(;´・ω・) GUN誌 AR15A2 DELTA H-BARの記事

DELTA H-BARの記事が続きましたが、

締めくくりにこんな記事を・・・

 

 

 

 

 

どん

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210515212326j:image

 

GUN誌

1987年12月号です。

 

 

この号はAR15A2 DELTA H-BARの

特集記事が掲載されていました。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210515212335j:image

 

JACのガスガンと同じ

メダリオンとレシーバーのエンブレム

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210515212331j:plain

 

AR15A2 H-BARという

「DELTA」の無い型式のモノもあったようで

この「DELTA」の記載があるものというのは

コルト社が1987年頃から新製品の一つとして

デルタシリーズと呼ばれるもののようです。

 

私の愛銃でもあるデルタエリートも

このシリーズの一つだそうです。

 



f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210515212424j:plain

このDELTA H-BARが目指したものは

対テロ用ウェポンの

「ポリス用スナイパーライフル」

そういう事らしいのですが、

特にこの銃専用のカスタムやチューンは

施されておらず、チークパッドと

タスコ社製のスコープ、そして

メダリオンとエンブレムくらいしか

ノーマルとの違いは無いそうです。

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210515212331j:plain

 

従来品のAR15A2 H-BAR(DELTAなし)と

違う点は・・・

■アルミニウムのアタッシュケースに入り

■スリングが取り付けられている

■3~9×40のタスコ製スコープ付き

■チークパッド付き

 

だそうで、よく見てみると

 

 

特にカスタマイズ・チューンは

されていないにもかからわず

 

 

 

価格は

 

AR15A2 H-BAR・・・808$

AR15A2 DELTA H-BAR・・・1300$

 

(;´・ω・)まぢですか・・・

 



 

またこの銃の目指すところである

「対テロ用のポリススナイパーライフル」

これについても記事で言及されていて

 

このDELTA H-BARでは1MOA以下にならず

バレル交換などで命中精度を上げたとしても

セミオートによる制度は3/4MAO程度。

 

 

ボルトアクションであれば、その精度は

1/2MOAも普通だそうで、

これではセミオートとしても

人質を取った場合の標的を狙撃するには

一抹の不安が残る・・・だそうです。

 

なおこの記事の水色のシャツを着たオジサンは

警察の方だそうです。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210515212440j:image

 

この記事の末筆にもありますが

「デルタ」はコマーシャルモデル・・・

 

特殊部隊「デルタフォース」の

専用モデルというわけではないようです。

 

 

 

また文面をよく見て

筆者の言いたいことをまとめると

・程度の割に高価

・結局商業的な意味合いの「DELTA」

セミオートでもさほど高精度ではない

・これならDELTAなしのH-BARに

 いいスコープを搭載した方が安上がり。

 

 

すごい言われようだ・・・

(;´・ω・)

 

 

私の大好きなDELTA H-BARでしたが、

実銃の世界ではあまりよい評価では

無かった様です。

 

とはいえ、この三角のエンブレムに

恋焦がれ、想いを馳せた熱い時代の

忘れ形見がAR15A2 DELTA H-BAR・・・。

 

 

私のガンロッカーの中で

いつかサバゲーに出撃するその時を

ジッと待っているのデス。

 

 

だからDELTA H-BAR、

オレはいつか必ずお前を

フィールドに連れて行くからな・・・

 

 

 

(;´・ω・) 沼はつづくよ どこまでも ~JAC DELTA H-BARのパーツ ~

今日の記事は銃ではないのですが、

ここ最近記事にしている、

私がトイガンライフ第4章でハマった

沼にまつわる、あるパーツです。

 

 

 

どん

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210509222521j:image

 

JAC AR15A2 DELTA H-BAR

デルタエンブレム

 

 

 

Σ(・ω・;ノ)ノ!

 

こんなものまで・・・

 

 

 

 

何かにハマっている時って

「以上に関連するものが目に留まる」

そんなことないですか??

 

 

私の過去の経験ですと、

今から25年くらい前の私の愛車であった

日産 レパード

(通常 「あぶ刑事レパード」)

 

この車両の登録台数って、

ほぼ同世代に出ていた

R32スカイライン GT-Rよりも

登録台数がはるかに少なかったそうです。

※レパードは38000台前後と言われ

 R32 GT-Rは40000台以上あったらしい

 

にもかかわらず、

「異常なくらい目に留まる」

 

 

当時の知人たちも

「オマエが乗っているせいかな?

