DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

マガジンのガス漏れ修理〜MGC ベレッタM92F固定スライド〜

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220417175318j:image

 

 

さて修理の1本目はMGC

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220417175233j:image

 

 

 

固定スライドガスガンのマガジンです。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220417175243j:image

 

 

 

この個体は昨年の新潟・福島方面の出張で

お宝ショップ巡りをした際の出物です。

 

実は2021年は「固定スライド収集」が

楽しくなってしまった時期であり、

自宅の書斎には固定スライドガスガンが

ズラリ、というかグチャッ

(;・∀・) ウッ

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220417175340j:image

 

 

 

もしこのマガジンが修理可能で

直すことが出来れば、このM92F

予備マガジンとして使用できる。

それも大変お買い得で。

 

 

 

今回はこのMGCベレッタM92F

ガス漏れ修理を行います。

 

 

 

ガスモーレ

シューリ

ワショーイ

(/・ω・)/

 

 

 

 

 

 

 

MGCの固定スライドガスガンの

M92Fマガジンは今回初めて分解する。

・・・どうやって分解するのカナ?

 

 

 

お、わかってきたゾ。

 

 

①ボトムプレート取外し
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220417175300j:image

 

 

 

マガジン底部のボトムプレートには

ガス注入口と何やら突起のある穴。

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220417175304j:image

 

 

 

この突起部分を細いドライバーで

押し込むと、ボトムプレートが

前方にスライド出来て取り外せます。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220417175246j:image

 

 

 

ココ・・・ですね。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220417175315j:image

 

 

 

取れた

(;´・ω・)

 

 

 

 

②フォロアースプリング取外し

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220417175334j:image

 

 

 

フォロアーを受け止めているブロックを外し

スプリングとフォロアーを引き抜きます。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220417175308j:image

 

 

 

するとここまで分解可能になりマス。

 

 

 

③注入バルブの取外し(参考)

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220417175229j:image

 

 

 

今回底部からのガス漏れではあるものの

注入バルブは無事でシタ。

 

 

この記事では分解しませんが、

もしバルブからのガスもれであれば

ここまで分解した後、

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220417175226j:image

 

 

 

バルブレンチでバルブを取外し、

Oリングの交換やシールアップを

施してください。

 

 

④ガスタンク取出し
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220417175209j:image

 

 

 

今回のガスもれですが、放出バルブ

注入バルブといったガスの出入口からの

ガス漏れがない。

 

 

という事は・・・更に分解する必要がある。

ココまで分解出来ていたら、

マガジンの上面をとんとん叩くと、

タンクが徐々に・・・出てきた。

 

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220417175212j:image

 

 

 

このままマガジンの内部機構を下に叩き出し

ケースから取出しします。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220417175324j:image

 

 

 

この状態まで分解を進めます。

 

 

そしてもう一度ガス漏れチェックをした処、

もれている個所が判明しました。

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220417175250j:image

 

 

 

ココでシタ。黄色い丸の部分。

タンクとブロックの結合部分。

ここからガスが漏れているのを確認。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220417175215j:image

 

 

 

ココまで分解完了しました。

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220417175327j:image

 

 

あとはこのねじ込み部分の気密取りをして

元通りタンクを取り付けます。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220417175218j:image

 

 

 

ここの部分のパッキンが痩せてしまい

ガスが漏れていたようです。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220417175240j:image

 

 

よく見るとパッキンが上面に一枚のみ。

これ大丈夫なんかな?

気密取りしてもまたすぐに漏れそうだな。

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220417175311j:image

 

 

 

ガスモーレシューリの心強い味方

バスバンドQ

ねじ切り部分とパッキン部分に塗り込みます。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220417175253j:image

 

 

 

タンク内やガスルートにはみ出さない様に

かといってケチって塗っても効果が出ないので

綿棒でしっかりと塗っていきます。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220417175330j:image

 

 

 

タンクのネジにも塗り塗り

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220417175337j:image

 

 

そして最後にダメ押しのぉ・・・

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220417175321j:image

 

 

シールテープ!

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220417175237j:image

 

 

 

シールテープを薄く巻いて、

そこからタンクをマガジンに取り付け。

 

 

あとは分解と逆の手順で

組み立てていき・・・

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220417175256j:image

 

 

出来たッ

(*・ω・)ノ

 

 

 

そしてバスバンドQが乾くまで

1日放置プレイをして・・・

 

 

 

気密テスト&試射。

 

 

 

ポンッ

 

 

 

 

よし!

直ったぞ!

 

 



 

 

 

【費用内訳】

ベレッタ 本体

¥1,200

 

ガス漏れマガジン

¥500

 

バスボンドQ

¥498だけど、実際は¥12位の使用量なので

〆て

 

¥1,712(税別)

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220419222200j:image

 

 

税込でも¥2,000でお釣りがくる。

これなら昼メシを数日抜けば

すぐリカバー出来る金額だ。

 

 

おじさんとは、限られたお小遣いを

経験と技術とアイデアを駆使して、

お得に・クールに楽しむ生き物である

 

(。-`ω-)y-.。