DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

(;・∀・)活用の日々が続くんですが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230123002418j:image

 

 

 

ジャンク品のガス漏れを直し

余っていたグリップを活用して

在庫していたV HOPパッキンまで投入し

やらかしたマガジンを活用出来たかに見えた

このハードボーラー 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230123002421j:image

 

 

 

まさかの敗北

(;´・ω・)

 

 

このままではマガジンだけでは無く、

銃本体までやらかしてしまう事になる。

 

 

 

マズイマズイ!

何がマズイのか検証だっちゃッッ!

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230123003421j:image

 

 

 

相変わらずダブルアクションはきかない。

何がおかしいのか?

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230123003424j:image

 

 

 

理由としてはハンマーがダウンしたあと、

トリガーが所定の位置に戻らぬ点が怪しい。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230123003427j:image

 

 

 

どうもこう・・・なんなかその・・・

引っ掛かりがあるんだよな。

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230123003430j:image

 

 

その違和感はハンマーをコックした時が

顕著に現れる

 

 

 

銃の中で部品同士が干渉してる様だ。

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230123002442j:image

 

 

 

このハードボーラーには新品の状態で

マガジンが2本付属しているのですが、

先ほどの試射で気になった事がある。

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230123003506j:image

 

 

 

マガジンの挿入が

途中からキツくなる事です。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230123003510j:image

 

 

 

1本だけならまだしも2本とも同じ場所で

動きが重くなり、キツくなる。

抵抗が生じ装填できない症状。

マガジンの不調だとしたら不自然だ。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230123003513j:image

 

マガジンA

とにかく硬い。

ここから先に押し込み辛い。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230123003517j:image

 

 

マガジンBも全く同じところでこうなる。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230123003520j:image

 

 

 

マガジンがキツイ場所と

トリガーの動きが硬い場所が一致する。

こればフレームに異常ありのようだな。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230123002510j:image

 

 

 

一旦途中までバラして作動させてみる。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230123002515j:image

 

 

やっぱりトリガーの動きも硬い。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230123002519j:image

 

 

 

ハンマーが落ちたので、人差し指を緩め

引き切ったトリガーを戻そうとするも

やはりトリガーは所定の位置に戻らず、

途中で止まってしまう。

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230123002523j:image

 

 

もしかしてここかな?

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230123002528j:image

 

 

 

フレームのビスを締めすぎたのか?

緩めて作動させてみる。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230123002532j:image

 

 

先ほどと同様シングルアクションで

トリガーを絞ってみる。

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230123002537j:image

 

 

 

ハンマーの落ちは先ほどより少しいい。

トリガーから指を離すと、こちらも

さっきよりは戻りが良い。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230123002541j:image

 

 

 

なるほど、あとは・・・

パーツ同士が干渉する場所を

調べてみよう。

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230123002545j:image

 

 

 

ココ・、・やっぱり硬いな。

マガジンがココからキツくなる。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230123002548j:image

 

 

 

マガジンを装填してみたところ。

配置におかしな点はないし、

なぜ正常に作動しないのか・・・

皆目見当が付かぬ。

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230123002553j:image

 

 

シアも外して様子を見るか・・・

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230123002558j:image

 

 

 

フレーム右側。

ココには左側にはない

トリガーバーのガイドが付いている。

トリガーをセットしてみると・・・

 

 

 

 

ムムッ!

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230123002602j:image

 

 

 

リアランスがタイト、ほぼ接触してる。

当然動きも硬く、作動に支障も出る。

 

 

というわけで

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230123002607j:image

 

 

ココを少し切削し広げてみました。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230123002612j:image

 

 

トリガーバーを当てて動かしてみる。

うむ、スコスコである。

 

 

 

さて、これでトリガーとマガジンの不調は

解消される事だろうと思うので、

次はチャンバーパッキンの不調を直します。

 

 

活用の模索は続く。

(;・∀・)活用出来なかたーッ!

 

 

 

 

修理の翌朝を迎えました

 Σ・)/~ チュンチュン

    (スズメが鳴く声)

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230122214115j:image

 

 

昨晩のハードボーラーカスタムは

我ながらイイ閃きだったな。

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230122214119j:image

 

 

 

ロングスライドに黒のグリップ。

見慣れたマットステンレス風スライドが

今朝はやけにカッコよく見える・・・

 

 

 

 

さて・・・早速屋外レンジで

試射してみっかな~と、

余裕ぶっこいてガス注入。

 

 

 

すると・・・

 

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230122214122j:image

 

 

しゅうぅ・・・

 

 

 

 

 

なんだとぉっ!

(; ・`д・´)

 

 

 

 

なんとまさかの修理失敗。

 

 

 

 

こ・・・これは仕方ない!

とにかく急いで試射して

HOPの聞き具合を・・・

 

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230122214126j:image

 

 

まずは初速の計測です。

室温・・・17.3℃

湿度・・・34%

弾薬・・・0.2gバイオ弾

 

 

 

そそそそれではッ・!

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230122214129j:image

 

 

慌てて弾速計に銃口を向けて

トリガーを・・・引くッ!

 

 

 

おい!

相変わらずダブルアクション出来ないぞ!

トリガーも修理失敗!

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230122214133j:image

 

 

 

 

 

大慌てでハンマーを起こし、

昨晩と変わらない異様な硬さのコッキングに

キモチが沈みながらも・・・発射ッ!

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230122214136j:image

 

 

 

発射・・・って、はっ・・・しゃ・・・

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230122214140j:image

 

 

何回シングルアクションをしても

弾が出ない・・・

 

なんでだ!

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230122214143j:image

 

 

何回もやってるうちに

偶然1発だけ出た。

 

 

 

初速は?

(; ・`д・´)

 

 

 



f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230122214152j:image

 

 

 

まさかのerror

(;´・ω・)

 

 

 

なんだ・・・マガジンがダメなのかな?

 

 

 

 

というわけでもう1本付属のマガジンに

差し替えてみる・・・が、

 

 

 

 

 

 

 

くっ・・・

 

 

 

マガジンがここまで挿さったところで

急激に抵抗を感じるようになる。

 

 

 

あれ?このマガジンもダメなの?

 

 

 

 

 



f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230122214158j:image

 

 

 

強引にマガジンを押し込み装填し

計測するも、やはり弾は発射されず・・・

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230122214201j:image

 

 

 

 

何度繰り返しても・・・弾は・・・出ず。

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230122214205j:image

 

 

 

業を煮やして銃口から装填。

策禳で弾を押し込む火縄銃よろしく

この方法で計測してみることに・・・。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230122214209j:image

 

 

 

パンッ☆

よしッ・・・初速は???

