珍しく新品レビュー  マルゼン レミントンM870GV+1 旧型と比較してみる

店頭にあったM870GV+1 つい衝動買い

(;´・ω・)

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210219021138j:image

 

今回のM870には「GV+1」という

サブネームが付いています。

 

いつの頃からか

BV・・・ブラックversion

WSV・・・ウッドストックversion

という略式記号が振られる様になり

こいつは

GV・・・グリップversion となります。

恐らくフォールディングストックのモノは

FSVとなるのでしょう (  ˘ω˘ )ふーん

 

 

ちなみにマルゼンのM870は歴史が古く、

覚えている限り、1995年頃にはありました。

 

私がはるか昔の戦場に居た頃、

同社のガス式M870を使っている戦友がおり、

確かチューブマガジンの先端から弾を込める

タイプを使用していたのを覚えています。

 

 

その後、ライブシェル方式になったり

ガスタンクがデタッチャブルになったり、

いくつかの小変更はされていますが、恐らく

ライブシェル化以降の基本コンポーネント

さほど大きく変わらないと思われます。

 

 

そこで、今回はこんな比較をしてみます。

 

 

 

どん!

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210219021127j:image

 

 

奥側:旧型M870withスコープ

手前:現行M870GV+1

 

■装弾数の違い■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210219021134j:image

 

これはシェルを並べてみるのが早い。

シェルをおいて実際に見てみましょう。

( ・ω・)ノ どぞ


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210219021123j:image

 

エクステンションの中に、

スプリングとフォロワーが収まっており、

+1発分のアドバンテージがあります

 

 

そういえば最近、ショットガンの競技を

YouTubeで見たのですが、皆さん、銃口より

チューブマガジンの方が先に延びている

独特な形状のショットガンを使用してました。

 

恐らく装弾数を上げるためなのでしょうが、

初めて見た形状に戸惑いを隠せませんでした。

 

■ポートの中■

 

 

まずは旧型・・・きちゃない(;´・ω・)
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210219021118j:image

 

このポート内にシェルはとどまっていて

シェルがそのままチェンバーの役割をします。

そして金色のバレルの数㎝先には

HOPラバーが付いています。

 

これは旧型・現行とも大きな差はありません。

 

新型・・・やはりキレイだ (;・∀・)
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210219021110j:image

 

■ガス放出口■

 

旧型
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210219021114j:image

 

新型
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210219021146j:image

 

特に大きな違いはなく、どちらも装填排莢は

スムーズであります。

 

■アウターバレル■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210219021130j:image

 

アレ (;・∀・)??

何だか旧型は白っぽい??

んなアホな???

 

表面が白化している気がする

 

■インナーバレル■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210219021141j:image

 

先日、ケータイをiPhone12Proに

機種変更しましたが、カメラのレンズが

3つあり接写が難しかった (;´・ω・)

 

ようやく撮れた (;´・ω・)

 

銃口側からチャンバー側を見た様子。

奥にある突起がHOPラバーです。

 

 

 

 

 

 

(;´・ω・)ふぅ

 

 

インナーバレルの撮影で

ドッと疲れが出たっちゃブル

(;´・ω・)

 

 

新旧を比べてみましたが、

大きな変更点はあまり感じられません。

今回は新機種というよりも再販といった

感じでしょうか・・・?

 

では続いて発砲編に移ります。

 

 

続くのデス。

(  ˘ω˘ )

珍しく新品レビュー マルゼン レミントンM870GV+1

今回は珍しく、新品レビューです。

 

 

 

マック堺さんのレビューも出ていて

動画の中でポンプアクションをする様子をみて

同じもの欲しいナと思っていたのですが、

久々に店頭で見つけたので、

思わず購入してしまいました。

 

 

 

 

どん!

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210219020920j:image

 

マルゼン M870 GV +1

ライブシェル

ポンプアクション ショットガン

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210219020913j:plain

 

 

私のブログでは、所持しているエアガン・・・

古いモデルのレビューが主で、

あまり新しいモデルの記事は多くないので、

今回の記事はレアです。

 

 

 

開封ゥッ!


