DT 10mmAUTOの日記

エアガン・サバゲー関連の記事が中心です

第7章の自分にリベンジを・・・するッ!

このレイジングブル

第7章 光物ブームにおける

典型的な失敗パターンを如実に現しており

ワタシの書斎のガンロッカーの外で

この5年間、ずっと発砲することなく

無造作に置かれたままだったのデス。

 

 

 

 

 

2017年から実に5年間もの間、

触れることは偶にあったものの

発砲はかないませんでした。

 

 

 

 

 

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424042016j:image

 

 

 

ココまでで語った

「失敗」

そして

「発砲不可」

 

その真実とは・・・コレです。

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424041906j:image

 

 

 

 

グリップを外すと・・・ホラ・・・ね。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424042013j:image

 

 

 

タンクにのこぎりで開けられた・・・穴。

そして切り落とされたガス注入口。

 

 

 

 

 

なんで???

 

 

 

 

これは前オーナーさんが

2007年施行の改正銃刀法の折に、

この銃を撃てないようにして

銃刀法規制対応にしようとしたそうで、

ご自身の手でタンクにわざと穴をあけて

合法化を図った・・・との事でシタ。

 

 

 

実はその説明文がオークションの中で

あったにも関わらずワタシは見落としており

 

 

 

\入札とりゃあああ/

   (; ・`д・´)ポチポチポチ

 

 

\光物とりゃあああ/

   (; ・`д・´)ポチポチポチ

     ↑

    2017年のワタシ

  

 

  (;´・ω・)あ~あ・・・

     ↑

    2022年のワタシ

 

 

光物ブームの問題点

・黒いモノと銀のモノでペア作り

これはいけませんね・・・

とにかく見境がない。

 

・フルラグリボルバー大好き

レイジングブルの力強さに

魅了されてしまいましたね・・・。

 

 

検証の結果、ココで問題だったのは

ペアもの収集癖 + アンダーラグ好き

という合併症だったという事です。

 

 

 

合併症・・・怖いでしょう?

説明文も読まず、安物買いをして

届いた後に気づいたのですから・・・。

 

 

 

 

で、実はこのレイジングブルの記事を

認めているころに、オークションで

あるパーツを発見したので、落札。

 

 

・・・届きました。

 

 

すんごいタイミング。

 

 

 

 

 

  
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424042000j:image

 

 

 

 

そうです。

なんと5年越しの・・・

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424041947j:image

 

 

 

レイジングブルのガスタンク。

ガス漏れなし品

 

 

というわけで第7章の自分にリベンジ。

レイジングブルのガスタンク交換に

チャレンジいたします。

 

 

 

 

 

ガスターンク

コーカーン

ワショーイ

(/・ω・)/

 

 

 

 

 

で、ネットで分解記事を探したけど

レイジングブルの分解記事は出てこない。

 

 

 

仕方ない

手探りでばらしていくか・・・

(@_@  )さてさて?

 

 

 

②サイドプレートの取外し

f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424042019j:image

 

 

①の工程として、グリップ取外しがアリマス。

グリップは底部の六角ボルトを抜いて

左右にパかっと開きます。

 

 

次にこの②の工程。

サイドプレート外しデス。

 

 

これはS&Wと同じ向きで

ビスの位置なども似通ってますね。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424041956j:image

 

 

 

よし・・・外れた。

ガスタンクを摘出するに当り、

次は・・・これだな。

 

 

③ガスルート取外し
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424041937j:image

 

 

 

従来のマルシンガスリボルバー

サイドプレートにガスルートがあったが、

レイジングブルは独立パーツでシタ。

 

 

 

真上に持ち上げたが外れない。

はて・・・?

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424042003j:image

 

 

 

 

よく見ると、ガス放出口の近く・・・

実銃で言うファイヤリングピンブロック辺り

ビスで留まっていますね。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424041924j:image

 

 

 

ココの+ネジを緩めて外すと・・・

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424041928j:image

 

 

 

ガスルートが取り外せました。

 

次はどこを外そうカニ

(v´・ω・)v カニカニドコカニ

 

 

 

④ハンマースプリングの取外し
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424041830j:image

 

 

 

とりあえず、一番手前にあるのは

ハンマースプリングになっている

キックばね・・・。これを外しましょう。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424041853j:image

 

 

 

外れました。

これでハンマーはほぼフリーなので、

あとは小さいスプリングの飛び出しに

十分注意して分解作業を行います。

 

 

 

お次は・・・これっ!