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230122214212j:image

 

 

40.74mps

(;´・ω・)チーン

まさかのほぼ10禁初速・・・。

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230122214216j:image

 

 

 

ウィルソンの時はもっといい数値だった。

同じ構造のハードボーラーでこの数値は

やはり低い・・・。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230122214219j:image

 

 

 

もしかして弾の保持位置が良くなかった?

もう一度銃口から装填しなおし、

チャンバーのいい位置で待機させてから

もう一度引き金を・・・

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230122214222j:image

 

 

38.43mps

ミ(ノ_ _)ノ

 

 

 

 

 

マヂですか・・・。

 

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230122214226j:image

 

 

 

 

まさかの活用大失敗。

 

 

 

何でこんなことに・・・

 

 

 

バスボンドQが乾かぬ夜 アイデアが止まらない

 

 

 

 

 

 

さて・・・HOPの組み込みが終わり

一息つく。

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230122014510j:image

 

 

 

そして一息ついたとき、

また思い付きで

 

 

 

 

 

(そういえば・・・余ってたっけ・・・)

 

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230122014514j:image

 

 

 

東京マルイ

MEUピストル用純正グリップ。

 

 

 

先日、ナショナルマッチから取り外した

コレ

 

deltaelite-10mmauto.hatenablog.com

 

 

 

 

せっかくだからこれも付けて

ハードボーラーのイメージを

変えてみたいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230122014519j:image

 

 

左右パネルの取り付けは問題なし。

しかしグリップ前方の部分は、

大きさが合わないため取り付け不可。

ココはナシで行こう・・・。

 

 

で、出来上がった姿が・・・

 

 

 

 

 

 

どん

 

 

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230122014523j:image

 

 

おおおお~

(;・∀・)

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230122014528j:image

 

 

自分で作ってこう言うのもなんですが

かなりカッコいいんではないでしょうか?

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230122014532j:image

 

 

 

アンビセイフティ用だから

右は少しスカスカな印象を受けるけど

握る分には何も問題ない。

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230122014537j:image

 

 

 

いやぁ・・・これはいい活用になったな。

 

 

というわけで、

家にあるパーツを活用してできた

東京マルイ ハードボーラー

固定スライドガスガン。

 

 

明日になったら屋外レンジで

試射・・・開始ッ!

(/・ω・)/

 

バスボンドQを乾燥させている間に気づいた事



バスボンドQによる処置が終わり

乾燥のためしばし修理は中断。

残りは明日・・・






f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230122014255j:image




乾燥のためタンクを置き、しげしげと

ハードボーラーを眺めてみる・・・。





f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230122014300j:image




銃の内部を見てふと思った。





f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230122014305j:image




コレ・・・ノンHOPなんだよな・・・

もしかしたらHOP付けたら楽しいカモ





f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230122014309j:image




昭和の¥1,900シリーズも、

部品移植で簡単にHOP化できたもんな。

ルガーも・・・。









f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230122014312j:image




コイツも固定HOP化・・・してみるか!

(◎_◎;)







で、ある部品を取り出す。








「ある部品とは・・・コレ」







f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230122014423j:image




東京マルイ ガスリボルバー

V-HOPパッキン



我が家には在庫があと2つあるので、

今回のハードボーラーHOP化に

コイツを使うとしましょう。






f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230122014426j:image





2つのチャンバーパッキンを並べて比較

大きさも太さもほとんど同じ・・・ポイ。





f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230122014429j:image




何となく同じといえば同じだし、

違うといえば違うように見える。






f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230122014433j:image



で、組み込んだ様子がコレ。


なかなか自然じゃない?





f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230122014436j:image




光にかざしてみる。

うん、自然だ。





というわけでバスボンドQが乾くまでの間

思い付きでやってみたカスタム

ハードボーラーのHOP化でした。





さて、マガジン活用のためにハードボーラーを・・・直すッ!

 

 
 
 
 
さて・・・パッケージや銃本体の
レビューが終わったところで、
チャチャっと修理に取り掛かりますか!
 
 
 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230122014129j:image

 

 

 

前出記事でも触れましたが

このハードボーラーの不具合箇所は

2か所。

 

①ガス漏れ

②ダブルアクション不可

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230122013419j:image

 

 

 

まずは分解してまいりましょう。

 

手順は以下の通り。

 

 

 

ブンカーイ

ワショーイ

(/・ω・)/

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230122013424j:image

 

 

アサイトの上下調整ビスの後ろ

小さな穴が開いておりますが、

ココの+ネジを緩めます。

 

 

なおこのネジは緩むだけで、

取り出しはできないようになっています。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230122013428j:image

 

 

 

アサイト内のビスを緩めたら

スライドを前方に引っ張り、

持ち上げながら取り外します。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230122013433j:image

 

 

 

するとスライドがスポッと外れます。

こんな感じです。

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230122013437j:image

 

 

 

次にセイフティを外そうと思いましたが、

おっといけねえ。

 

 

グリップ外すの忘れてた。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230122013442j:image

 

 

左右のグリップを外します。

これはスクリューを外せばいいだけなので

チョー簡単。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230122013445j:image

 

 

 

左右のグリップが外れました。

これでサムセイフティも取り外せます。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230122013448j:image

 

 

 

次に本体モナカの分解です。

+ビスが3か所ありますので、

これを外します。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230122013452j:image

 

 

 

モナカが開かれました。

御開帳。

 

実銃の構造と作動を再現するための

ガスブローバックと違い、

固定スライドガスガンは、作動優先なので

確かに珍機構に見えるかもしれないけど

分解組み立てのメンテナンス性に優れており

修理は比較的やりやすいのデス。

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230122013455j:image

 

 

おっと

前のオーナーさんのものと思われる

BB弾を発見。これも摘出します。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230122013459j:image

 

 

 

 

ガスを注入して漏れの場所を確認する。

ホースとユニットの接合部では漏れてない。

 

 

 

 

よーく見てみますと・・・

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230122013502j:image

 

 

 

ガスタンクとホースの接合部!

ココが漏れていて霜が出来ている。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230122013506j:image

 

 

間違いない。

ココがガス漏れ箇所だぜ!