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210219020905j:image

 

この梱包の仕方

昭和の梱包と変わってないな

昔のウイングマスター(エアコキ)も

こうやって斜めに入っていて

銃口側に台形の段ボールが入ってたっけ

 

deltaelite-10mmauto.hatenablog.com

 

↑過去記事です。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210219020902j:image

 

入っているのは

銃本体

説明書(と少量のBB弾)

ショットシェル3発

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210219020941j:image

 

今回の銃は「+1」です。

装填できるのは5+1なので、

フル装填して楽しむには予備カートを

追加で購入する必要があります。

 

 

そして銃を箱から取り出し、

置いてみる

 

 

■全景■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210219020929j:image

 

( ・∀・)( ・∀・)イイ!!

平成初期にはフェイクウッドのM870が

売られていましたが、ある時期からは

このブラック又はリアルウッドとなっています

 

 

■フォアグリップ■

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210219020933j:image

 

この黒のフォアグリップは

「ええ、マルゼンですが何か?」という

表面の風合いですね。

同社のAPS2・M1100なども同様です。

 

この風合い・・・好きです。

 

■チューブマガジン■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210219020959j:image

 

今回のモデル名にもあります

「+1」というのは、ココです。

 

フォアグリップの先端・・・チョッと長い。

通常はスリングスイベルの位置で

キャップされているのですが

この+1モデルはエクステンションが付いて

更にあと1発の装填を可能にしています。

 

■グリップ■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210219020925j:image

 

これはM1100とも共通のグリップです。

内部にはデタッチャブルタンクと呼ばれる

脱着式のガスタンクが内蔵されています。

 

脱着だっちゃ!

( ・ω・)ノ””

 

■レシーバー■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210219020857j:image

 

M870のレシーバーには

「Wing master」の刻印があります。

 

似たような形状ですがM1100には

この刻印はありません。

 

■バレル■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210219020937j:image

 

アウターバレル左側面は

12GA FOR 23/4 OR SHURTER SHELLS

とアリマス。

 

次に右側面ですが、ココに大人の事情ありです

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210219020956j:plain

 

「REMINGTO」

 

昭和時代のハコにはロゴが入っていますが、

世知辛い世の中ですからね・・・

ここは割り切りましょう(笑)

 

(;´・ω・) ですねぇ

 

■レシーバー上面■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210219020910j:image

 

基本、M870シリーズには照星・照門がなく

「撃ちたい方に向けて撃つ」という

まさに散弾銃的なエイミングでアリマス。

 

レシーバートップには反射防止の

溝が彫られています。

 

■全景右側面■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210219020944j:image

 

見慣れた銃ですが、やはり+1の効果は大きく

マズルとチューブが同じくらいの長さなので、

そのシルエットから個人的には何となく

モスバーグM500っぽく感じます。

 

■ポート■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210219020952j:image

 

ポートカバーはシルバーで、

フォアグリップを引くとカバーが開きます

 

なおこのM870については、ギミックが独特で

シェルはチャンバーへ装填されるのではなく、

このカバーの裏にとどまっており、

チャンバー+ガスルートの役割を果たします。

 

 

■ストック基部■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210219021008j:image

 

このモデルには付いておりませんが、

マルゼンの歴代ショットガンの中には

フォールディングストック搭載モデルも

いくつかラインナップがありました。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210219020948j:image

 

その取り付け基部がこちらです。

これはグリップの材質が異なっても、

昭和の時代から寸法の変更がなく、

当時のライオットショットガンのストックも

このM870にボルトオンで付いてしまいます。

 

(;´・ω・)まぢです

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210219020917j:image

 

この銃、付属のシェルは赤シェルでした。

ですが今回は青シェルでレビューを続けます。

 

 

続くのデス

(  ˘ω˘ )

大人への階段を探していた頃  ボブ・チャウスペシャル発砲編

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201201052107j:image

 

さーて!

ボブ・チャウスペシャルを発砲します。

まずは初速計測からいきます。

 

弾はいつもの0.2gバイオ弾です。

どぞ!