 異常によく見る気がするんだよな。

 1週間の内、ソアラよりレパードの方が

 遭遇率が高いと思う」

そういっていたものです。

 

気のせい気のせい

(^▽^;)

 

 

とはいえ、こんな時ほど

こういうパーツをよく見つけられる

モノなんですよね。

 

ちょうどトイガンライフ第4章

2012年ごろ、某ガンショップで発見。

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210509222526j:image

 

DELTA H-BARが新品で売られていて

ショップのショーケースに飾られてた

あの時代には、こういったものも

お店で売られていたのですね。

 

¥980・・・

 

すごくリーズナブルに映る。

 

 

ということはDELTA H-BARの

¥25,800という当時の売価が、

いかにスペシャルな仕様であったかを

物語っているのだと思います。

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210509222531j:image

 

 

あの店のショーケース

今でも覚えてる

 

お店の一番奥の壁が一面ショーケース。

私の身長より少し高いショーケースで

足元から大きな1枚ガラスのスライドドア。

 

ケースの内張は赤いフェルト生地が貼られ

その左上のあたりに、銃口が右を向いた

「AR15が一番カッコよく見える角度」で

ディスプレイされていたっけ・・・。

 

20連マガジンにスコープ、

そしてチークパッドを装着して

店のおじさんの手書きPOPで

「DELTA H-BAR」って書いてあった。

 

パーツ箱の中で

ひっそりと眠るこのエンブレム。

 

「〇〇〇に取付しよう」と思い

手に入れてからも早数年。

 

すごく貴重なもののような気がして

装着する勇気がわかない・・・。

 

 

キモチの整理がついたら、

その時、取り付けて写真を撮ろう。

 

 

もう少し・・・待っててくれ。

エンブレム。

 

 

 

(;´・ω・) こんな時に限って・・・そう・・・沼だからさ・・・

「嵌る」

はまる

HAMARU

 

・穴の場所にピッタリと収まる様

・うまくあてはまること

・くぼんだ場所などに落ち込む

・計略にのせられだまされる様

・関わりから抜け出せなくなる様

 

 

だそうです。

 

私の場合、「関わりから~」が

当てはまるのでしょう。

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210505164109j:plain

 

前出記事のAR15A2 DELTA H-BARですが

JACのM16シリーズの中でもかなりレアで

ヤフオクでも年に1度見るか見ないか。

 

特にチークパッドを装備した個体は

間違いなく¥10,000以上の競合が必至。

 

最近の落札状況を調べてみたが、

高額なものでは¥20,000以上の落札も

あったようだ。

 

そんなJACのDELTA H-BARですが、

私が沼にハマった2012年頃・・・

既にレアアイテム化していたにも関わらず

なぜかそんなときに限って

 

 

 

目に留まるんですよ

 

(;´・ω・)

 

 

今回の記事は我が家にある

DELTA H-BAR 全員集合

総出演となりマス。

 

 

ゲットした順番、そして

入手した経緯などをご紹介するのデス。

 

 

【1挺目】JAC AR15A2 DELTA H-BAR 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210505231536j:image

 

まずこの銃、そして当時をご存知の方で

「え?この銃ODカラーあったの??」

となるでしょう。

 

違います。これは塗装品です。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210505231504j:image

 

 

まずは手っ取り早くオークションで

「AR15」

「DELTA」

JAC」と検索する毎日。

 

そこで初めてヒットしたのが

このODに塗装されたDELTA H-BAR

 

実は画像ではよくわからなくて

自宅に届いてから「!?」となった。

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210505231532j:image

 

にしてもキレイな塗装。

予想してた漆黒のDELTA H-BARと違うけど

これはこれでいいな・・・と思い早9年。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210505231451j:image

 

サブチャンバーを抜いて保管してある。

発砲できない状態です。

 

【2挺目】JAC AR15A2 DELTA H-BAR

(いちいち書かなくてイイって・・・)
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210505231447j:image

 

この銃がブログ書き始め初期に、

記事にしたモデルです。

「幾星霜の時を超え・・・甦れ!」シリーズ

第1弾の銃となりました。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210505231436j:image

 