(; ・`д・´)

 

 

 

というわけでリーク箇所が判明。

ガスタンクとガスルート、

発射ユニットを取り出します。

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230122013511j:image

 

 

そうそう

こういう時って、画像を残しておいて

バラす前に部品がどうなっていたか

確認できる様にしておかないといけません。

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230122013515j:image

 

 

 

 

パーツを見れば確かに何となくわかるけど

やっぱりしっかりした手本がないと・・・ね

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230122013520j:image

 

 

 

うおっと!こんなところにキックばね。

 

真上から見ていて気付かなかった。

こういうこともある。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230122013524j:image

 

 

 

トリガーユニットを外します。

これでガスルート上を妨げるものは

何もない。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230122013529j:image

 

 

ユニットを一式取り出せました。

これでガス漏れ修理にかかります。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230122013533j:image

 

 

ガス漏れしていたのは

このホースを挿してある部分の隙間。

 

これを塞げばいいってか。

 

 

 

 

それと・・・

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230122013538j:image

 

 

ホースのくの字の部分

大丈夫かな・・・

ま、さっきのリークテストでは漏れてないし

とりあえずこのままでいこ。

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230122013541j:image

 

 

 

恐らくホースの接合部が経年劣化で収縮し

隙間が出来ちゃったのでしょう。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230122013544j:image

 

 

僕らのつよーい味方

バスボンドQ

 

 

これで隙間を塞ぎます。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230122013549j:image

 

 

 

ホースの外周に塗り、

タンクに挿しなおします。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230122013553j:image

 

 

 

さて・・・バスボンドQが乾燥するのは

明日だな・・・

 

 

まずはガスタンク修理でシタ。

 

 

マガジンを活用するために買ったジャンクのハードボーラーを・・・見るッ!

 

 

 

昨日の記事で、まずはパッケージを活用し

時間旅行して参りました。

(/・ω・)/ただいまー

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230117003640j:image

 

 

 

さて今日は開封して中身を見ましょう。

 

 

ハードボーラーー

カイフーレビューダ

ワショーイ

(/・ω・)/

 

 

 

 

■内容物■

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230117003644j:image

 

 

 

なんとこのハードボーラーは

欠品なしの完品なんです。

 

 

というわけで当時を回顧しながら

懐かしのトイガンレビューとなります。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230117003653j:image

 

 

まずはメインの銃本体

そしてガスと試射用BB弾。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230117003648j:image

 

 

懐かしいこの色!

そしてこのハードボーラーで初めて目にした

「ヘビーウエイト」というワード。

しかしそれは本体の材質ではなくBB弾。

 

まだこの当時は標準装備でHOPは無いので

飛距離アップのためのものではなく

集弾性能に焦点を当てたものだと思われます

※といっても近距離に限りますけどねw※

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230117003657j:image

 

 

これも懐かしい

「フロン12」というガス。

 

 

昭和末期の頃

フロンガスオゾン層を壊す」

「オゾンホールは紫外線をそのまま通す」

こういった動きから段々と代替フロン

移行していく流れができた頃ですね。

 

 

少し蘊蓄を語りますと

あの頃使っていたフロン12というのは

空調や冷凍装置の冷媒ガスである

HCFC「R12」という種類のものであり、

確かにオゾン層に悪影響を与える物でした。

 

その後、代替フロンであるHFC「R134a」へ

トイガンのパワーソースは移行したので、

オゾン層破壊係数は0になったものの、

今度は温室効果ガス係数の低いものをとなり

新冷媒へと移行が進んでいます。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230117003702j:image

 

 

話はハードボーラーに戻り、

銃を取り出すと、箱の中に黒いものが2本。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230117003707j:image

 

なんとココにマガジンが2本。

 

新品の出荷時にマガジンが2本ついてきます。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230117003712j:image

 

 

このハードボーラーとデザートイーグル

マガジンリップの強度が低いため、

メーカーのユーザーに対する配慮から

新品の箱内も別売マガジンのパッケージも

2本入ってくるんです。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230117003716j:image

 

手に取る。

ロングスライドとマットステンレス風仕上げ

カッコいい。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230117003721j:image

 

 

グリップ底部。

銃本体内にガスタンクが内蔵されており

弾とガスは別々に入れる方式です。

 

なおこのハードボーラーはジャンク品で

前オーナーさん曰く

・トリガー不調

・ガス漏れ

ということです。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230117003726j:image

 

ダブルアクションが効かない。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230117003730j:image

 

 

トリガーの戻りが悪く、

激発後に発射待機位置へ

戻らない症状が出ています。

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230117003734j:image

 

 

そしてガス漏れはグリップ内で、

スローリークしている音がしますね。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230117003745j:image

 

 

まいっか。

分解して不調を直して、もし可能なら

HOPを組み込んだりグリップを変えたり

なんならレーザーサイトを載せて

「お手軽ターミネーターカスタム」にして

サバゲーに持っていこうかな?

などと色々考えてはいるんですけど、

大事なことなので、最後にもう一度言います

 

 

 

 

 

 

・・・〜すぅぅぅ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コレは軍拡では無い

活用である!

(  ・∀・)キッパリ☆

あぁ〜活用が忙しい 

 

 

今年は軍拡を行わず、

活用を・・・する。

 

 

 

そう

 

 

 

 

活用ですよ。

 

 

 

 

 

 

大事な事なので2回言います。

軍拡じゃなくて活用ですよ。

(・∀・)キッパリ

 

 

 

 

 

 

活用のために手に入れました。

 

 

 

 

 

 

 

どん

 

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230117003353j:image

 

 

 

東京マルイ 

固定スライドガスガン

ハードボーラー 

 

 

 

ゲット致しました。

一体この銃で何を活用するのかというと、

先日のウィルソン同様、ニシエヒガシエ

年末のお宝ショップ巡りでやらかしたアレ。

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230117003358j:image

 

 

古いマルイのパッケージ。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230117003403j:image

 

 

ハードボーラー 用マガジンです。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230117003408j:image

 

 

 

年末の出張の帰りに寄り道して

デザートイーグル用と思い込み購入した

あのマガジンです。

 

 

deltaelite-10mmauto.hatenablog.com

 

 

 

このマガジンの活用方法を模索していた折、

オークションにてたまたまいい出物があり

ゲットと相成りました。

 

 

なんと元箱・説明書ありという

完品を入手出来ました。

せっかくなのでパッケージからレビューします。

 

 

 

ハードボーラー

パッケージ

ワショーイ

(/・ω・)/

 

 

■正面■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230117003413j:image

 

 

トリガーを引き、射撃している様子が

プリントされています。

このハードボーラーが発売された当時、

近くの模型店で箱が誇らしげに見えました。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230117003418j:image

 

 

そうそう、この頃のマルイ製品は

「完成品」と記載がありましたね。

 

 

小遣いの範囲で買えたのは

組み立て式のキットばかりだった

幼い当時のワタシには、「完成品」という

この三文字は、誇らしげに見えていたのです。

 

 

 

 

■側面■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230117003423j:image

 

 

 

弾の装填→ガスの注入→ハンマーコックと

発射のプロセスがプリントされている。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230117003427j:image

 

 

 

