DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

頭の中は週末のサバゲーでいっぱい ガス漏れ修理 前編(分解)

週末はサバゲーです。

 

 

 

まずはこちらをご覧ください。

 

 

 

 

 

 

どん

 

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220409214139j:image

 

 

 

 

マガジンです。

来週のサバゲーで使用する銃のモノですが

実はこれ・・・

 

 

 

 

ガス漏れしてます。

(/ω\)きゃー!

 

 

 

 

 

 

 

幸い数本ある予備マガジンのうちの1本なので

運用に支障はないモノの、やはり放置は出来ぬ。

 

 

というわけで、今日の記事は週末のサバゲー

使用する銃のマガジンで起きている

ガス漏れを修理します。

 

ガスモーレ

シューリ

ワショーイ

(/・ω・)/~●

 

 

 

 

まずは症状を見てみよう。

どこから漏れているのかを

特定するところから始まる・・・

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220409214212j:image

 

 

 

ガスを注入してみた。

 

 

 

すると・・・

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220409214208j:image

 

 

 

 

ブリーチへガスを吹き込む部分、

放出口からのガス漏れを確認。

 

 

 

実はこの時点で腑に落ちない点があった。

 

 

 

 

(・・・ここからガス漏れ?)

※心の声※

 

 

 

 

まあいいか

とりあえずガスがリークしている場所を

分解してみてみよう。

 

 

 

で、

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220409214224j:image

 

 

 

 

どこから

分解

するのカナ

 

 

 

 

そうです。

 

今回は初めて分解するマガジン。

構造がさっぱりわからない。

 

 

 

 

 

しかし、なんとなく構造を想像しつつ

分解を進めていくことにした。

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220409214216j:image

 

 

 

上にピンが3本・・・

(@_@  )””フムフム

 

 

 

そして・・・

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220409214131j:image

 

 

 

下にもピンが3本・・・か

(@_@  )”””  なるほど

 

 

 

 

あとは・・・

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220409214127j:image

 

 

 

底部のボトムプレート

アヤシイでっぱり×1

 

 

 

よっし!

まずはボトムプレートから外そう。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220409214232j:image

 

 

 

ガス注入バルブ部のでっぱりは

スプリングのテンションで真下方向に

チカラが掛かっている。

 

押し込んで、ボトムプレートを前進させ

スライドして引き抜く。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220409214228j:image

 

 

 

すると

・フォロアー回り一式

・ボトムプレート保持パーツ回り一式

が取り出せます

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220409214144j:image

 

 

 

下から見ると、注入バルブがコンニチワ

(@_@  )””

 

 

今回は下からのガス漏れはないので

特にここから先は分解しませんが、

注入バルブからのガス漏れの場合は

ココから対処することになりマス。

 

 

 

で、今回は上からのガス漏れだからよー

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220409214201j:image

 

 

 

上の3本のピン・・・

どれかが、マガジンリップを固定してる。

そいつを・・・当てる・・・

 

 

 

 

 

・・・まずは真ん中の小さいやつ・・・

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220409214204j:image

 

 

 

抜けたっ!

どうだっ!

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220409214135j:image

正解ワショーイ

(/・ω・)/"""ミ

 

 

 

少しずつリップを持ち上げると・・・

 

 

 

ん?

何か当たってるな・・・。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220409214148j:image

 

 

 

放出バルブが干渉して

リップが持ち上がらないってか?

 

 

 

しからばっ・・・

 

 

放出バルブをポチっとな。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220409214238j:image

 

 

 

フッ・・・

(。-`ω-)y-.。o○

おじさんは経験を活かし、

洞察力に優れる生き物サ。

 

 

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220409214157j:image

 

 

 

こうしてリップが脱着できたことで

ガス漏れの原因である放出バルブへの

アクセスが可能になったわけで・・・

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220409214235j:image

 

 

 

次は放出バルブを外します。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220409214220j:image

 

 

 

バルブレンチを当てて、緩めていく。

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220409214152j:image

 

 

・・・取れた。

 

 

 

というわけで、ガス漏れの位置まで

たどり着くことが出来ました。

 

 

 

本日の記事はここまで

明日はガス漏れ修理後編「対処」です。

 

 

 

\続くよーっ/

 (*・ω・)ノ