DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

好きすぎて あぶない刑事 個人的に「ユージ=柴田恭兵さん」に1番似合っていた拳銃だと思う。

2014年頃の某日

 

 

 

いつもの様にガンショップ巡りをしていた時、

探していた「ある銃」をようやく見つけた。

 

 

そんなにレアではないけれど

「なぜ貴社がこのモデルを?」と

当時は意外だと思っていましたが、

このメーカーは往年のトップメーカーである

MGCの系譜を受け継いでいると知り、

Vフレームシリーズをモデルアップしているのも

なるほど納得出来ました。

 

 

 

あぶない刑事の影響もあり、製造終了後も

中古価格は高騰しており、中々いい出物がなく

発火済でボロボロのものが格安で出てくるか、

状態の良いモノが割高で出てくるか、

どちらかでした。

 

 

そんな中、ようやく程度と予算で折り合いのつく

いい状態のものと巡り会えました。

 

 

 

 

 

コイツです。

 

 

 

 

行くぜ( ■ν■)

どん

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211031132228j:image

 

 

KSC  コルト キングコブラ

2.5インチ  HWモデルガン

 

 

いやーいいモノ出てくるまで

時間かかりました

 

 

 

映画の影響そして再販までの期間もあり

かなり見つけるのに苦労しましたが、

偶々通り掛かったガンショップの目の前で

ショーケースに飾られたコイツを発見しました。

 

 

 

それでは早速レビューしましょう。

 

 

 

ユージィ

シマツショーイ

ワショーイ

(/■ω■)/

 

 

 

■全景■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211031132207j:image

 

 

 

スナブノーズでありながら、

あまり小さく見え過ぎない。

適度な大きさと言いますか・・・。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211031132204j:image

 

 

グリップもパックマイヤーを標準装備。

オーバーサイズのためか、スナブノーズの割に

「しっかり感」があります。

 

 

■フロントサイト■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211031132248j:image

 

 

パイソン同様にレッドランプが入ってます。

これはサイティングしやすくていいです。

 

 

■リアサイト■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211031132216j:image

 

 

パイソンやトルーパーといった歴代モデルと

似たような形状です。

上下左右フルアジャスタブルであります。

 

 

■刻印■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211031132237j:image

 

左側の刻印、まずはバレル。

 

「KING  COBRA」の文字。

ちなみにコルトのリボルバーは蛇の名前が多く

・パイソン

・ダイヤモンドバック

アナコンダ

コブラ

そしてこのキングコブラがあります。

 

 

なんで蛇なんだろ?

はて。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211031132245j:image

 

サイドフレームにはコルトのマーク。

 

続いて右側面。
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211031132210j:image

 

 

357MAGNUM  CTG何ちゃらとあります。

 

多分リアル刻印てヤツなのでしょう。

・・・多分。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211031132213j:image

 

見えづらい所にSPG刻印です。

 

 

ここでふと気になった。

 

 

 

「KSCのロゴが見つからない」です。

 

 

何せ

「ここかあっ」と思いついた所、

シリンダーをスイングアウトしたときに見える

フレーム部分

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211031132158j:image

 

 

ココにもない

(;´・ω・)

 

 

結局何処だかわからなかった。

情報提供求めます。

 

 

■ハンマー■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211031132149j:image

 

 

パイソンのような斜めにまで入っている

チェッカリングではありませんが、

横向きにセレーションが切ってあります。

 

ハンマーを起こすときには

指を掛けやすくていいですね。

 

 

またこのKSCのキングコブラは、

以前に6インチモデルを購入し所持してますが

とにかくアクションが滑らかで、なんだか

クセになりそうな感じがします。

 

■グリップ■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211031132242j:image

 

 

KSCのキングコブラモデルガン初期型?は

パックマイヤーが標準装備です。

現行(2021年)のモデルはホーグモノグリップが

標準装備となります。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211031132225j:image

 

 

パックマイヤー

プレゼンテーショングリップです。

握りやすくて扱いやすいです。

 

 

■トリガー■

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211031132201j:image

 

縦にセレーションが入ってます。

滑らかなアクションと相まって気持ちいい。

非常に引きやすいです。

 

■シリンダー■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211031132219j:image

 

近代的なリボルバーですね。

デトネーターを兼ねたものではなくて

あくまで不正改造防止のモノです。

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211031132239j:image

 

それでいて見た目のリアル感を損わないように

配慮がなされている造形をしています。

 

 

射手側から見てみますと・・・

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211031132155j:image

 

 

なんだか変わった作り

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211031132222j:image

 

カートリッジを取り除くと、

まるでフルムーンクリップを使えそうな

掘り込みがしてあります。

 

装填もスムーズ

スイングイン・アウトも滑らかで、

本当に素晴らしいモデルです。

 

 

■エジェクターシュラウド■
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211031132231j:image

 

 

S&Wの様に先端にロッキングボルトはなく

シリンダーの後端でガッチリとロックを

掛ける機構の様です。

そのため・・・


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211031132253j:image

 

 

フレーム側のロッキングボルトは

非常に径の太いピンとなっています。

 

■カートリッジ■

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211031132251j:image

 

 

弾頭が銅のジャケットみたいで

MGC時代のモノとはリアルさが違いますね。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211031132147j:image

 

 

シリンダーにはデトネーターがなく、

カートリッジ本体内で発火できるタイプ。

先端をネジの様に外し、分割した後で

7mmキャップ火薬を使用します。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211031132152j:image

 

ファイヤリングピン

デトネーターなどが確認できます。

 

中に見慣れない綿みたいなフワフワが・・・

 

 

これは

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20211031132234j:image

 

 

フエルトが仕込まれてました。

元からなのかな?それとも前オーナーかな?

 

というわけで、キングコブラでした。

この銃もあぶない刑事コレクション。

思い入れは1記事では書き切れない。

 

というわけで

キングコブラの記事は

 

まだ続くよ

( *■ω■)行くぜ