 

 

https://youtu.be/Bv-FFkmsPG4

 

 

 

 

 

以上の結果が出ました。

計測時の部屋の室温は17.2℃でした。

ガスはハイバレットガス(152a)である事を

考慮すれば、連射による初速低下も少なく、

まずまずと言ったところでしょう。

 

そして今回は、もう一つの発砲動画として、

ターゲットに向かって撃ち込んでいる様子を

撮影してます。

片手撃ちしてると、マズルが暴れる様子が

分かります。

こちらはリロードを含めて2マガジンを

発砲してます。

どぞ。

 

https://youtu.be/Ge77UMy7X5M

 

 

 

 

蒼い時代に憧れた実銃の世界

そしてビデオで見たボブ・チャウ

 

トイガンだけど、ガンスミスの神様の名を

冠した銃を撃つのは、とても感慨深い。

 

発砲を終えて、コーヒーを飲みながら一息

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201201052018j:image

 

大人への階段を探していた頃を思い出し、

頭のなかにその景色を思い浮かべてみる…

 

無音の部屋の中を、とても良い時間が

流れていきました。

 

令和2年11月のとある週末のおじさんでした。

大人への階段を探していた頃

2020年秋のことです。隣の県にある

某有名ガンショップに足を運びました。

 

 

そこは通販でも何度かお世話になりましたが、

とても対応がよく、

安心して買いものをすることができ、

実店舗もとても広くて品数豊富、

ディスプレイにも

つい目を奪われるような、素晴らしいお店です。

 

中古コーナーを回ったとき、

ある銃が目に留まり、ふとショーケースの前で

立ち止まる・・・

 

WAの45AUTOのシリーズですが、

あるものがいつも気になっていて、

いつかは手に入れたいナと思ってました。

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201123005335j:image

 

 

 

なぜそれが気になっていたかというと、

今から20年以上前のとあるビデオなんです。

 

それはまだVHSの時代。

実銃の紹介をしているビデオなのですが、

その中である有名ガンスミスのインタビューが

ありました。

 

WAの製品にはそのガンスミスの名前を冠した

モデルがあり、それをいつか買いたいナと

思っていたからです。

 

それが今回の記事で紹介する銃です。

 

どん!

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201123005332j:image

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201123005316j:image

 

WA ボブ・チャウ  スペシャ

バージョン2

 

 

まだ若かりし頃、とある中古ビデオを

入手したのですが、その中のコーナーに

ボブ・チャウのインタビューがあったのです。

 

その取材時で既に御年80歳ということでしたが、

銃を組立、そしてレンジで的に向かう姿などが

映像で収められています。

 

YouTubeでも発見しました。

リンク張っておきます。

Gunsmith BOB CHOW - YouTube

 

 

では、この銃のクローズアップに行きます。

(・ω・)ノ

 

 

■スライドの刻印■


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201123005232j:image

 

SERIES’70刻印ですが、何だか

文字が大きい

 

これ、ラージ刻印というんでしょうか?

はて・・・?

 

■グリップ■


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201123005312j:image

 

通常の木グリに削り込みを入れているような

カタチをしています。

マガジンキャッチを押しやすいように・・・

なのかな?

 

■ステッピング加工■


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201123005245j:image

 

これはカッコイイ。

またすべり止めとしてもイイですよね。

 

■ロングバレル■


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201123005250j:image

 

インナーバレルは奥まった位置にありますが、

アウターバレルとライフリングが出ています。

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201123005241j:plain

 

長さで言いますと7インチくらいになるのカナ?

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201123005319j:image

 

リコイルプラグにも

「CHOW」 とあります。

 

 

■フロントサイト■


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201123005304j:image

 

大型化されてエッジも立っています。

 

 

■セイフティ■


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201123005257j:image

 

これはアンビセイフティになっていて、

反対側にもついています。



f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201123005323j:plain

 

■リアサイト■

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201123005254j:plain

アサイトはBO-MARです。

これ本当に見やすいですよね。

 

老眼が始まったせいか、

大きいサイトは本当にありがたい。

 

 

■ポート■


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20201123005308j:image

 

シンプルだ・・・

(;´・ω・)

 

 

あの画面の中のおじいさんが

ノウハウをもってカスタムした銃・・・

 

すごく感慨深いものがある

 

 

ちょうど大人になるころに見た

ボブ・チャウのインタビュー

 

まだ行ったことがない海外のこと

見たことがない大人の世界のこと

 