チークパッドも装備しています。

純正となりマス。さすがに汚れが・・・。

まぁ使い込んでる感があっていいでしょう。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210505231459j:image

 

実はこの銃、近所のおもちゃリサイクル店で

二束三文で投げ売りされていました。

しかもKM企画のSCSが搭載されていて・・・。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210505231431j:image

 

おかげでSCSを探す手間が省けてヨカッタ。

が、しかし

このDELTA H-BARを店頭で見つけたときに

それは発見されたのです。

 

【3挺目】JAC AR15A2 DEL・・・

言わせねーよ

( ・д・)⊂彡☆))Д´)ウッ…
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210505231529j:image

 

ええそうです。

3挺目のDELTA H-BARですが何か?

 

実は2挺目と3挺目はおなじリサイクル店に

2挺まとめて売られていたのデス。

それを購入しました。

 

実はそのリサイクル店は

テクニカ ステージⅢDXを発見した

あのお店なのデス。

 

子どものおもちゃを買いによく

足を運んでいたのですが、

思いのほかいい出物があり、

他にも

・マルイG3A3

・マルイG3SG-1

・マルイP90

は実はこの店舗でゲットしたのです。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210505231440j:image

 

なおこの銃のグリップには

デルタのメダリオンがありません。

 

何ゆえかは後出記事で書き綴ります。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210505231517j:image

 

例によってサブチャンバーを抜いて

発砲不可としています。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210505231525j:image

 

ところでこの3挺目のDELTA H-BAR

ハンドガードの中に何やら金ピカパーツが

見えますね・・・これは一体?

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210505231455j:image

 

ハンドガードを外すとアウターバレルに

何やら太い筒が・・・。

 

これは「リコイラー」と言いまして、

BV式の特徴であるバレルの前後運動を

その運動エネルギーとして利用し、

金色のオモリを前後させて、

銃の発砲に合わせてリコイルを再現する・・・

というモノなのでアリマス。

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210505231507j:image

 

また重りを装着した重いバレルを

より高い圧力を掛けて弾を発射する事で、

威力が上がるパーツとされております。

 

オマケにインナーバレルと連動することで

バレルの左右回転を抑え込み、

命中精度向上の効果がある程度見込まれたと

されています。

 

しかし6.1mmのバレル内径で

タイトバレルと称された時代のことですから

効果のほどは・・・ね。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210505231522j:image

 

これらが私のDELTA H-BAR沼です。

(;´・ω・)

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210505231511j:image

 

今もデスクの右横・・・一番日の当たらない

隅っこに「沼」として集まっています。

 

 

もう一度ここに没頭して

サバゲーにまで持ち出すように

なってしまったら・・・

 

 

私はもう二度と皆さんの元には帰れない

 

 

沼・・・そう・・・

 

 

沼なのよ・・・

(;´・ω・)

 

 

 

(;´・ω・) ぬま でるた くせ テイクダウン

青春時代の憧れ

JAC AR15A2 DELTA H-BAR

BV式フルオートガスガン

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210505164109j:image

 

この銃のテイクダウンが持つ

クセのすごさは前出記事でご覧いただき、

ご紹介済みですが、あちらはバーストメカの

タイプでした。

 

今度はオーソドックスなセミフル

切替タイプのテイクダウンを行います。

 

 

 

(;´・ω・) やる前から気が重い。

まず何より、この銃は重い!重たい!

 

そしてクセがすごい。

手は油まみれになるし・・・。

 

と、愚痴は置いといてテイクダウンします。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210505164119j:image

 

まずはテイクダウンピンを左側から

ピンポンチなどで押します。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210505164105j:image

 

コンコン

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210505164018j:image

 

コンコン

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210505164042j:image

 

レシーバーにはテイクダウンピンが

抜けないようにするためのプランジャーが

入っており、ロアレシーバーからピンは

脱落しません。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210505164014j:image

 

右側から見たところ

ピンはこの位置でぴたりと留まります。

 

 

そして大クセのテイクダウン

アッパーを前方に押しながら・・・


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210505164047j:image

 

スポッ・・・抜けた 

(;´・ω・) 

 

前回のM16A2と同じ構図で

画像にしてみました。

 

■DELTA H-BAR■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210505164101j:image

■M16A2■

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210418040724j:plain

 

