DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

そういえば・・・今まで気づかなかった

初速計測動画のため

準備をしていた時、ふとあることが

頭を過った。

 

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211004001726j:image

 

 

 

BB弾を装填したシェルを銃の前に並べ

平たいケータイを向けたとき・・・

 

 

 

 

 

(そういえば・・・?)

 

 

 

 

 

 

 

(そうだよな・・・?)

 

 

 

 

 

(・・・確か映画の・・・)

 

 

 

 

 

 

あぶない刑事リターンズで

タカが使ってたじゃん!

 (; ・`д・´)

 

 

 

 

 

そうなんですよ・・・

このショーティを購入したのは

2014年頃・・・

 

 

その時は全く思い出さなかった・・・。

 

 

 

 

 

てことは・・・

 

 

コイツも立派なあぶ刑事コレクション。

 

 

 

 

 

そうか・・・

 

 

 

 

というわけで初速計測の準備をしていたが、

ただガシャンとコックして計測するだけでは

チョッと・・・

 

 

そこで趣向を凝らし、

この2挺をガンロッカーから取り出した。

 

 

 

 

 

まず1挺目はコレ・・・

どん!

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211004001732j:image

 

 

WA ワイルドホーク

限りなく本物のタカ・カスタムに近いヤツ

 

 

 

 

 

 

そしてもう1挺・・・

ドン

 

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211004001719j:image

 

 

 

 

タナカワークス

S&W M49ボディーガード

ペガサスリボルバー

コッチはマルシン製と異なり

メダリオン入りのパックマイヤーグリップ

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211004001729j:image

 

 

 

確かあぶない刑事リターンズのクライマックスで

舘さんの演じたタカのアクションで・・・

 

 

・ショットガンで切込み

     ↓

・物陰からタカ・カスタムで4発

     ↓

・虫の息だった木内が背後から

 タカに襲い掛かり、転倒させられるが

     ↓

・ボディーガードをドローして

 至近距離から木内に発砲

     ↓

・あぶなかった・・・(; ・`д・´)

 

 

というシーンがあったと思います。

 

 

そんなイメージで、計測の中で

連続して3挺、撃ってみましょう。

 

 

 

 

そうそう、このレミントンですがね・・・

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211004001723j:image

 

 

 

シリンダーノズルに詰め物・・・

 

 

 

何ゆえか?

 

それは、このモデルは構造上

ガス圧がダイレクトにBB弾に伝わるため

初速がオーバーしてしまう可能性があるのデス。

初期型ペガサスと同じ・・・と

イメージしていただければわかりやすいです。

 

 

そのためノズルに詰め物をして

35℃以上でも初速が規制値を超えないよう

デチューンを施しています。

 

 

そのため数値を見ると

「ちょっと物足りない」・・・ですが、

これもルールを守って楽しく遊ぶためデス。

 

 

 

 

次の記事では

計測からのタカ・カスタム発砲

        ↓

     ボディーガードへ持ち替え

 

 

を動画でご覧いただきます。

 

 

 

続くのデス

(; ■`д■´)ユージィッ!