ワクワクしたっけ・・・

不安でもあったな・・・

 

自分はどんな場所へ向かうのか

どんな未来が待っているのか

 

シティーハンターに憧れて

パイソンを構えてみたり

 

theEDGEの御子神に憧れて

デルタリートをヒップホルスターに収め

 

あぶない刑事に憧れて

スーツを着てレパードに乗りたいと思い

 

色々思い浮かべたなぁ

(   ´ - ` ).。oO

 

 

ボブチャウスペシャルは

あの頃の自分の蒼い時代を思い出す

そんな1挺なのでありました。

 

 

秋の深まりは

おじさんを深くノスタルジー

浸らせるのでアリマス。

 

 

次の記事では、

発砲動画、初速計測を行います。

 

 

 

 

ゴルゴ13カスタムをガスブロで作ろうとした時の話⑬ ~今回のオチは・・・皆さんお気づきのアレ~

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210213132047j:plain

 

人生初めてのAR15

 

それは泥沼のような時間でした。

(;´・ω・)

 

まぁそのおかげで、

「世界にただ一つのゴルゴ13カスタム」

が出来たわけですから

気分はよかったのデスよ。

 

で、この銃を最初に作る

キッカケといういうか動機というか・・・

それは

 

スゲー

ガスブロの

ゴルゴ13カスタムだぁ!

 

という、シューティングレンジでの

視線を集めたかった。

そして、

 

メタルフレーム

シャキンという音で

悦な時間を

過ごしたかった

 

 

そして何より

 

 

ゴルゴ13カスタムの

ガスブロを撃っている

自分に(*ノωノ)陶酔し・・

 

 

 

 

・・・たかったのに。

 

 

 

 

 

 

1年後に、

こういうことが起きました。

 

 

 

 

 

 

2012年のことです。

 

 

 

 

 

コンバットマガジン

2012年9月号

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210214235836j:image

 

 

 

 

そう・・・

もうお気づきでしょう。

 

 

というか、お気づきの方は

早くツッコみたかったことでしょう。

 

 

 

 

 

2012年9月に、私は書店で

膝から崩れ落ちました。

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210214235842j:image

 

 

 

WA ゴルゴ13 45周年記念モデル

発売・・・

 

 

 

それだけでない

追い打ちをかけてくれたのは

 

 

■メタルレシーバー採用

■専用チークパッド付

■専用マウントベース付

 

 

そうなんです。

 

 

私が2011年に苦労して仕上げた個所

全ての問題がオールクリアされている

トクベツ仕様でありました。

 

 

 

2012年

私の身に降りかかった、

驚愕の事実でありました

(ノД`)・゜・。

 

 

私が作ったゴルゴ13カスタム、

いや、もはやゴルゴ13風カスタムだよ・・・

本物のカスタムが出た以上、

オレのカスタムは明らかな変態銃だよ。

もしこんな銃をレンジに持ち込んだら

 

「WAでゴルゴ13カスタムを販売しているのに

 わざわざ自作する必要があったのですか?」

「普通に売ってるのに何で買わなかったの?」

 

そう聞かれたら、事の顛末を

いちいち説明しなきゃならない・・・

そう思うと、何となくこの銃を人前に出すのは

ちょっと恥ずかしい気がする・・・

 

そのためこの銃は

2012年のWAゴルゴ13カスタム発売以後、

レンジでの発砲は殆どしていません。

人前に出してないから (ーー;)

 

 

 

そうそう・・・

この記事を書き始めた頃のことですが、

これもお気づきでしたでしょうか?

この点は当時の会社の後輩に

思い切りツッコまれました。

 

 

それはこの画像

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210213132051j:plain

当時、会社に在籍していた後輩のTに

ベースのM16A4を見せに行った時の事

 

「ねぇねぇ!今度、ガスブロで

ゴルゴ13カスタム作るんだよ。

だからWAのM16A4買ったんだ」

 

「そうなんですか?見せてくださいよ。

へぇ~・・・?あれ?

こっちは・・・?これ・・・?」

 

「おぅ!ゴルゴ13カスタムを

作るから、サンプルが要るだろ?