■DELTA H-BAR
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210505164123j:image
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210505164032j:image

 

バースト機構が搭載されていないので、

バースト用のカウンターもシアもありません。

あるのはエアスイッチを押すメカだけです。

 

 

■M16A2■

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210418040736j:plain

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210418040704j:plain

 

M16A2はメカの前後した回数で

発砲をカウントするカウンターと

バーストシアが組み込まれていたので、

このような突起と金属製のメカが

アッパー側に内蔵されていました。

 

 

画像を見る限りこの点はメカニズム的に

DELTA H-BARの方がシンプルなのですが、

いかんせんセミオートのキレが悪いので、

作動の安定性はバースト式に軍配が上がります。

 

 

ストックから供給されたエアは

ストックパイプ内を通り、

レシーバーへと供給されます。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210505164027j:image

 

このBV式ガスガンというのは、気密が命。

エアルートの至る箇所にパッキンやOリング。

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210505164057j:image

 

組みあがった後にエア圧を掛けて

「スゥ~・・・」というエア漏れの音・・・

何度悔しい思いをしたことか・・・

 

 

ストック内部も一部純正とは違います。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210505164114j:image

 

ドライバーで指した部分は、本来ならば

リキッドチャージ用のガスタンクがある位置。

しかしこの銃は外部ソース専用化する際に、

タンクを撤去並びに、エア圧が高圧化して

初速オーバーを防ぐための対策として

リリーフバルブを組み込んであります。

 

また、当時としては先進的であった

HOPUPも装備しました。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210505164052j:image

 

この部分。

現代の若者や電動から入ったシューターは

見たこともないでしょう。

 

これは「バレル回転止め」と言います。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210505164022j:image

 

BV式ガスガンは構造上バレルが前後に動き、

フルオートサイクルを可能にするため、

メーカー出荷時はバレルが回転してしまう

状態のままとなりマス。

 

HOPを組込むにも、その構造がネックとなり、

スピンドライブの方向も一定にできません。

 

そこでバレルの前後運動を保持しながら

左右の回転を制限する上記の機構が

生み出されたのデス。

 

バレルのクセもすごい。

(;´・ω・)

 

 

そしてまたHOPも大クセHOPです。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210505164128j:image

 

BV式ガスガンは「サブチャンバー」が

その発射を司りマス。

 

そのため現代の電動ガンやガスブロの様に、

パッキンで保持したBB弾を、

スピンドライブを与えて飛ばす方式ではなく、

サブチャンバーから飛び出したBB弾に

バレル内の突起でスピンドライブを与える、

所謂「つまづきHOP」が主流でした。

 

画像で見てみると、位置はこの辺です。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210505164037j:image

 

そんなに遠くの位置ではないですが、

カート式リボルバーと同じような感じです。

 

 

のちに「サブチャンバーHOP」も考案され

BV式ガスガンも命中精度が向上しましたが

時はすでにGUN誌やCM誌などでも誌面上で

電動ガンに対する記事が出始めて、

シューターの期待感やHOP標準化の流れもアリ、

BV式ガスガンは一気に下火となってしまい、

JACも2度の不渡りとなり、倒産しました。

 

エアガン業界に影を落とした暗黒時代、

M16の代名詞ともいわれたこのシリーズ。

 

 

当時この趣味に身を置いていた方には

思い出深い銃ではないでしょうか?

 

私も当時、憧れて魅了された者の一人。

 

まだ実現はしていませんが、

私はこのDELTA H-BARをサバゲー

使用する計画がアリマス。

 

もう30年以上前の憧れが・夢が

どうしても忘れられない・・・

そう、私はロマンチストおじさんなのです。

 

 

そしてこの銃の入手とモディファイに着手した

2012年頃ですが、すでにこの銃も個体数が減り、

レアものでした。

 

そんな時に限って・・・

 

 

 

そう

 

 

沼ですよ沼・・・

(;´・ω・)

 

(;´・ω・) 第4章は沼なんだよ・・・JAC そしてBV・・・

2012年のある日、都内の某ガンショップで

タダだったから・・・という

安易な理由で頂いて帰ってきた

M4シャーマンのエアタンク「X-3」

 

コイツのせいで、バブル当時に憧れていて

手に入れることが出来なかったJAC製品…

M16系に傾倒することになった。

 