このガスガンは1911系ですが、

ダブルアクショントリガーとなっており

ハンマーダウン状態からの射撃が可能。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230117003433j:image

 

 

No.5と記載がある。

他のラインナップはどうだったかというと

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230117003438j:image

 

 

反対の側面にはラインナップのプリント。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230117003443j:image

 

マルイが初めて世に出したガスブローバック

名作S&W   M59

 

 

ワタシのブログではもう三年以上前ですが

レビューさせて頂きました。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230117003447j:image

 

 

ワルサーMPL

当時コレも所有していましたが、

発射ユニットからのガス漏れが直せずに

泣く泣く廃棄した悲しい思い出があります。

(T ^ T)

 

 

そして続いても悲しい思い出

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230117003451j:image

 

 

ブローニング ハイパワー

 

お年玉で購入したのですが、

安易な考えで分解してしまい、

元に戻せなくなってしまったのです。

 

バラバラになったブローニングハイパワーを前に

呆然とした苦い思い出。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230117003457j:image

 

 

 

続いてワルサーMPLと同じシリーズ

フルオート&自動排莢システム搭載の

H&K  MP5A3

 

同じマルイ製の製品でも、こちらのマガジンは

バナナタイプではなくストレート形状。

 

エアコキのMP5やG3系のグリップには、

何やらモーターが入りそうなスペースがあり

このMP5はココにデタッチャブルボンベが入る。

もしかするとG3もこのシリーズで発売を

予定していたのかな?という気がします。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230117003501j:image

 

 

そしてハードボーラー 

 

 

初めてこの銃が世に出た時、

周りの友だちも挙って購入してました。

安くてかっこよくて性能もいい。

 

 

 

そしてこの当時、

「な!なんてカッコいい銃!

  発売されたら絶対買うぞ!」と

当時の男の子たちが色めきたったモデルがコレ

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230117003505j:image

 

 

「発売予定」のデザートイーグル 

 

キャッチーなネーミングといい、

力強く洗練されたデザインといい、

実銃での強力なパワーというイメージといい、

全てが魅力的。

 

 

ちなみにワタシはガスガンではなく

エアコキのデザートイーグルが発売されるのを

ずっと心待ちにしてようやく手にしました。

 

 

 

 

あの頃って、パッケージや説明書を

見ているだけでワクワクしたものです。

それは現代のトイガンやパッケージに

魅力がないということではなく、

幼なかった男の子たちが限られた情報で

まだ見ぬ景色や非日常を思い浮かべ、

想像をかき立てていたという事なのです。

 

 

パッケージを眺めて「活用」し、

時間旅行を楽しむ令和5年のおじさんでした。

 

 

(;´・ω・)御子神のステアーに・・・近づけるッ!

 

 
 
アウターバレルのカービン化に伴い
フォアグリップを分解しようとしたところ
飛んで行ったパーツ・・・あり
(;´・ω・)
 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115141509j:image

 

 

 

 

まあいいか・・・

後で組み立て方法は考えるとして

とにかくアウターバレルを外さなきゃ。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115141512j:image

 

 

フォアグリップの基部にイモネジ!

見つけたぞッ!

(; ・`д・´)

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115141515j:image

 

 

 

六角で緩めていく・・・硬ぇッ!

 

 

 

ココを緩める事でようやくアウターバレルが

取り外しできるようになった。

 

 

 

そうそう・・・

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115141519j:image

 

 

 

フォアグリップ取り外しの時

一緒に落ちているのを発見したから

これもグリップ内パーツと思いきや

これはチャンバーを押し付けるための

スプリングでシタ。

 

気付かないうちに足元に落ちたようです。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115141522j:image

 

 

 

カービン化に合わせて

バレルのブレ止めになっていた

アルミパイプを切断。

 

 

 

で、分解とは逆の工程で

どんどんパーツをなんやかんやと組付けて

カービン化・・・できた。

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115141525j:image

 

 

 

 

このバレルユニットを

レシーバーに戻す・・・。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115141528j:image

 

 

 

かなりコンパクトに感じる。

 

 

さぁ・・・いよいよ最後の工程だっちゃ。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115141532j:image

 

 

 

レシーバーをフレームに収めて・・・

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115141536j:image

 

 

 

テイクダウンラッチを・・・パチっ。

 

 

 

 

 

というわけでお待たせいたしまシタ。

 

 

 

 

インナーバレル短縮と

アウターバレルカービン化で

より一層、御子神のステアーに近づいた

理想のスタイルが・・・コレ!

 

 

 

どん!

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115141539j:image

 

 

東京マルイ

ステアーハイサイクル ベース

ミリタリーレシーバー・カービンカスタム

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115141543j:image

 

 

 

 

インナーバレル長の適正化により

この銃本来の初速が戻って、

ハイサイクルによる火力と相まって

今後のサバゲーにも期待が持てる。

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115141546j:image

 

 

そして・・・

バレルをノーマルと同じ260㎜にして

初速は戻るのか・・・

 

 

 

 

運命の計測ッ!

 

 

 

 

パン☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115142053j:image

 

 

0.25gにて計測。

73.09mps・・・

 

 

もう1発・・・

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115142056j:image

 

 

 

72.81mps・・・

 

 

0.2gで換算すると0.66j程度。

82mps程度出ていることになる。

十分ではないだろうか。

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115141549j:image

 

 

 

というわけで所定の位置に戻ったステアー。

 

 

 

次のサバゲーでこいつを使うという事は

また御子神装備で・・・だね。

 

 

ああ・・・早くサバゲーに行きたい。

 

 

(;´・ω・)インナーバレル 短縮と合わせてカービン化・・・するッ!

 

 
 
 
 
 
 
さて・・・
 
 
 
 
インナーバレル交換は完了したが
実は今回そのバレル交換と合わせて
あるカスタムをしたかったので
パーツを準備していた。
 
 
 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115141205j:image

 

 

こうして画像を見ると、

インナーはかなり短くなり

前方のアウター部分がかなり長い事が

見てお判りいただけると思います。

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115141208j:image

 

 

 

今回手を入れるのは

このアウターバレル・・・デス

 

 

 

どのようにするかというと・・・

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115141212j:image

 

 

 

ワタシのバイブル

長沢克泰先生の名作

「the EDGE」

 

 

第1巻のとあるシーンにおいて

ワタシがサバゲーをするようになった

原点となるシーンがあります。

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115141219j:image

 

 

 

人質となった恋人を救出するために

テロリストのアジトに乗り込む。

主人公 御子神鋭士が装備を整えるシーン。

 

 

デルタエリート

S&W M29

striker12

 

この3挺へ弾薬を装填。

装備していきます。

 