だから、ゴルゴ13カスタムを

買ってきたんだよ」

 

「ええっ?サンプルに??

わざわざもう1挺要ります?

ちょ・・・マジで買ったんですか??

ちょっと考えればわかるでしょう?

大人なんだから!

先輩ひょっとしてバカなんじゃないスか?」

 

「・・・え・・・(;´・ω・)・・・」

 

T

「まったく!相変わらず、加減てモノが

無いんですね!

毎回フルスイングすりゃイイってもんじゃ

ないでしょーよ!!

だからみんな振り回されて

大変な思いするんですよ。そのせいで

先輩飛ばされたんじゃないですか!

(実はこの1年前に色々やらかして

 会社で転勤・飛ばされたのデス)

大体いつも先輩は〇〇ガミガミ・・・」

 

 

そうです。

 

ゴルゴ13カスタムを作るための見本に

ゴルゴ13カスタムを購入していたのデス

 

だから最初の画像で2挺並んでたの・・・

そこを後輩のTに思い切りツッコまれ

佇む私でした。

 

 

(;´・ω・)ちーん

 

 

 

 

 

 

というわけで、私の人生初の

AR15物語は幕を下ろすのですが、

最後に・・・

 

 

 

ベース銃選びに迷っていた私に

「WAのM16A4がいいと思います」

そうアドバイスをくださった

ガンショップの人がいたと言いましたが、

その方とは買い物の時に顔を合わせたり、

お店の近くの道ですれ違ったりすると会釈して

下さったりしたと書きました。

 

 

近年知りました。

 

 

その方は

 

 

 

赤羽にあるガンショップ

フロンティアの山中社長だったのデス。

 

 

 

マック堺さんのチャンネルを見ていたら、

懐かしのエアガンメーカーについて

語るという動画があり、サムネイルで

見た事のある人が・・・。

 

「アレ?この人、フロンティアの店員さんじゃ

 なかったっけ?何で??」

 

 

と思い、動画をクリックしたら、

冒頭マックさんがいきなり

「社長さん」と紹介していたので

ビックリしてしまいました。

 

ええええ??

しゃ・・・社長??

(;・∀・)まぢかーっ?

 

もちろん、山中社長はあの時の事、

私のことなど覚えていないと思いますが、

私はあの時のことをよく覚えています。

 

この記事の出来事は2011年なので、

もう10年も前になってしまいますが、

マックさんの動画・ライブ配信を見ては

あの時のやり取りを思い出す私でした。

 

 

以上、私のAR15初めて物語でした。

 

 

 

 

そういえば・・・

このシリーズもちょうど13話目・・・

これは偶然デス・・・

THE ALFEEの歌にもあったな

ゴルゴダの丘に、稲妻が走りそう・・・

 

 

 

おわり

(;・∀・)

 

 

 

 

 

ゴルゴ13カスタムをガスブロで作ろうとした時の話⑫ ~やっと動画にたどり着いたよ~ 

いつものペースと違い、

「静止画のレビュー → 初速計測」と

テンポよくいかなかった今回の計画

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210214033524j:plain

 

ゴルゴ13カスタムを

ガスブローバックで作ろう

 

のコーナー

(;´・ω・)

 

 

 

 

 

やっとここまで来た。

 

まずは全体のビューをまとめた映像を

ご覧ください。どぞ ( ・ω・)ノ””

 


WA M16A4改 ゴルゴ13風カスタム 外観チェック

 

静止画だけでは伝わらない

このメカニカルな質感・・・

 

メタルフレームとボルトの

「シャキン!」という音・・・

 

 

(*ノωノ) 嗚呼

たまりまセブン

 

 

近年の電動ガンは次世代ですと

メタルフレームが標準になっていて

質感も向上していますが、

こうした操作性や作動については

ガスブローバックの方が

1歩秀でていますね。

 

そして初速も計測しました。

 

 

どぞ ( ・ω・)ノ””


WA M16A4改 ゴルゴ13風カスタム 実射編

 

 

0.2gのバイオ弾を使い計測していますが、

初速はおおむね84~88mpsで安定。

1発だけ90mpsを超えたり、11mpsと

不安定なのもありましたが、

内部メカは全てノーマルですので、

まあこんな感じでいいのかと思います。

 

 

 

というわけで、いつもの

■静止画レビュー

  ↓

■動画レビュー

この流れで終わり・・・かと思いきや

 

続くの・・・

(;´・ω・)

 

 

この記事を読んでいる皆さん、

恐らく今回の私の計画に

違和感をお持ち・・・もしくは

「あること」をお思いではないでしょうか?