 

 

⑤トリガーユニットの取外し
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424041910j:image

 

 

 

S&Wのリボルバーを分解し慣れてる人は

よくわかると思いますが、通常はこの

ハンドと呼ばれる部分は単品で外れる。

 

 

しかしレイジングブル

トリガーユニット一式が

フレームピンに挿しこんであり

脱着は一式まるっと行う・・・

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424041941j:image

 

 

こんな感じで外れます。

後方の真鍮スリーブとスプリング、

そしてスプリングガイドが、

トリガースプリングユニットです。

 

 

もう少しでタンク外せそう・・・

次行くぜ!

 

 

⑥ハンマーユニットの取外し
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424041921j:image

 

 

 

ハンマーもフレームピンに挿しこまれ

バルブノッカーとユニットになっており、

そのまま真上に引き抜くと外せます。

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424042022j:image

 

 

 

こんな風に外れるのデス。

 

 

そしてタンクの取外しなのですが、

最後に・・・

 

 

 

⑦タンク ⇔ フレーム 結合ビス外し
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424041917j:image

 

 

実は反対方向に3か所ほど

タンクを留めているビスがアリマス。

それを外せばタンク取外し完了です。

 

 

位置は・・・

①バルブノッカー付近
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424041900j:image

②タンク最上部後方
f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424041903j:image

 

③ガス注入口付近

 

 

 

この3か所に短い+ネジが入ってるので

ココを緩めて外します。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424041827j:image

 

 

 

ビスがものすごく短いので

いきなりポロッと落ちるかも。

注意しながら作業を進め・・・

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424041824j:image

 

 

 

とれた。

 

 


すると無事にタンクが外れます。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424041857j:image

 

 

 

穴があけられたタンクを

取り外した様子。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424041833j:image

 

 

 

左・点検済みタンク

右・穴あきのタンク

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424041944j:image

 

 

ガス注入口もつぶされています。

実はオークション後、自宅に届いて

ガスを注入しようとしたとき、

初めてこの個体がジャンクと気づきました

 

 

説明はよく読まなければいけませんね。

光物ブームと相まってかなり高額な

入札を行って、終了まで競った人もあり。

恐らくこの競り合った相手も、

説明文をよく読んでいなかった

可能性が高いデス。

 

 

あとは取り外した部品を

逆の手順で組付けていきます。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424041931j:image

 

 

 

組みあがった・・・

 

 

 

そして運命の発射テスト・・・

 

 

 

ガス漏れは・・・ない

弾を込めて・・・シリンダーに装填。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424042009j:image

 

 

 

修理ってやっぱり正常に動くのを

この目で確認するまでが不安・・・

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424041849j:image

 

 

 

 

ドキドキだぜ・・・。

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424041950j:image

 

 

 

シリンダーをフレームに収め・・・

弾速系をオンにして・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

ポン!

 

 

 

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424041934j:image

 

 

撃てた!

ワショーイ

(/・ω・)/

 

 

 

 

 


2発目行くよー

 

 

 

 

パンっ!

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424041843j:image

 

 

 

うん!しっかり弾が出る。

初速は・・・?

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424041953j:image

 

 

 

おお!いいんじゃないか?

 

 

 

3発目!

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424041840j:image

 

 

 

パンッ!

 

 

 

 

数値は・・・?

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424041846j:image

 

 

 

80.25mps・・・

弾は純正LD827。

悪くない数値だ。

 

 

 

良かった・・・

直った・・・

 

 

 


f:id:DELTAELITE-10mmAUTO:20220424042006j:image

 

 

 

2017年の自分の過ちにケリがついたようで

ホッとしました。

 

 

次の記事では、改めて

動画によるレビューと初速計測です。

 

 

 

レイジングブルの記事は

続くよー

(/・ω・)/ワショーイ