そしてナイフ、グローブを身に着け

 

次のページで・・・

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115141215j:image

 

 

右手にはステアー。

そしてカービン化されているのが

確認できますね。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115141223j:image

 

 

 

今回はインナーバレルの交換と合わせて

アウター側の短縮・カービン化も行います。

 

 

アウター

カービンカー

ワショーイ

(/・ω・)/

 

 

■カービン化パーツ■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115141226j:image

 

 

 

ステアーのカービン化に際し、

これが必要になりまシタ。

 

 

ショートSAアダプター

 

 

フラッシュハイダーは逆ネジ14㎜で

銃口に装着されております。

 

これはアウターバレル基部に

14㎜の装着部分を設けるための部品デス。

 

 

お手軽にショート化が可能になるのですが

ココでも問題が・・・。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115141230j:image

 

 

アダプターを手に取ってみたが

元のアウターバレルの分解方法が不明。

(;´・ω・)

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115141234j:image

 

 

 

パーツをじっと見てみる。

ココにくびれがあるという事は、

この部分にネジがあって、

それが抜け止めになっているハズ。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115141237j:image

 

 

今回の手順として

 

①現状ついているアウターバレル取り外し

②アダプターを取り付け

③一番手前にあるノーマルアウターより

 フラッシュハイダーを取り外して活用。

 

この流れで参ります。

 

 

パーツを並べ、それぞれの位置関係を確認

アダプターのくびれ部分は・・・

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115141241j:image

 

 

ちょうどこのパーツの中らへんだな。

フォアグリップ上部に

金色の+ネジがあるので緩める。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、何もおこらなかった

(;´・ω・)

 

 

 

 

 

 

 

何でだ?

・・・そうか!ここだッ!

(; ・`д・´)

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115141244j:image

 

 

フォアグリップの所。

アウターバレル下にも金色のネジあり。

コイツも緩めていく・・・すると・・・。

 

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115141247j:image

 

 

外れた。

 

 

しかし肝心のアウターバレルは外れない。

 

 

 

 

クソッ!どうやって外すんだ?

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115141251j:image

 

 

ココにイモネジがある。

コイツも何か関係しているのか?

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115141254j:image

 

 

 

イモネジを緩めていく・・・

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115141257j:image

 

 

 

フラッシュハイダーが取外せる様になった。

しかしアウターバレルは取り外せない。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115141301j:image

 

 

 

フォアグリップの基部を見てみる。

 

ムムッ!中に何かネジっぽいものが見える!

 

 

 

ココを分解するんだな!

(; ・`д・´)

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115141303j:image

 

 

 

フォアグリップの支点になっている

ピンを抜いて脱着を試みる。

 

 

ピンが抜けた瞬間

 

 

 

 

ピコんッ♬

(◎_◎;)☆

 

 

 

 

 

 

 

 

いま何か飛んでいかなかった?

 

 

 

 

銃におかしな点がないかどうか見ると・・・

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115141307j:image

 

 

 

フォアグリップのフタが・・・無いッ!

飛んでいったのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

付近の足元を見てみると・・・

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115141310j:image

 

 

 

怪しいパーツが3点・・・

 

 

 

うわぁ・・・

マジか・・・

(;・∀・)

 

 

 

 

前途多難な夜は更けていく・・・

 

 

 

 

(;´・ω・)初めての分解に・・・戸惑うッ!

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115125759j:image

 

さて・・・ココまでバラしたステアー

 

 

 

つぎはいよいよ本丸

インナーバレルの取り出しにかかります。

 

 

 

■バレルジャケット取外し■

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115125803j:image

 

 

 

チャンバーの前にある+ネジが2本。

これをドライバーで緩めます。

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115125806j:image

 

 

ネジはチャンバー左右に1本ずつあり

大変に短いネジなので紛失しないよう

マグネット付きのドライバーで

作業するといいでしょう。

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115125809j:image

 

 

ネジを緩めるとインナーバレルが取出せます。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115125812j:image

 

 

 

インナーバレルを引き抜こうとすると・・・

 

 

 

なっ・・・長いッ!

Σ(・ω・ノ)ノ!

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115125815j:image

 

 

 

凄い長さだな・・・何㎜あるんだろう。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115125819j:image

 

 

正確な長さは分かりかねますが

優に500㎜以上あるのは分かります。

チャンバーの位置から見ると510mmですね。

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115125822j:image

 

 

ORGA製バレルと比較すると

倍近く違う・・・。

 

こんなに長いバレルが入ってたのか。

どうりで初速がガクッと落ちるわけだ。

 

 

 

■インナーバレル取出し■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115125826j:image

 

 

チャンバーにかぶせてある樹脂パーツ。

ココを取り外すことで

インナーバレルの取り出しが可能になる。

 

 

かぶせてパチンと止めているので

ココをマイナスで抉って取り外す。

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115125829j:image

 

 

かぶせパーツが取り外せました。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115125832j:image

 

 

このように前方に向かってバレルを引き抜く

パッキンを傷つけないように注意しながら

作業してください。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115125836j:image

 

 

ふぅ・・・外れた。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115125839j:image

 

 

これがHOPパッキンです。

せっかく分解したので。いい機会です。

クリーニングしましょう。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115125842j:image

 

パーツの順番。

左から順に

チャンバー

HOPパッキン

カラー

インナーバレル

 

となっている。

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115125845j:image

 

 

取り外したスタンダードのインナーバレル

長いな・・・

 

そういえばこのバレル最後のサバゲー

2022年5月5日 ダブルクロスのイベント

親子サバゲーの日だったな。

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115222656j:image

 

 

戦場カメラマンさんが撮影してくれた

ステアーを撃つオレ。

 

 

そういえばバレルクリーニングを

全然してないんだよな。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115125849j:image

 

 

取り外したバレルをクリーニング・・・するッ

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115125852j:image

 

 

ペーパーを巻きつけたロッドを押し込んで

詰め込んでいく。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115125856j:image

 

 

ギュルギュル・・・ねじ込みながら

バレルの中をクリーニングして進む。

 

 

すると

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115125859j:image

 

 

バレルの中から出てきた白いモノ。

なんかよく分からない汚れだ。

コレなんなん?

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115125901j:image

 

 

さて、マズル側からチャンバー側へ

ロッドが通り抜けてきた。

 

 

ペーパーの状態は・・・?

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115125905j:image

 

 

真っ黒だたーッ!