というか、もういい加減

ツッコミたい頃合いではございませんか?

 

 

それは

 

「なんでわざわざ

 WAの製品で

 ゴルゴ13カスタムを

 作るの?」

 

ということです。

 

 

 

そしてこの後の私のみに降りかかった

ある出来事について、これから記事にします

 

 

 

 

 

だから・・・

続くの・・・

(;´・ω・)

 

 

ゴルゴ13カスタムをガスブロで作ろうとした時の話⑪ ~パーツのことで悩む日々~

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210214030425j:plain

 

2011年に行われた

ゴルゴ13カスタムを

 ガスブローバックで作ろう」計画

 

レイルマウント問題が勃発。

 

 

 

あのパーツに気が付かなければなぁ・・・

(;´・ω・) あ~あ・・・

 

 

それから何度かお店に足を運びましたが、

そのパーツはショーケースの中で

不愛想に澄ましたまま。

 

まだ誰も買い手がつかず置かれていました。

 

 

そして、

葛藤を経て私は意を決しました。

 

 

「オレは・・・自分だけの

 カスタムを作り上げる!」

 

 

件のレイルマウントサイトを購入しました。

装着した姿がこちらです。

 

どん!

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210214033514j:image

 

WA ウエスタンアームズ

M16A4 改

ゴルゴ13カスタム ガスブローバック


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210214033451j:image

 

この角度

とあるガンショップで魅せられた時と同じ

 

やっぱりAR15はこの角度が一番かっこいい

( ・∀・)イイ!!

 

購入したレイルマウントサイト。

色合いも!ほらバッチリ!


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210214033532j:image

 

今までの粗雑なモノとは違い、フレームや

ストック、ハンドガードなどのグレーな風合いに

近いので、一体感がでました。

 

 

近くで見てもいいですね。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210214033518j:image

 

今回のレイルマウントサイトへの取付は

インシュロックではなく、クリップで挟み込み

しっかりと留まっています。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210214033500j:image

 

レイルサイトマウントのサイドに

金属プレートを取り付けて幅を調整。

しっかりとマウントベースで挟み込まれ

装着されています。

 

 

 

またスコープも変更しました。

 

最初のもマルイ製でしたが、

今回はプロスコープ→プロズームスコープへ

アップデートしました。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210214033456j:image

 

 

単なるロマン武器ではなく、レンジでもある程度

しっかりと狙う事を前提に、フォーカス付きの

スコープに変更したのデス。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210214033528j:image

 

そして倍率も4倍固定からズーム付きへ。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210214033509j:image

 

しっかり「MARUI JAPAN」

 

ようやくカタチになった。

( ・∀・)♬

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210214033504j:image

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210214001307j:plain


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210214033524j:image

 

 

このパーツはさすがに購入を迷いました。

何度か通っては悩み、そして出直す、

これの繰り返しが続きました。

 

なお、お店に行くときは大体車で、

近くのコインパーキングに

車を停めてからお店に顔を出していましたが、

パーキングからお店に向かって歩くその途中、 

 

今回の計画のベース銃選びで迷っていた私に

 

「WAのM16A4ならば

 ご希望に近いものが

 作れると思いますよ」

 

そうアドバイスをしてくださった

お店の方とよくすれ違いました。

歩いて行ける距離の近隣に

複数の店舗があったから、歩いて

店舗を回られていたようです。

 

お店のレンジで質問をした私を

覚えていてくださったのでしょうか?

 

特に話をすることはありませんでしたが、

顔を合わせると会釈をしてくださる人で、

こちらも会釈をして通り過ぎ、お店に向かい

歩いていきました。

 

 

 

と、この銃には色々と

思い出が出来ました。

 

いよいよ発砲です。

 

いつものセットアップで、

初速計測を行います。

 

続くんよ・・・

(;´・ω・)