JACのM16A2を2挺連続で買い込み

これで両足が沼にしっかりと刺さった処で

次に腕が沼にハマる・・・

 

 

 

 

 

 

次のJAC沼はこれでした。

 

 

 

 

どん

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210505163757j:image

 

JAC AR15A2

 DELTA H-BAR

 

 

JAC沼、そしてAR15という茂み

(;=゚ω゚)ノきゃぁぁああ

 

 

 

 

このAR15(←あえてM16と書かない私)は

あの頃の私の憧れだった銃です。

 

 

ガンショップのショーケースに飾られて

POPが誇らしげに書かれていたっけ・・・

値段も覚えてる・・・

¥25,800だった。

 

私の住む町にポツンとあったお店。

ガンショップというより、

ホビーショップと呼ぶのが相応しいです。

 

エアガンだけじゃなくて

ガンプラ・ラジコンにミニ四駆

サンリオとかのキャラもの文具まで。

 

あの頃のワタシと

ちょうど同年代の子どもたちをもつ

ご夫婦が経営されていて、

当時の男の子たちの交流の場でもあった。

 

 

数年前に閉店されて、今は託児所に。

これも時代なんだな・・・。

 

まだお店が開いていた10年くらい前に、

跡を継いだという息子さんと

少しお話をする機会があり、

当時を懐術しながら談笑しました。

 

 

と思い出話はそこそこに・・・。

 

では簡単にこのDELTA H-BARを

クローズアップします。

(*/・ω・)/ ワショーイ

 

私が若干モディファイしていますので、

一部、純正と異なる部分があることを

予めご了承下さい。

 

■エンブレム■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210505163753j:image

 

レシーバー横に貼られている

専用エンブレムは七宝焼です。

 

COLTのロゴと「DELTA」のロゴ。

 

 

そしてグリップにはこのエンブレム

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210505163810j:image

 

「デルタ」のメダリオン

これはデルタエリートとも同じですね。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210505163814j:image

 

レシーバーの右側はこのようになっています。

これこそがDELTA H-BARをより

DELTA H-BARたらしめているアイテムです。

 

■チークパッド■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210505163749j:image

 

これもまたDELTA H-BARらしさを

表現しているパーツの一つですね。

 

 

初めてこのチークパッドを手に入れたのは

DELTA H-BARに付属されてきたのではなく、

中古のコクサイM16に装着されていたのを

取り外して初めて手に出来ました。

 

パーツ自体に希少性が高いうえ、

人気もあるため、オークションで見かけても

高額な競り合いになることは必至です。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210505163842j:image

 

なおこのJACのチークパッドは、

左右分割→ネジ留め ではなく、

モールドで筒状に成型されたものです。

 

六角に見える部分もモールドで、

実際はストックの前方からスポッっと

被せているだけなのです。

 

チークの取付としては楽なのですが、

いちいちストックを外す手間が出てしまい

逆に装着が面倒くさいのが笑えます。

 

ハイダー
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210505163853j:image

 

ココはアフターパーツによる

モディファイ箇所となり、純正と違います。

 

ハイダーではないですよね。

これは何でしょうか・・・。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210505163712j:image

 

インナーバレルが見えますね。

うん・・・明らかにデフォルトの

フラッシュハイダーとは違う。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210505163819j:image

 

これが純正のDELTA H-BARのハイダー

何が違うのか・・・それはコレ。

 

 

サイレンサー取付基部だからです。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210505163845j:image

 

この部分がサイレンサー側の基部です。

ココをはめ込みます。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210505163745j:image

 

右が銃口方向で、前方から挿して

コンコンやさしく叩くのデス。

 

そしてこうなります。

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210505163720j:image

 

全景を収めようとすると・・・

 

長ぇ~ね!

Σ(・ω・ノ)ノ!