(;・∀・)

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115125908j:image

 

 

 

バレルの外側も真っ黒。

汚れているものなんだな・・・。

こんな状態で弾がきれいに飛ぶわけがナイ

 

 

バレルクリーニング・・・大事だな。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115125911j:image

 

 

 

左:ORGA製 260㎜

右:マルイ純正 510㎜

ほぼ倍近い差がある。

 

 

今回タイトバレルという事だが

弾を入れて写真を撮ってみた。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115125914j:image

 

 

BB弾の周辺にクリアランスあり。

これ・・・本当にタイとバレルなのか?

 

 

ま、¥500だったし別にいいか。

純正だったとしても安い。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115125917j:image

 

 

510㎜バレルと入れ替えて

チャンバーにセット。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115125921j:image

 

 

 

分解とは逆の手順で組付けていきます。

 

 

 

さて・・・これから銃に戻して

完了なのですが・・・

 

 

実はもう一つやりたいことがあリマス。

 

 

次の記事ではインナーバレル短縮と合わせ

ワタシがやりたかったカスタムを

行います。

 

 

(;´・ω・)ムシが良すぎた「ハイブリッドステアー」

 

 
 
 
 
 
 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115125319j:image

 

 

長モノの電動ガンで初速60mpsスレスレ

次世代電動ガンやカスタムガンを持つ手練れと

この状態で戦うのはチョッと心もとない。

(;´・ω・)

 

 

 

 

何故こんなに初速が低いのか?

 

 

 

 

 

原因はワタシの無知が引き起こした

とある症状でアリマス。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115125323j:image

 

 

 

このステアーは、まだ現代のサバゲー

転生する前に使用していたメインウェポン

マルゼン ブラックステアーを模して

スタンダード電動ガン

「ミリタリーレシーバー」

   と

ハイサイクル電動ガンの機関部を合体し

ハイブリッドステアーなどと宣い

作り上げたカスタムでアリマス。

 

 

しかし・・・

 

 

ハイサイクル電動ガンはシリンダーが小さく

吐出エアの絶対量がスタンダード電動ガン

比較してみると・・・少ない。

 

 

絶対的なエア吐出量が低いため、

長いバレルを装着してしまうと

バレルの中でBB弾を押しきれなくなり

かえって初速が落ちてしまうそうです。

 

 

 

スタンダード電動ガンの長いバレルを

そのまま使用している私のステアーは

上記の理由から初速が落ちてしまい

本来のパワーを出せずにいる状態・・・

なのでアリマス。

 

 

 

電動ガンにおいて無知がゆえに

ハイブリッドなどとテキトーなことを言い

好みの形と火力を簡単に手に入れるなんて

ムシが良すぎたのです・・・

(;´・ω・)

 

 

 

というわけで偶然発見した激安バレルが

ちょうどいい長さだったので、

今回はステアーのバレル交換を行います。

 

 

 

ステアー

バレルコーカーン

ワショーイ

(/・ω・)/

 

 

で、ここで問題がある。

 

 

 

 

ワタクシ

 

 

 

 

電動ガンをカスタムしたことが

ほとんど・・・ナイ

 

 

そのためステアーのバラし方が判らず

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115125326j:image

 

 

ここから先に進めず、悩むこと10分。

 

 

 

 

 

・・・仕方ない、ネット記事を見ながら

分解するか・・・

 

 

 

 

 

■テイクダウンラッチ解除■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115125329j:image

 

 

マガジンの前方にあるテイクダウンラッチ。

これを左右どちらかに押し込んで

レシーバーのロックを解除します。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115125333j:image

 

 

するとレシーバー周りが前方にスポッと

引き抜けます。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115125335j:image

 

 

レシーバーが引き抜けた状態。

この部分はスタンダード電動ガン

そのまま用い後方のハイサイクルユニットに

くっつけた・・・これがこの銃の状態です。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115125339j:image

 

 

当然バレルユニットもスタンダードのものなので

ハイサイクルには長すぎたようです。

 

 

 

■バレルユニット取り出し■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115125342j:image

 

 

AR15系ですと、テイクダウンすると

チャンバーユニットは射手側の方に

スルッと抜けてまいりますが

ステアーはこの状態から動きません。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115125344j:image

 

 

バレルユニットを取り出すには、

まずコッキングレバーを引き、

引いた状態でロックを掛けます。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115125348j:image

 

 

コッキングレバーを引き、

後方のガイドでロックを掛けます。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115125351j:image

 

 

コッキングレバーをロックした後、

銃の左側についている

キノコのようなパーツを操作します。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115125354j:image

 

 

フォアグリップの根本あたりにある

キノコデス。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115125358j:image

 

 

キノコを後方に動かします・・・。

すると・・・

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115125401j:image

 

 

 

拡大した図。

キノコはロック解除レバーとなっており、

現在はレシーバーとバレルの間に

回転防止のデッドボルトが出ています。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115125405j:image

 

 

キノコを後方に下げたところ。

ホラ!デッドボルトが引っ込みましたね。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115125408j:image

 

 

 

するとフォアグリップ・バレルユニットは

左右に開店し、前方に引き抜く事が出来ます

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115125411j:image

 

 

ホイッ♬

 

バレルユニットとレシーバーが

分割されました。

 

 

 

次の記事ではインナーバレルの

取り出しを行います。

 

 

 

 

(;´・ω・)今度は何を活用するのかな?

 

 

 

 

 

 

今回、カスタムを行うのは

ズバリこれ!

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115125029j:image

 

 

 

東京マルイ ステアーAUG

電動ガン

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115125032j:image

 

 

ワタシはステアーを2挺所持していて、

うち1挺はスペシャルレシーバータイプ。

もう1挺はミリタリーレシーバータイプ。

 

 

今回カスタムするのはこちら

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115125036j:image

 

 

ミリタリーレシーバータイプ・・・

今回はこちらの方をカスタムします。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115125038j:image

 

 

このステアーは

前半分 → スタンダード電動ガン

後半分 → ハイサイクル電動ガン

で組み合わせてあるニコイチ・・・もとい、

「ハイブリッドステアー」なのです。

 

サバゲー復帰に備えて設えましたが、

少々問題があり、最近はほとんど

サバゲーで使用してませんでした。

 

 

問題というのはココなんです。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115125042j:image

 

 

サンセイのゴーグルだと頬付が甘くなり

目の位置とスコープの位置が全く合わない。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115125045j:image

 

 

オマケにマスクの「鼻」

 

 

 

 

コイツのせいでアイリリーフにも影響が出て

スコープを覗きづらいったらありゃしない。

 

 

 

で、だんだんとスペシャルレシーバーばかり

使うようになり、コイツは使用頻度が

徐々に減っていった・・・のデス。

 

 

 

ところがサンセイのマスク・ゴーグルを

2022年11月からbolleのRUSH+と

イラクスのイージーブレスに装備変更。

 

