 

 

 

いまだ無敗のバスボンドQ

私たちサバゲーマーの心強い味方。

ありがとうバスボンドQ。

 

 

 

(゚o゚;; 無敵のバスボンドQ まさかの敗北か・・・?

 

ココに並んでいるのは

東京マルイ MEUピストル用の

マガジンである。

 

 

 

しかも2本も・・・

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220507205158j:image

 

 

 

 

2022年4月16日、U-BOXサバゲーにおいて

注入バルブ付近からのガス漏れが確認された

 

 

確かに当日は寒かったので

ガスブロが動かないというのも

仕方ない状況だったのだが、

それよりも問題だった事がある。

 

 

セーフティでガスを充填したのに

フィールドインして銃を抜き、

ゲーム開始⇒開幕ダッシュ⇒索敵

 

 

そして・・・接敵!

 

 

 

クイックピークでトリガーを引くと

 

 

 

 

カチッ☆

 

 

 

 

ハンマーがむなしく落ちるだけ

スライド動かず弾も出ず。

 

 

 

慌てて射線を切って身を隠し、

しゃがんでマガジン交換をする。

 

 

 

もう一度立ち上がり、

カッティングパイでジリジリと

角の向こうの敵を探る・・・いるッ!

 

 

 

もう一度クイックピークで

トリガーを引くと

 

 

 

 

カチッ☆

 

 

 

 

 

 

その回は銃が使い物にならず、

同じく持ちこんだKSC M11も

 

 

 

武州・・・

 

 

 

もとい

 

 

ブシューッ

 

 

 

 

セーフティに戻り、

もう一度MEUマガジンにガスを入れた

その時

 

 

 

・・・しゅ~・・・

 

 

二本とも!

 

 

 

 

 

マジか・・・

 

 

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220507205202j:image

 

 

 

これまで読者の皆さんであれば

「またガス漏れ修理か?」と

お気づきになると思うのですが、

なんとこのMEUマガジンx2本は

注入バルブからのガス漏れを確認したので

前日にバスボンドQで修理したばかりなのに、

 

 

 

 

\直らなかたーッッ/

(; ・`д・´)

 

 

 

 

 

 

 

ココまでガス漏れに連戦連勝。

もはや無敵と思ったバスボンドQが

まさかの敗北・・・?

 

 

 

 

・・・かもデスが、

マガジン下部からのガス漏れ要因は

何も注入バルブのOリングのみとは限らない。

 

 

・マガジンベースの密着不良

・注入バルブそのものが劣化した

 

 

 

この2つも底部からのガス漏れ症状として

考えられうるものです。

 

 

というわけで今日はマガジンベース

ガス漏れ修理を疑って、

もう一度バスボンドQでトライします。

 

 

 

もしこれでだめならば、

注入バルブそのものを変える必要が

あるという事になりマス。

 

言わば段階を踏んだトラブルシュートで

ございます。

 

 

 

マガジンベース

ガスモーレー

シューリ

ワショーイ

(/・ω・)/

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220507205241j:image

 

 

 

今回はマガジンベースを外します、

 

 

ベースと一口に言っても

・ボトムプレート

・マグバンパー 

といったパーツ類で構成されますが、

このMEUピストルのマガジンは

バンパーとプレートが一体なので

いきなり本丸の六角ナットを緩め、

ベースを取り外します。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220507205229j:image

 

 

 

外れました。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220507205226j:image

 

 

 

1本は中が白化しており、

もう1本はキレイでシタ。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220507205222j:image

 

 

 

実績と信頼のバスボンドQ

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220507205212j:image

 

 

 

豪快に綿棒ですくい上げて

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220507205236j:image

 

 

 

塗ったくります。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220507205233j:image

 

 

 

マガジンベース部に塗布

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220507205215j:image

 

 

ケースに挿しこむと、

余ったバスボンドQがはみ出しますので、

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220507205205j:image

 

 

 

ペーパーウエスでキレイにふき取り、

清掃します。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220507205218j:image

 

 

 

よし・・・ここも密着完了。

 

 

 

 

 

あとはまた1日放置して

ガス漏れが起きるかどうか・・・

 

 

 

もし同じように注入バルブから

もれるようでしたらば、それはもう

バルブの寿命という事になりマス。

 

 

 

 

トラブルシューティングの夜は

更けていく・・・