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210505163826j:image

 

サイレンサー装着時の全景です。

これは長い。

 

なおこのサイレンサーも消音効果抜群で

BV式ガスガンの中でも音が静かな

JACユニットと相まって、とても小さな

銃声しかしません。

 

■アウターバレル■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210505163707j:image

 

これも純正とは異なります。

前出記事で刻印や造形をご紹介しましたが

これは実銃をもとにしたリアルさよりも

「頑丈さ」を最優先にしています。

 

社外品のアウターバレルです。

 

■外部ソース■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210505163837j:image

 

この銃は中のリキッドチャージ用タンクを

除去していますので、外部ソースオンリーです。

 

■マガジン■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210505163849j:image

 

付属のマガジンは20連ショートです。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210505163739j:image

 

サイレンサー装着状態でのビュー。

長いし迫力満点ですね。

 

そして左側からのビュー。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210505163801j:image

 

やっぱりAR15はカッコイイですね。

改めて見て、惚れ直します。

 

なおサイレンサーには・・・


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210505163734j:image

 

「スワット」

しかも筆記体・小文字・・・

(;´・ω・) なんで?

 

大文字・ブロック体ならわかるけど

なぜ・・・?

 

■ハンドガード■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210505163703j:image

 

純正はツルツルした仕上げですが、

この個体はシボ塗装がされていました。

カッコいいです。

 

■レシーバー左側■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210505163716j:image

 

アッパーレシーバーにシミ・・・。

ですが私は

「銃は使い込まれていてもカッコいい」

これが信条ですので、気にしません。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210505163831j:image

 

刻印は「AR15A2」ですね。

これは軍用の表記である「M16」ではない事から

民間用のモデルであることが解ります。

 

 

セレクター■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210505163726j:image

 

前出のJAC M16A2 2機種については

2点・3点バーストを機械制御する

バーストメカが内蔵されていたため、

表記を無視した5ポジションでしたが

DELTA H-BARはオーソドックスな

3ポジションとなっております。


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210505163823j:image

 

このモデルは「BURST」ではなく「AUTO」


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210505163730j:image

 

なおこのモデルをお持ちの方は

当時悩まされたかもしれませんが、

とにかくセミオートのキレが半端なく悪い。

 

トリガーを1回引いただけで

2点バーストや中途半端なフルオートに。

 

以上、外装に関する

レビューでした。

 

 

次の記事では

クセがすごいテイクダウンを

ご覧に入れます。

 

(;´・ω・) 沼だな

今日の記事はクイズ  答えは来週あたりに・・・

今日の記事はクイズです

 

【問題】

♪タタン♪(イントロ音)

 

 

このM16A1は、2012年ごろ、

トイガンライフ第4章の時代に

入手しました。

 

この銃はどこのメーカーでしょうか?

ヒントは無しです。

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210509222827j:image
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210509222823j:image

 

正解の発表&レビュー記事は

来週あたりにアップします

 

回答はコメントにてどうぞ♪

お手付きはありませんので、

皆さんフルってどぞ!

(*・ω・)ノ””

さらば・・・お宝④ タナカワークス S&W M19 ペガサスリボルバー

新しいお宝を手に入れるためには

まだまだ資金が足りない。

 

 

次に手放すお宝はコレ

ある目的のために手に入れたが、

 

 

『あの時の二の舞』にならずよかった

 

 

 

 と心底思う、印象深いモデルでした。

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210503232319j:image

 

タナカワークス

S&W    M19

ペガサス リボルバー 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210503232310j:image

 

「二の舞」とは何なのか・・・。

今後私のブログを読み進めて戴くと

この答えがわかります。

 

最近某ガンショップで見たものが

その答えに直結しています。

 

 

最近ほとんど手に取ることがないので、

資金に充てます。

 

この銃の特徴はこれです。

 

 

どん

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210503232315j:image

 

シリンダーパッキン・・・

 

実はシリンダーパッキンを

純正から変更してるのですが、

よくあるゲボスケではなく、

コレは「あるモノ」の流用です。

 

ペガサスリボルバーの初期型は

このパッキンの保持力が強すぎて

発射時に乱回転がかかり、

カーブ・シュート・フォーク・シンカー

何でもござれ、現役時代の東尾も真っ青な

変化球の嵐です。

 

『コイツ』を使うと弾道が素直になるので、

私のペガサスリボルバーは殆どが

このカスタムを施されています。

 

このカスタムの詳細は後程

ブログ記事の第7章にて記載します。

 

 

 

あ!

 

 

 

 

 

レビュー用の画像・・・ 

アップ用の動画・・・

撮るの忘れてしまった

 

∑(゚Д゚lll) ガーン

 

 

 もう発送しちゃった・・・

 

 

さらば・・・お宝

(;・∀・) やらかしましタナカ