頬付けとエイムがしやすくなったので

ミリタリーレシーバーのステアーも

たまには使おうかなと思っていましたが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は・・・

(;´・ω・)

 

 

 

 

 

 

 

 

この「ハイブリッドステアー」は

頬付問題以外にもサバゲー使用上において

トンデモナイ症状を抱えていた。

その症状とは・・・コレです。

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115125048j:image

 

 

論より証拠。

どんな症状なのか、

ご覧いただきます。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115125052j:image

 

 

まずは0.25gでの計測を・・・どぞ。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115125055j:image

 

 

0.2gではなく0.25gでの計測です。

 

 

バンッ☆

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115124953j:image

 

 

 

60.86mps・・・

0.25gでの初速値とは言え、低い。

 

 

つまりパワーがないんです。

(;´・ω・)

 

 

 

 

 

これはワタシが無知ゆえに引き起こした

不具合といっても過言ではないのです。

 

今回、その不具合解消をするために

パーツを組み込んでいきます。

 

 

 

 

 

(;´・ω・)今年のキーワードは「活用」

 

 

 

 

 

 

 

(;´・ω・)

サバゲーマー

あるある

 

 

 

 

 

ガンショップに行って掘り出し物を見つけて

嬉しくてその場で購入。

しかし買って満足してしまい、

帰宅しパーツを仕舞い込んで放置しがち。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、先日「活用」というキーワードで

マルイ ウィルソンを記事にしましたが、

今日の記事は、購入し放置プレイした

パーツを「活用」する記事となります。

 

 

 

 

 

 

 

というわけで約一年放置したパーツはコレ。

 

 

 

 

 

 

どん

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115124411j:image

 

 

 

養生テープで一括りにされたパーツ

(;´・ω・)

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115124414j:image

 

 

 

ご覧頂ければ、これらがバレル類である事は

お分かりいただけると思うのですが、

ワタシが購入したバレルのお値段なんと

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115124417j:image

 

 

 

¥500

(/・ω・)/

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115124420j:image

 

 

電動ガン用の260mmバレル。

メーカーは

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115124423j:image

 

 

なんとORGAさんのバレルなのです!

お店の在庫処分で投げ売りされていたので

飛びついて購入しました。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115124430j:image

 

 

 

このバレルの詳細を見てみましょう。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115124433j:image

 

 

電動ガン用260mmとある。

随分と短いバレルです。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115124436j:image

 

 

内径6.00mm

もの凄くタイトなバレルのようです。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115124439j:image

 

 

裏面を見てみましょう。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115124443j:image

 

タイトバレルファン待望の・・・

 

 

「タイトバレルファン」という

コアな支持層がいるんだなと思った。

 

 

そうか。

流速チューンの様なルーズ派も居れば

逆にタイトバレル派も居るもんなんだな。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115124446j:image

 

 

そしてパーツは他にもある。

いかにもKM企画っぽいパッケージ。

これはなんだろな?

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115124449j:image

 

 

ショートSAアダプター

逆ネジ仕様

 

 

何用か?というと

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115124453j:image

 

 

マルイ AUG用です。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115124456j:image

 

 

そしてもう一つ、ビニールに入った

長いパーツ

 

 

これは

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115124459j:image

 

にょきッ!

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230115124508j:image

 

 

マルイ ステアーAUGの

純正フラッシュハイダーとアウターバレル。

 

 

 

はてさて

約一年もの間、絶賛放置だった

これらのパーツを活用して、

一体何をするのか?

 

 

お楽しみに

(*・ω・)ノ

繰り返します。軍拡ではなく活用のために買ったウィルソンを・・・撃つッ!

 
 
 
 
 
 
 
さて・・・と
(  ・∀・)ニヤニヤ
 
 
 
 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230114233032j:image

 

 

 

マガジンを活用するために

仕方なく購入したウィルソン。

 

 

 

撃ちますよー

(/・ω・)/

 

 

 

 

室温・・・17.4℃

湿度・・・41%

弾薬・・・0.2gバイオ弾

 

 

 

部屋が寒い。

暖房を入れ始めたけど

全然温まらない。

 

仕方なくドライヤーで銃を温めて計測。

 

 

 

温めすぎたという事はないと思う。

恐らく春頃くらいのパワーかな。

 

 

 

それでは行きましょう。

どぞッ!

(*・ω・)ノ

 


www.youtube.com

https://youtu.be/nsJKZ8BVlEc

 

 

2ラウンド撃ち切りまシタ。

 

 

 

初速も65mps前後出ており、

固定HOPも内蔵されているので

これならインドアでもいい戦いが

出来るのではないか?

 

 

よし・・・今度インドア戦に

もっていくとするか・・・。

 

 

 

え?軍拡じゃないかって?

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230114233038j:image

 

 

違いますってば。

間違ってマガジンを無駄にしないために

活用したまでですよ・・・

(^▽^;)

 

 

 

活用するために買ったウィルソンを・・・見るッ!

 

 

 

 

 

 

 

 

活用・・・なのサ

(。-`ω-)y-゜゜゜

 

 

 

 

 

そう

 

マガジンをそのまま放置させないために

銃を買ったのさ。

 

 

 

つまりこれは軍拡に非ず。

まさにこれは活用である。

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230114213711j:image

 

 

おかげでこのマガジンが生きることになる

インドアのサバゲーでも戦える。

それに今は冬真っ盛りなので、

ブローバックにもガスを消費するガスブロと

比較してみてもその優位性は大きい。

 

 

 

というわけで、せっかく手に入れたので

このウィルソンについてもレビューを

行っちゃいますのさよー

 

 

 

ウィルソーン

カツヨー

ワショーイ

(/・ω・)/

 

 

 

 

■外観■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230114213715j:image

 

 

 

シングルカラムの1911

大変シンプルなのですが、

このウィルソンについては

ガバメントのクローンとしての外観を

模してモデルアップされております。

 

 

コンペンセイターや3ホールトリガー、

ビーバーテールのグリップセイフティなど

プレシジョンシューティングまたは

コンペティションを意識したような

デザインでございマス。

 

 

■刻印■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230114213718j:image

 

 

 

実銃の世界においてウィルソンは

民間用1911であるseries’70/80がベースで

カスタムされていることが多いようで

モノによってはM92の3倍近い売価で

売られている機種もあるようです。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230114213721j:image

 

 

スライドの右側面には

ウィルソンコンバット スーパーグレードと

刻印されているのデス。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230114213725j:image

 

 

 

エスタンアームズ製でも

同じスーパーグレードがモデルアップされ

マグなブローバックで再現されましたね。

 

 

こちらは固定ガスガンです。

 

 

 

■フロントサイト■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230114213728j:image

 

 

