DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

おじさんと銃・・・阿藤快さん

JAC AR15A2ガスブローバック

この記事を書いてる時、たびたび

 

 

何だかなぁ・・・

(;´・ω・)

 

 

という気持ちになると

書き綴りましたが、

あのセリフを脳内でつぶやいた時

ある俳優さんのことがふと

頭に思い出された。

 

 

 

阿藤快さん

 

 

残念ながら数年前に、

体調不良で亡くなられましたが、

晩年はバラエティやロケ番組において

そのお人柄を広く知られることになり、

「なんだかなー」という口癖がそのまま

ご本人の代名詞・・・そしてこの

台詞と言えば阿藤さん、という感じで

親しまれていましたね。

 

 

そんな阿藤快さんですが、

若かりし頃はその風貌を生かして

刑事ドラマでは犯人役として

非常に印象に残る演技をなされていました。

 

特に西部警察においては

黒部進さん

中田博久さん

鹿内孝さん

内田勝正さん

浜田晃さん など

繰り返し犯人役を演じられた方が

多くおられますが、

阿藤快さんも思い返すと数多く

ご出演があったと思います。

※当時のクレジットは「阿藤海」※

 

 

どれもアクが強くて印象深い役どころでしたが、

特にその中でもこれが・・・というのは

 

兇銃 44オートマグ

 

です。

 

 

劇中のセリフで思い出されるのが

団長とリキの署内での会話

 

■団長■

ライフル並みのハイパワーを持った拳銃

そんなものがあるのか?

 

■リキ■

えぇ・・・ひとつだけ・・・。

「44オートマグ」・・・です。

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210725125532j:image

 

 

 

■団長■

44オートマグ?

 

■リキ■

ええ・・・俺も握ったことは無いんですが、

オーとアクションになっている分、

俺のマグナムよりも威力が高いんです。

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20210725125557j:image

 

そんなやり取りがありましたね。

 

 

 

 

 

 

2021年現在で、もしご存命であれば75歳

まだまだお元気されてる御歳でしょうに。

 

 

寂しいナ・・・

(  ´・ω・)

 

記事を書きながらそう思ってしんみりすると

あのダミ声で豪快に

 

「なんだかなー」

 

 

といって

場を和ませている・・・そんな風景が

うかんできました。

 

記事を書きながらクスっと笑ってしまいました。

 

 

 

 

お人柄というのは、その人が亡くなられても

残された人に多大な影響を齎すのですね。

 

 

今日は銃の事ももちろんですが、

阿藤さんの決め台詞でフッと笑ってしまった

ワタシのとある日のお話でした。