DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

もう一度言おう・・・【おじさんと銃】の記事である!

 

 

 

1968年・・・

今から54年も前の映画

 

 

 

 

加山雄三さん主演

「狙撃」

 

 

 

 

 

 

今回は「おじさんと銃」シリーズ。

 

 

 

 

 

今までもこのタイトルで

阿藤快さん

  44オートマグ

・成瀬正孝さん

  コンバットマスターピース

 

 

といった銃器と登場人物を振り返り

記事にしてまいりましたが、

今回の題材は、なんとあの加山雄三さん!

 

 

 

 

 

そして、加山さんがこの作品中で

最後の対決に選んだモデル・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この手に握られていた拳銃・・・

 

 

 

 

 

 

 

そうです。

 

 

 

今回記事にする拳銃はなんと!

コレです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どん!

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220501030002j:image

 

 

 

 

 

マルシン ガスリボルバー

スーパーブラックホーク

MAXI 7.5インチ 8㎜BB弾

 

 

 

 

 

 

のハコに収められた・・・

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220501030145j:image

 

 

 

 

 

・・・銃なのですが、

フタを開けると

説明書と銃本体が収められています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220501030118j:image

 

 

 

 

よく見ると説明書の下には・・・

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220501030149j:image

 

 

 

 

 

 

 

よくある展開図ですね。

なるほど、スーパーブラックホーク

パーツリストと展開図・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではないんです!

 

 

 

 

 

 

 

 

この銃は

スーパーブラックホークではありません。

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220501030155j:image

 

 

 

 

 

ホー・・・?

 

 

ホークアイ

 

 

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220501030125j:image

 

 

Six Shot・・・ではなく

 

 

Single Shot

 

 

 

 

 

 

劇中、加山さん演じた

松下が最後の決闘に選んだ銃は

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220501030139j:image

 

 

 

スタームルガー

ホークアイ・シングルショット

 

 

 

 

 

でアリマス!

ワショーイィ!

(/・ω・)/

 

 

 

 

 

 

この銃、ものすごく珍しい銃・・・

というよりも

ワタシ、存在すら知らなかった。

 

 

 

実銃ももちろん知らなかったですが、

まさかトイガンで存在しているなんて。

 

 

 

というわけで、

このスタームルガー・ホークアイ

シングルショットを

レビューするのですが、その前に!

 

 

 

 

このモデルの実銃における

基本構造を説明します。

劇中において加山さんが1発ずつ装填排莢を

繰り返していた理由がわかりマス。

 

 

説明はネットからの引用となり

大変恐縮ながら、ご覧ください。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220501030131j:image

 

 

 

 

ルガー・ホークアイ シングルショットは

同社製リボルバーをベースにした

ハンティング用の単発ハンドガンだそうで

ベースは何となくブラックホークであることは

察しがつくんですケド、そうなると口径は

357若しくは44マグナム・・・っぽいっですが、

このシングルショットの口径は特殊で

256ウィンチェスターマグナムという

特殊な弾薬を用いるようです。

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220501030128j:image

 

 

 

 

シングルショット・・・とはどういうことか

これは通常のシリンダーとは異なり、

弾が1発しかこめられない構造なのです。

 

 

 

あとで動画でもレビューしますが、

分かりやすくいうと、こうなんです。

 

      ⇓

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220501030135j:image

 

 

 

 

こちらのページにその答えがあります。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220501030158j:image

 

 

 

弾薬を装填したところの断面図

カッターウェイなのデスが、

本来ならシリンダーがある部分を

拡大すると・・・弾薬の位置・・・

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220501030109j:image

 

 

 

 

なんとシリンダーじゃなくて、

バレルの中に弾薬が・・・

これ・・・まるでショットガンじゃん。

ちなみにこの部品はパーツリストで

確認したところ、

「ブリーチブロック」という名称です。

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220501030115j:image

 

 

 

棒で指したハンマー部分。

本来ならばファイヤリングピンで

プライマーを叩く箇所なのですが、

よく見ると本来薬室となっている

シリンダー部分には弾薬ではなく、

長いファイヤリングピンがあります。

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220501030142j:image

 

 

 

そしてブリーチブロック内の

長いファイヤリングピンが、

ハンマーの打撃力を前方に伝え、

バレル部分のプライヤーを叩き、

弾丸が発射される・・・という仕組み。

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220501030112j:image

 

 

 

プライマーを叩くファイヤリングピンは

№12のパーツであることがわかりマス。

 

 

そして

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220501030122j:image

 

№12のパーツは№13のスプリングと合わせ

ブリーチブロック内に収納され、

プライマーを叩くのデス。

 

 

 

そして、問題のシーン

加山さんが1発ずつ装填排莢してたのは

構造上の理由です。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220501030152j:image

 

 

よく見ると、発砲後に残された

薬莢を排出するためのスプリングや

機構が存在しないのデス。

通常リボルバーならばエジェクターロッド

セミオートならばエキストラクターが

リムを引っ張ったり押し出したりして

排莢するのですが、このホークアイには

その機構はナイ・・・。

 

 

 

だから加山さん演じた主人公の松下は

1発ごとにブリーチブロックを開け

手作業で排莢、そして装填、

またファニング → 手動排莢と、

繰り返していたのでアリマス。

 

 

というわけでルガーホークアイ

シングルショット 実銃の説明でした。

 

 

 

続いての記事は

いよいよこのトイガンの説明です。

 

 

 

こいつは・・・すごいぜ。