スライドに照星ではなく、

コンペンセイター側に照星があります。

 

 

 

■リアサイト■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230114213732j:image

 

 

 

 

series’80をベースにしていますが、

やはり精密にターゲットを狙うためのパーツが

所々に盛り込まれており、リアサイトは

80年代のカスタムガバメントに多く見られた

ボマーサイトが搭載されています。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230114213735j:image

 

 

このサイトを見るとグッときちゃう人は

オジサンですね。

それもガンマニアの中ではベテランの域。

 

 

これが90年代に入ってくると

ノバックサイトを搭載した1911が増え、

現代でも数多く採用されております。

 

 

 

■コンペンセイター■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230114213739j:image

 

 

バレルが切られているのはスライドまでで

マズル上部にはポートが設けられています。

 

 

このポートが発射ガスを上に噴き上げさせて

マズルジャンプを抑えるのに効果的だと

されているようで、セミオートだけでなく

リボルバーのS&W M500などにも

ついているようですね。

 

 

■トリガー■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230114213742j:image

 

 

3ホールトリガーで、セレーション入り。

これもやはりコンペティション

プレシジョンシューティングを意識した

つくりとなっています。

 

 

 

 

■セイフティ■

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230114213745j:image

 

 

 

左右どちらからでも掛けられる

アンビセイフティとなります。

 

 

つくりが「いかにも樹脂」という感じ。

リアルさには欠けるものの、

「これはトイガンだから」という、

一つの主張の様にも感じる。

 

 

■マガジンキャッチ■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230114213749j:image

 

 

実銃よりもチープな作りですが

マガジンキャッチはライブです。

実際のマガジン取り出しに使用します。

 

 

■ハンマー■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230114213751j:image

 

 

リングハンマーが搭載されています。

ワタシのサバゲー用サイドアームであり

愛用中であるコルトデルタエリートも

このウィルソンと同年代の拳銃ですが、

同じリングハンマーを搭載しています。

 

あの頃のモデルの流行でしたね。

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230114213755j:image

 

 

そしてこのトイガンのウィルソンは、

ダブルアクショントリガーを内蔵しており

上図のようにハンマーを起こした

シングルアクションと・・・

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230114213758j:image

 

 

ハンマーダウンの位置からトリガーを絞り

ダブルアクションでの射撃も可能です。

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230114213801j:image

 

 

トリガーを絞るとハンマーが起き上がり・・

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230114213804j:image

 

 

 

トリガーを目いっぱい引き切ると

ハンマーが落ちて弾が出ます。

 

 

 

■グリップ■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230114213808j:image

 

 

 

 

このグリップは標準装備で樹脂製。

メダリオンのないタイプを再現。

 

 

■フロントセレーション■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230114213812j:image

 

 

恐らく実銃としては

「スライドが引きやすいように」という

配慮からここにセレーションなのでしょう。

 

 

このトイガンにもセレーションがあります。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230114213815j:image

 

 

比べる事に意味はないですケド、

同じフロントセレーションのタカ・カスタム

Rタイプと比較。

 

 

位置・長さとも似通っていますね。

 

 

 

■グリップセイフティ■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230114213818j:image

 

 

 

グリップセイフティはモールド成型で

オミットされていますが、

ビーバーテール形状で再現されています。

 

 

■ハウジング■f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230114213822j:image

 

 

ストレート形状で再現されています。

このトイガンは固定ガスガンなので、

モールド成型での再現にとどまります。

 

 

■マグウェル部■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230114213825j:image

 

 

 

この頃のガスガンではマガジンではなく

銃本体にガスタンクを内蔵しチャージする

タイプがほとんどでシタ。

確かMGCのパテントによるものだったとか。

 

 

で、このウィルソンも割りばしマガジンで

タンクはグリップ内に内蔵・・・デス。

 

 

■マガジン■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230114213829j:image

 

 

装弾数は15発となっています。

現代のガスブロの用に20発以上、

ダブルカラム30発以上の装弾数と比べると

若干少なく感じます。

 

 

 

インドアサバゲーで用いるにも

予備マガジンは必須だなと思いました。

 

そしてこのマガジン・・・よく見ると

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230114213832j:image

 

 

面白い形状をしているでしょう?

現代から見ればリアルさも何もない

ちょっとwwwとなってしまいそうな

ファニーな形状です。

 

 

しかし

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230114213835j:image

 

 

古いマルイ製品を愛用していた

昭和の男の子だったオジサン諸兄には

こうしてリップがついた割りばしマガジンで

予備マガジンが携行できて

リロードアクションが楽しめるなんて

夢のような世界でしたからね。

この形状を発売当時初めて目にして

感動したのを覚えています。

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230114213838j:image

 

 

リップの後方には謎パーツ。

スプリングでテンションがかかり

常に上に上がっていて・・・

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230114213842j:image

 

 

指で押すと下に動く。

これ一体何だろう?

あとで分解してみてみるか。

 

 

 

 

それとこのウィルソンは

「お迎え型」固定スライドガスガンです。

 

 

固定スライドガスガンのバレルには

トリガーを引くと弾が前進して

チャンバーにセットされて発射される

「お出かけ型」

トリガーを引くとバレルが後退して

チャンバーがBB弾を咥え込んで発射される

「お迎え型」

 

主にこの2方式となりますが、

このウィルソンは後者となります。

 

 

バレル後退の様子は

トリガーの動きに連動しておりますので

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230114213845j:image

 

ポートの中・・・よく見てクダサイね。

 

トリガーを引く前 ↑ 

 

 

 

そして

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230114213849j:image

 

 

トリガーを引き絞った様子。

バレルが引っ込んで射手側に動いている。

 

 

 

トリガーから指を話すと・・・

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230114213852j:image

 

 

またバレルが戻ってきている。

そしてもう一度トリガーを引き絞ると・・・

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230114213855j:image

 

 

バレルが射手側に後退している。

 

 

これがお迎え型固定ガスガン。

 

 

ちなみにこのウィルソン、

固定スライドガスガンでありながら・・・

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230114213859j:image

 

 

 

実は少し

スライドが

引けるの

(/・ω・)/

 

 

 

これは発売当時、ファンにはうれしい

ギミックでしたねぇ。

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230117003054j:image
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230117003058j:image

 

この疑似コッキングでハンマーが起き、

シングルアクション射撃ができたのデス。

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20230114213903j:image

 

 

スライドを引いて戻したところ。

これでシングルアクションとして射撃可。

平成初期のおおらかだった時代、

ワタシたちファンにはたまらない

ギミックだったのでアリマス。

 

 

というわけでマルイ ウィルソンでシタ。

続いては発砲動画をご覧いただきます。